2017年07月02日

【10/10】 #ライブハウスの虎 やります!!!

こんなのを頭に思い描いていた。
いつものしょーもない思いつき。
でも、俺にしてはちょっと考えての事だったのだ。

今、ライブハウスは数も沢山あって
どっちかというと「店が出演者を選ぶ」というよりは
バンドがライブハウスを選ぶ時代になってきたと思う。

その傾向としては、昔がどーのというよりは
今は今だし、それでまったく問題ない。
そういう競争がライブハウス同士であって
サービス、店の空気、値段、立地と色々比べて
バンドがベストな選択をすればいいと思っています。

で、今回この企画で俺はなにを見せたいのか?というと

バンドが店に対してプレゼンをかけて
「1つの企画ライブをバンドがやる時の熱量」
ってのと、それを受けてライブハウスが
「採算、将来性、面白みを全て含んで出す決断」
というイベントが生まれた瞬間には
こんなに沢山の思考が絡み合ってるんだぜ、ってのを
皆さんに見て頂きたいんですよね。

その為には幾つかの関門をクリアしなきゃいけないのだけども。。。

まずプレゼンしてくれるバンドがいるか。
そして参加してくれるライブハウスがいるか。

この2点です、当たり前だけど。

意外と1つの企画を企画書作ったり「こういうイベントにしたい!」って
考えるのは大変です。しかもそれを最初からお客さんに見せてしまう訳で。
この辺で参加してくれるバンドがいるのか不安。

さらには受け皿としてのライブハウスがいるのか??(笑
ちょっと考えれば解りますが、この企画は決して
「ライブハウスが上から目線で空き日を渡す」って企画じゃないんですよ。

たとえば1ヶ月先の月曜日とかを提示する訳じゃないんです。
(もちろん、規定としては決めずに各ライブハウスの判断に任せますが)

俺は少なくとも3〜4ヶ月以上後の週末を絡めた形で日程を出すし
きっとコレに参加するライブハウスはそういう覚悟があると思う。
あくまでお互い対等に、収支やバック率、発展性もお互いに勝負する場所。

だから、プレゼンしたバンドに挙手してくれた店があったとしても
バック率や店でバンドがNGだしたら成立しないルールにしたい。
あくまで対等、真剣勝負。

バンドも店を選ぶし、店もバンドを選ぶ。
そういうのちょっと面白そうじゃん!!!!!!!!
という訳で思いついてしまったからにはやる!俺はやる!

日程は10/10火曜日!
19:30〜24:00まで店を空けるので
参加したいバンドやライブハウスは是非名乗り出て欲しい。
当日は1ドリンクのみオーダーをお願いする形で
見学者も大歓迎というスタイルをとろうと思います。
FRESH!での配信も視野にいれてます。
ライブハウス/バンドの配信でのエントリーも検討中。

現状アウトブレイクには1円の得にもならなそうだけど
オーナーごめんなさい!これがもしかしたら
ライブハウスでイベント組む時の基本になるかもしれないから!
こういうイベントが定期開催されて
色んなバンドがプレゼンしにきて、沢山のライブハウスが
挙手して奪い合ったら超楽しいでしょ!!!!!許して!!!!

さーやってみるか。
失敗したら皆さん大いに笑ってください!!!!!

じゃ、四谷で。





posted by Boone! at 20:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エネルギーの果て

週末どんがらがっしゃん!

色んなエネルギーを食らい過ぎて色々と色々。
自分の容量を超えてしまったのか
クラクラしている。
スピリチュアルに興味はないけど
なんというか、人の「気」みたいなもんって
凄いな、と。
ビックリするほど良い「気」と悪い「気」って差があるね…

昨日は四谷は鋼鉄のマニフェスト。
手数王・菅沼孝三さんが登場!!!!
巨大ドラムセットが会場にドーン!!!!!
いやはや現場はテンテコマイでしたが
こちらはブチあがりました!!!

夕方、僕は急遽店を抜けさせてもらって
ゴキブリコンビナート、2年半ぶりの本公演へ。

思えば初めてゴキコンの本公演を見たのは
2011年12月4日、俺の誕生日でした。
会場は木場公園、僕はあまりの楽しみを堪えきれず
アウトブレイクから徒歩で木場公園に向かったんだっけ。

わくわくしすぎてたんだろうな…
あの日の俺よ、今もたいして変わらずにワクワクしてるぞ。

内容は当然ここに書ける訳もなく。
360度、五感を強制的にフル稼働させられる恐ろしい内容。
会場の熱気と出演者のフルスイング感、本当にとんでもなかった。
生まれて初めてだけど、ライブ中に立ちくらみして
ペチョンと床に座ってしまった。冷や汗ガンガン出て
マジで死ぬかと思ったわ…

強烈なものを見た時、しばらく自分の処理能力が追いつかず
ボーっとしちゃうことありますよね。さっきまでソレでした。
とんでもないもん体験しちゃったな…

日頃、裏方目線で色んな物事を見ちゃうけど
昨日は完全に観客としてノックアウト、死んだわ。

さて、何度死んでも生き返れるのが表現の良い所。
無事生き返りましたので週末がんばって働くぞ!!

もし今日明日で本公演行かれる方はこちらをヒントに。
じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 13:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

歌に近い場所

昨日はシロイシさん企画のドーナツパーティー。
毎年恒例行事になりつつある。
僕は受付だったんだけど扉をこっそり開けて
素敵なバンドを見ておりました。

どのバンドも歌心たっぷりで素晴らしかった。
あるはるか、テコの原理は一緒にレコーディングしてみたり
企画したりと思い出&思い入れもたっぷり。

彼等はバンドとしての立ち位置は違えど
どこか同じ方向を向いているのだよなぁ。
今年、来年もっと凄くなる2組。頑張ってほしい。

あるはるかは1枚づつ自分達の皮膚を
はがしていくように、より根本に向かうライブだった。
テコは広がるというか、なにかエネルギーが
1つに収束していく感じ。どちらも歌という圧倒的な
てがかりを信じて演奏を重ねるバンド。よかったな。

最近、自分の中で歌に一番近い楽器って
なんだろう?と考えたらハイハットだった。
それ以降ライブを見る時はどうしてもハイハットに
目がいってしまう。

ハイハットがどれだけ歌に寄り添っているか
ハイハット自身がどれだけ一緒に歌っているか

それがバンドのグルーヴの核となる瞬間が多々ある。
強烈にかっこいい楽器だ…ハイハット…

深夜はお仕事レコーディング1本。
ブライダル案件だったけど非常に楽しかった。
誰かの幸せの片棒を担ぐというのはうれしいね。

朝は雨振る中、思うところがあって新宿へ。
ホッピー死ぬほど飲んで撃沈。
夢にハイハットのお化けが出てきて
俺を挟み込もうと追いかけてきてた、怖い。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 21:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

LUSHの12周年ギグにて

昨日はお店を抜けさせてもらって渋谷シティー。
LUSHの12周年イベントにAndareで参加させてもらいました。

Andareでギターを弾く事になって
色んなライブハウスに遊びに行く機会が増えた。
東京だけじゃなく様々な土地や野外公演と
新しい気づきばかりで楽しくて仕方ない。
普段客としてライブハウスに行く時は
終始酩酊しているので覚えてないもんな…

LUSH12周年、アウトブレイクと同じ年齢!!
壁を塗り替えたみたいで超綺麗だった、すごい。
規模感もほぼ同じ、色々と勉強になったでごんす。

肝心のライブは佐藤の新兵器が初披露。
毎度このバンドでは鍵盤との音の絡みが難しく
遂にプリアンプを買ったのでした。


佐藤にしては超高級機、この為に何度
居酒屋を我慢して缶チューハイをあおった事か。
幸い口座差し押さえ事件の直前でよかった。。。

さらに人生初となるディレイなるエフェクターも
導入して臨みましたよ!渋谷LUSH!!!!!!!!!!!!

演奏してみて、ちょっと良かった。
日々精進。また練習に励みます。
何気にAndareでライブするのは久しぶりでしたが
日々の朝練が利いてるのかしっくりきた。
で、先程録音の音源を聞いて凹みまくるという
いつものサイクルを繰り返しています。

うぎゃーーーーーーー

終演後は楽しく飲み散らかして
気がついたら新宿の路上で倒れていました。
落し物なくて良かった…

ライブハウスって楽しいなぁ。
よその店に行くと自分の店にとても感謝する。
機嫌の良い受付、愛想の良いバーカウンター
質問したら答えてくれる現場、気を使ってくれる照明
遊びに来てくれるお客さん、掃除するスタッフ
当たり前じゃない事が詰まってるよなぁ、ライブハウスには。

リフレーッシュ!!!
またアウトブレイク頑張ります。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

陰謀論

昨日はサノフェス!仕切りはMiVKのムトウさん。
という事はシャンパン祭ですね、昨日だけで9本空きました。
なんという恐ろしい力…打ち上げフィーバー最高でしたね!!

さて、これに触れておかねばなるまい。


ジュディマリTAKUYAさんがインディーズのオーディションライブに
参加するってやつだ。このエマージェンザってのは優勝すると
海外でライブが出来て、僕が聞いている情報だと動員が勿論重要なんだけど
そうじゃない要素もいっぱいあって、可能性たくさんあるオーディション。

大阪のお友達、JUNIORBREATHは大阪大会を優勝でキメて
こんど本大会決勝で東京にやってくる。
そんな夢あるイベントに、まさかの大物が募集要項をクリアして登場。
せっかくなんで上の記事を読んで見てほしい。

様々な意見が当然沸き起こっているんだけど
僕が思うに、募集要項をクリアしている訳だから
参加するのは構わないと思うし、それがインディーズの
芽を摘むとも思ってない。あの人の考える音楽ビジネスの話は
福岡理論とか、海外への展望とかも含めて結構スキだし。

自分の武器を並べてみて、一番有効そうな場所を攻撃するって
やっぱりビジネスの基本じゃないですか。
音楽をビジネスにするのであれば、この出場という選択は
間違っていないと思います。

裏事情は知らないけど、きっと本人もプロレス的な
ニュアンスもあったのかもしれません。
このニュースなければエマージェンザ知らない人も
いっぱい居た訳ですからね。

ここで悪者になって優勝しようが負けようが
あの人としては多分どっちでもいいんだと思う。
そもそもリスクないしな。。

自分なりにいろいろ考えた上での結論はこれだな、やっぱ。




多分、このオーディションで音楽で食ってる人って
ほぼ居ないわけですよ。でもライブハウスで人数は少ないかもしれないけど
いろんな人を救ったり喜ばせているバンド達な訳です。

金にはならない、でも誰かを救ってる。

そんな奴等が集まる訳じゃないですか。
いろんなものを飛び越えていってほしいなぁ!!!!!
そう思っております。

しかし、これが実は運営とTAKUYAさんの中で
完全にシナリオとしてあって、批判込みで
このイベントを盛り上げる為の布石なんじゃないかと
思ってたりして。だとしたらすごいな。

実際、これにイラっとしてライブ行く予定じゃなかったけど
やっぱり行こう!ほかのバンド応援しよう!!って思った人
結構いるんじゃない??

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 18:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

#寄席ギグ に向けて!その1

昨日は元気に朝から学生イベント1本。
常連上智大学はすっかり仲良しです。
みんな礼儀正しく、いい感じに盛り上がる。

終わった後は深夜に配信1本。


ライブハウス相関図を作りたい!という話と
アウトブレイクのフードどうしよう??という話。
とりあえずぬか床を買った。生まれて初めて漬物つけるわ、俺。

で、7/5〜7の寄席ギグのが近づいてきた…!!!!

#0705.jpg

3日間同じ出演者で行われるライブ。

なんか、日々のブッキングライブの縦の繋がりというか
出演者が次の出演者にバトンを渡す感覚を
もっと強くしたいな、と思っていたんですよね。

対バンとは文字通り喧嘩上等の対決ではあるのですが
興行としてはみんなで作る一日な訳です。
そのパスの感じを出したいな、と。

で落語とかの寄席ってのは10日間同じ出演者で
パスを繋いでいくんですよ。それがかっこよくって憧れてて。
やってみたい!じゃあとりあえず3日で!!!
と開催にこぎつけました。

出演バンドの皆さんにはスケジュールかなり無理させて
調整してもらってありがたい限り。
良い面子になりました。いつもとは違う一日になります!!!

皆さんどうかお越しください。

ちょっと裏側の話をすれば、毎日の売り上げを
会場、出演者全員で分け合うという方式がどうなるのか。
これが一番興味ありますね。

動員1名の出演者も20名の出演者も同じギャラ。
ここに俺たちはなにを感じるんだろう。
正直に言えばここで起きる自分の価値観の変化、
そしてその変化に今のライブハウスという仕組みが
マッチするのか。怖いようで楽しみです。

うひーーーーーーーー

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

好きなものを詰め込む箱

昨日はJillのエリちゃんお誕生日ギグ。
四谷開催も毎年恒例になってきましたね。

声優さんから、アイドル、バンドにおいおい教と
人の事言えないけどむちゃくちゃなブッキング(笑
お客さんも毎回沢山でお酒もバンバンでて
みんなが素敵な笑顔の一日でした。

誰かの好きな物を詰め込んでもらえるほど
ライブハウスにとって幸せな事はありません。
好きな物を入れる箱は頑丈で適当で
信頼できないといけないもんね。

いつも選んで貰える事に背筋が伸びます。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました===!!!

僕は本番ギリギリまで受付やってて
ヒーコラいってましたけど
おいおい教、受け入れて貰えて良かった(笑

いつしか、本当にいつからか解らないけど
誰かが喜ぶ姿が自分の喜びと感じるようになった。
おいおい教なら教祖だし、Andareなら亜耶子ちゃんと西川君
ロックンロールサービスならメンバーのみんな。
お客さんに届けるのは勿論なんだけど、俺が届けるってよりは
一緒にステージに立ってる主要人物が届ければ良い訳で。

僕はその主要人物をいかに楽しくするか。
それが楽しいし、面白いし役割なのだ。
考えてみれば世間に言いたい事なんてなんにもないしな。

どうか自分の周りのみんなが楽しく表現できるように
楽しい人生を送れるように、手伝えるなら手伝いたいと思うのです。
まーある意味他人にすがって生きてるようなもんだな!!!

打ち上げも朝まで。

心地よい披露の中で店を黙々と掃除して
ハンモックを組み立てて飛び込む。
あと何度このサイクルを繰り返せるだろうか。
楽しかった夜はいつでもおセンチだ。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 19:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

自分の感覚を信じて

朝、強烈な二日酔いで床から起床。
いやはやまいったな、テヘヘと携帯を覗くと


なんだ、この謎のおっさんは。。。
かっこよすぎるだろ。この黄色さ他人とは思えん。。。

という訳で打合せの隙間をぬってダッシュして
個展のオープンに滑り込んできた。


理想の大人見つけたー!!! Mr.Peelander Yellow!!!!

佐藤"boone"学さん(@boone4649)がシェアした投稿 -


作品も本人も最高すぎた、とっても楽しい時間を過ごせました。
平和の塊、アーティストとしての苦悩やアートの煩わしさを
ぜんぶ笑い飛ばすような恐ろしいパワーがあった。

正直、絵なんて全然わからないしかっこいいな!かわいいな!位しか
言葉にすることはできないのだけど、このPeelander Yellowさんの
圧倒的なポジティブさにひたすら笑ってました。

音楽も藝術も人が作り出すものです。
その作品に人の心が埋め込まれている訳ですが
その人自身もとても壮大な1つの作品な訳でして。

この人にまた会いたい!と思わせるその力よ。。。
一撃でファンになってしまいました。
すげーかっこよかった。。。

影響されやすい僕は早速あの髪型を目指して
横の髪の毛を伸ばそうと決意いたしました。

その後は上野にチラっと立ち寄って
センパイ達と野外でから揚げを食し
沢山日光とエネルギーをもらって帰還。
充実の1日でした。

自分のアンテナがビコーン!と立った時に
すぐ行動するってとても大事だと思います。
ただ実際には仕事とかで思うように時間がとれない。
そういう日々が続いていたので
昨日はとても良かった。

会いたい人には会いに行く

こんな単純だけど難しい事を
何度も繰り返していければいいな。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 13:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

終わりを自覚するという事

昨日は元気いっぱいアイドルイベント。
皆パワフル。アイドルという職業を選んで
それに向かう彼女と運営さんの
原動力は一体なんなんだろうか。

売れる、売れない、動員ある、ない
それ以外になにか強大なものが
うごめいているように見える時がある。

確実に近い将来、卒業というか引退というか
そういうものが見えている訳じゃないですか。
ファンの人だって心のどっかでは思ってる訳で。
その不安みたいなものを抱えてファンとアイドルは
一緒になって走り続けていくわけです。

いやはや、とんでもない。

最近俺の心をザワつかせているのは
今さらながらにこの人だ。


正直にいえばこの熱狂が羨ましくて
ライブに全然いけない。怖いのだ。

で、ふと思ったんだけどこのバンドもファンも
やはりバンドとパーティーいつかの終焉みたいなのを
感じていて、でもその先も自分は生きていかなきゃ
いけないという事を理解しているのではないか、と。

終わりがあることを自覚したエンターテイメントは
なんと残酷で美しく、熱狂できるのだろう。

終わる理由はなんでもいい。
ただ、ロックバンドよりも圧倒的に終わりを自覚してるんだよな。
そのエネルギーが僕にはただただ眩しいのだ。

さて、ライブハウスはどうしたらいい?
ヒントは山ほど。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 19:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

親父の背中

昨日はインターネットはお休み。

朝からお店で色々作業した後に店を抜けて
気分転換させてもらいました。
自転車で延々と都内をグルグルまわりクタクタ。

自転車を乗り捨てて、最終地点で親父と合流。
遅れた父の日を祝う為に2人でガッツリ飲んだ。
親父もそろそろ良いお歳ですが
いつまでも元気でいてもらいたいものです。

物事には終わりがある。と散々言ってる自分ですが
両親だけはその気持ちがない。
せめて先に死なないように俺も生きねば。。。

街を俺が追いつけない位早歩きで歩く親父の背中は
まだまだ元気そうで安心しました。
息子にオススメの居酒屋を常連のように紹介し
ウンチクをたれながらお酒を飲んで
よくよく話を聞いたら2回目というのも
いつものパターンで安心した。

細々とした親孝行の1日でした。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 13:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

無断転載について反省

今日、いつもの思いつきでライブハウスの相関図を
作ったら色々と整理されたり店同士やシーンの
新しい関係やドラマがみえやすいんじゃ??
と「ライブハウス相関図作ろうぜ!」ツイートをしました。

《実際のツイートは削除済》

前にインターネットで見た僕の好きなバンド界隈の
相関図をその時に無断転載してしまいました。
日頃、そういった事には気をつけているつもりで
アウトブレイクにも縁のある漫画家さん達も多い中で
とても軽率な行動をとってしまいました。

カメラマンや映像作家さん、漫画化さんにデザイナーさん
ライブハウスの世界でも友達だからじゃなくて
クリエイターにはちゃんと対価を払って
と常日頃言っていた自分が恥かしいです。

申し訳ありませんでした。

実際に絵を書かれた方にはtwitter上ではありますが
謝罪させて頂きました。

相関図の企画に興味を持ってくれた皆さんや
絵を描かれた方のファンの皆様
アウトブレイクに関わっているクリエイターの皆さん
多くの方々の気持ちを自分の軽率な行動で
汚してしまいました。すいませんでした。

四谷アウトブレイク店長
佐藤
posted by Boone! at 23:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじまりとおわり

昨日は本番6時間越えの長丁場。
日曜日らしく大盛り上がりでした。
世代で言えば僕より全然上の先輩達ばかりでしたが
いやはや強烈に元気。そして皆飲む飲む(笑

世代によって音楽やバンドと自分の距離感って
全然違うじゃないですか。昨日の皆さんは
とても上手にバンドと自分の距離感があって
バンドがちゃんと「みんなで楽しむ音楽」として
成立しているのが素晴らしかった。

上目指して七転八倒するバンドも美しいけど
こういうバンドも美しい。
皆さん、かっこよかったっす!!!

それで昨日思いついた。


これだよ!!今の我々に必要なのは!!!!
ライブハウスシーンの全体像をわかりやすくする事で
新規客や今までライブハウスで遊んでる人達への認知も
これでバッチリじゃないですか!!

なんなら、ココとココは因縁の関係とか
ここは3国同盟組んでるとかそういう裏事情も入れて
解り易くしたら面白いと思うのだけどなぁ!!!!!!

本にしたら売れそうじゃない???
誰か!!俺と組んで1ヤマあてましょう!!!!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 15:47 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

この「羨ましい」という気持ちの正体

ふむ、ここ最近ずーーーっとモヤモヤしてることがあって
AKBの話題でもDOTAMAさんの話題でもなく
(いや、それはそれで色々思う所あるのだけど!!!)

自分が飛び込めない「楽しい事」についてです。
しかもそれが思いっきり脚光を浴びまくっていて
絶対に楽しそうなのに飛び込めない。
そんなシーンや現象や表現を目の前にした時に
すげーーーーモヤモヤしていたんですよ。

で、普段ならそんなもん裸1つで飛び込んでいったのに
今回は勿論スケジュール的な兼ね合いもあるのだけど
思うように飛び込めない。そんな自分にも腹立たしくて。

大人になったとも思いたくないし
落ち着いたとも思いたくない。
アウトブレイクのせいでもないし。

じゃーなんなんだよ、と言われれば
やっぱり「羨ましい」を認めたくなかったんじゃないかと。
うひーーーーーーぎゃーーーーーー
恥かしい。くそ、恥ずかしい。

東京アンダーグラウンド、僕はそこに足を突っ込んでるようにみえて
これっぽっちも突っ込んでなくて。でも、そのすぐ近くで
自分なりのバランスで立っている。その集大成がアウトブレイクで
そこに1つも後悔はないのだけど。

まー育ちが良いし、根が真面目だしな!!!!
色んな事をポジティブに解釈してこれからも
羨ましがっていこう。いいなーいいなー!!!!

ちくしょーーーーーー!!!!!!

昨日はお昼からお子様たくさんのファミリーイベント。
深夜はギリギリシティ。THIS IS 四谷。
愉快なおバカさん達がいい顔してた。

目の前の素晴らしさ、手が届く距離の羨ましさ。
全部リュックに詰め込んでいこうじゃないか。

素敵な1日を

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 12:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

目に届く範囲のみんなと、見る事のできないあなた。

ライブハウスに毎日いると色んな人に出会う。
バンドマン、お客さん、関係者、色んな業者さん。
それぞれがそれぞれの思いで遊びに来たり
仕事しに来たりするわけですよ。

なにかを探しに来ている訳じゃないですか。
新しい感動とか、ドキドキとか、ビジネスチャンスとか。
それは形あるものじゃなくて、一種の体験や経験な訳で。

その後に「じゃあお酒もう1杯飲んじゃおう」とか
「物販買っちゃおう」とかがある訳です。
色んな気持ちがお金や物に変わる瞬間ってのを見てる。
それと同時に沢山の気持ちが折れちゃったり
違う形に変化したり、予想も出来ない事も沢山見てきた。

で!!!!

そんな場所に毎日いる私です。
おのずと自分のやらなきゃいけ無い事が
解ってきたつもり。つもり。。つもり。。。

がーーーん!!!つもり過ぎた===!!!
昨日はそんな事が色々重なってバタンキュー。
目の前の人は超大切、現場一番。
そして同時にその現場に外の人を呼び込むの同じ位大切。
この面白さを伝える事、興味を持ってもらう事。

はー見えない相手にアピールし続けるのって
本当に難しいですなぁ。ゲリラ戦、まだまだ続きます。

昨日は色々と動き回りつつ
新しい人にも会ったり。
楽しい事をやろうとしている人は
やっぱりソワソワしてて素晴らしい。

自分のアイデアを信じる姿ってのは
どんな状況でも内容であれ、美しいなぁ。

さーてソワソワすっか!!!!!!!
その気持ち、しっかり抱きしめているように。

じゃ、四谷で。



posted by Boone! at 20:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

メンテナーンス

昨日は久しぶりのメンテナンス日。
本当は月1とかで色々細かい修理とか掃除を
したいのだけど、なかなか時間がとれなかった。

という訳で昨日はアウトブレイクスタッフにも
沢山手伝ってもらって色んな所をピカピカに。
これを機に!!と色んな物を捨てたりしました。

ライブハウスって延々と物がたまっていく場所です。
日々送られてくるフライヤー、バンドから頂くCD
忘れ物、壊れた機材などなどなどなど。

ヒーコラいいながらなんとか終了。
その後スタッフ全体ミーティングで
下から上からと中間管理職店長は更にヒーコラ。

しかし組織、お店としてやっぱりスタッフの意見は
ありがたい訳でしてアウアウアーと言いながらも
ノートには改善点がびっしり。がっくし。

終わった後はみんなで楽しく飲み散らかしました。
大切な1日でございましたね。

さーーーー週末です。
マジかよ・・・って感じですけど朝から朝まで
皆さんをバッチリお迎えいたします。

さーいくぞ===!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 20:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

不安って幸せ

最近ちょっとスランプという程ではないんだけど
色々とアイデアが煮詰まったり、新しい発想が
生まれなかったりとウダウダしている。

まぁ毎日アイデアが溢れる人間なんて
確実にジャンキーか天才かのどちらかなので
健康不良一般人の僕としては当然なんだけど。

ただ止まってはいけない。
それだけはなんとなく解るのだ。
立ち止まる時、振り返ったり周りを見渡す時も
人生には必要。だがしかし、今はその時期じゃない。

仲良かったバンドや大好きなバンドが
ステップアップしていく様子や
活動ペースを抑えて新しい人生を歩む様子
全てを投げ出してゼロから新しい場所にいくさま。

そんなものを見ていくと
なんて自分のやっている事は一時的で
その場しのぎで次に繋がらない事ばかり
やっているな〜〜〜と悩む時があるのですよ。

まー多分、今そんな時期なんだろうな。

なんというか、本当にザワザワする曲だ。
自分が強烈に取り残されたような不安を煽る。
俺には行けないカルチャーの最先端、もしくは端っこ、中心地。
3rd?4th??俺の手の届かない所で今年もsummer of loveが始まる。

ふんが!

もっともっと四谷にいるバンドがわくわくする事を
作り出したいし編み出したい。
この欲求がストレスであり不安の源。
どうでもよくない事だからこんなに悩むんだな。

あれ、そう考えたら凄い調子良いんじゃね?
こりゃー俺の時代来るな!来たな!いやっほう!!!!
悩め、全ての最先端じゃない大人の皆さん。
俺達の居場所はきっとあるぞ。

近日、佐藤先生業の告知があります。
みなさまどうかお楽しみに。お付き合いください。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

感じたけど感じれない。

昨日は昼間からドタバタと課外活動。

まずは度入れをお願いしていたメガネを
引き取りに。


やっぱり黄色がしっくりくる。

佐藤"boone"学さん(@boone4649)がシェアした投稿 -


黄色が馴染むね。

そのまま茅ヶ崎まで電車でピューっと。
佐藤多分生まれて初めてのモデルをやってまいりました。
こちらの個展にて展示されます。

A RAKAN

千千なる肖像


Contemporary artists / Photographer

Yumiko Yahata & Shogo Yoshida

ヤハタユミコ & ヨシダショウゴ

2017.07.13(木) - 07.17(月)

11:00 - 19:00 (最終日は17:00まで)*会期中無休


今回の展示では、コミュニケーションをテーマに、人間の普遍性を可視化する試みを行なっています。
他人の内面性という不可視の概念に、皮膚を模した仮面で形を(一方的に)与える。
人間の感情を最も良く表す器官と言える、「眼」が覆われた状態の肖像写真。外見的な要素の一部を遮断することにより、表層を超えて内面から滲みでる人格を、見る側も見られる側も意識できるのではないか。仮面を着けた風変わりな肖像写真は、性別・年齢・人種・職業などに関係なく並べられて、恰も現代における五百羅漢の様相を呈す。
並列された肖像たちの中で、はじめは個々の差異を感じ、目にうつる数の増加に比例して、差異の大きさは少なくなっていく。
幾多の肖像写真に囲まれた空間で、普段は気付かない他者を見つめる自己の眼差しを感じていただけることと思います。

●イベント
オープニングイベント 7月15日(水) 14:00〜

なんか超撮影楽しかったので、良い写真が見れると思います。オス。

で、撮影前に折角だからという事で茅ヶ崎の町を案内して頂いて。
地域のコミュニティーの強さやナイスな海、兎に角最高でした。
都内から1時間ちょっと、こっから都内通勤する人も多いの納得。

ココ最近、色んな所で「忙しいは偉くない」「仕事は休んでこそ仕事」
みたいな「もっと心に余裕を持ってスケジュール組もうぜ!」という
話とか記事とか特集を良く見ます。

まさにそんな街。
僕と間逆。

そりゃ俺だってしっかり休んだ方がいい仕事できると思うし
俺がポックリいったら仕事が回らない今の体制だって
良くないと思ってるし、色々改善したい事だらけなんだけど

そんなにすぐ出来ねえんだよおおおおおおおおおお!!!!!!

だから楽しいとワクワクをドーピングに使いながら
心も身体も騙し騙し、やっていくしかない。
でも、そこに楽しさもあるんだよ。俺は見つけてしまったの。

だから昨日とても丁寧に案内してくれて、とっても嬉しかった。
こういう生活に憧れるからこそ今の自分をフルスイングできるよ。
茅ヶ崎最高!!!!!!!!またすぐ行く!!!!!!!!!!!

最強の飲み屋(席料なし)見つけたわ。 pic.twitter.com/UM4D35N8RE

− 佐藤 boone 学 (@boone4649) 2017年6月12日

茅ヶ崎の子になりたい pic.twitter.com/6egtq47h4w

− 佐藤 boone 学 (@boone4649) 2017年6月12日

 

とても貴重な経験をいたしました。
ただ、気分良く帰りの電車で熟睡してしまって
気がついたら大宮でした。怖い!!!!!!!!!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 20:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

当たり前が怖いー

今週末は朝から晩までアイドル尽くし。

ライブハウス界においてアイドルイベントの
比率ってのは店にもよるけど少しづつ多くなってる。
アウトブレイクは、こんな特殊な会場を選んでくれる
イベンターさんってのは少数なので(笑
比率はあんまり変ってないのですけど!!!

しかし、1日に朝の部・昼の部・夜の部と
3まわしなんてザラなのがアイドル現場。
そうすると当然、リハーサルなんてないのが常識。

昨日は僕、音響を担当だったんですけど
コレ結構精神やられるんですよね。
カラオケのCDは当然、アイドルさん毎に音量が違う。
当然声量も全然違うわけです。
これを本番1発で歌いやすく、外音も完璧にって
そりゃぁ至難の技でございますよ。

昨日はそういう訳でごっそり精神力を削られた。
そのくせ本番中にいきなり見ず知らずの人が
あーせい、こーせいってブースに言いに来て
次の出演者からは曲順とオケのCDが渡されて。。。

うははは!!!地獄!!!これ、地獄ですぞ!!!!

でもそれがアイドル現場の当たり前なのかな。
だとしたらおっかない!!!
日々アイドルを中心にイベントをされている
会場の皆さんの心中お察しいたします・・・

アイドルに罪なし、まわりの環境を
どうか大人の皆さんが整えて欲しいと思う訳です。
大きい声じゃ言いませんけど制服が衣装のアイドルさんが
店の外で昼間にタバコ吸うのもやめたほうがいいと思うのね。
そういうのを近くの大人がバシっと怒らないとダメっすよ。

とはいえ入れ替わりの激しい世界。
いちいち怒ってたらもたないのかな。

せっかくちゃんとした運営さんや、イベンターさんもいる中で
なんとなくの「当たり前」がシーンの印象を悪くするって
アイドルに限らず多々あります。
週末はいろんな意味で背筋伸びたっす!!!!!!!!

さて、また1週間が始まります。
月末、ドタバタしていきましょう!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 22:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

松下純

アウトブレイクのブッキングマネージャーとして
働くジュンちゃんが昨日は自身のバンドの復活で
4年ぶりにステージに帰ってまいりました。

沢山のお客さんに囲まれてよかったね。
肝心のライブはまぁ色々言いたい事もあるけど(笑
お疲れ様でした。

ライブハウス店員がバンドマンってのは
割合でいうと6〜7割位?ですかね、とても多い。
そして両立がとっても難しい訳ですよ。
これは裏方と出演者を兼ねるのが難しい訳じゃなくて
立場というか、パワーバランスというか、そういうのが難しい。

例えば、自分の店で有名なミュージシャンが出た時に
自分のバンドが!!って前座に出演しちゃうと
店員という立場を利用したって思われる場合も多々あるし
お店に貼ってあるチラシだって自分のバンドが
良い位置に沢山あったら、見る人には「お、おう・・・」って
思われる時もある。

時間とかお金のやりくりも難しいんですけど
その立場のやりくり、バランスが非常に難しい。
ライブハウス店員の憂鬱でございます。

で、ジュンちゃんです。
ブッキングとしての彼は僕とやり方が違うタイプの人間。
バンドとの人間的距離をとにかく短くしていくタイプ。
僕はどっちかというと距離は詰めずに企画やRECなど
そういった制作方面で距離をつめていくので間逆なのです。

どちらも一長一短で、店全体としてバランスは
悪くなく毎日よく働いていると思います。
ヤンキー気質な所やある箇所では几帳面なのに
別の箇所では驚くほど粗雑で(笑
まーそれは僕もそうなんでお互い様なんですけど。

でもアウトブレイクという特殊な現場で
30を超える大人が働くというのは勇気が居る事です。
そんな未来も見えないお先真っ暗な状況でのバンド復活。
多分、本人もフラストレーション溜まってたと
思うんですよね。ライブハウス店員だけど俺はバンドマン!って
自負が少なからずあった訳で。

昨日はそんな思いが爆発し、時に空まわりし
非常にジュンちゃんらしいギグでした。
これから四谷以外でもちょこちょこやっていくそうなので
気になった方は是非チェックしてあげてください。

バンドは別に四谷もアウトブレイクも背負ってません。
どうかフラットな目線で見てあげてくださいね。
ふっふっふ、明日たっぷりダメ出ししてやろーっと!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

動物電気

ちょいと抜け出して下北沢。
演劇を見に行く時はちょっと移動の電車が
ワクワクと不安で入り乱れるのだ。

もちろん大好きな劇団だから心配ない。
ところがあの暗闇って睡魔を誘う。
いやいや、笑ってりゃそんな暇ないだろと
思うのだけど映画でも演劇でも
俺は容赦なく寝てしまう体質。

当然お酒も入れず、黙々と文庫本を
読みながら電車で・・・ウトウトしてたーー!!
あぶない====!!!!!

下北沢駅前劇場。

演劇とライブハウスは全然違います。
がんばって1つの曲を作れば、それは多少形を変えども
バンドは何回だって演奏できるし
お客さんは何回だって聞きたいもの。
ところが演劇ってのは1つのお芝居を作ったら
それを2ヶ月とかでお稽古して1週間公演して
フィニッシュですからね。
その集中力たるや。

平日だというのに会場は満員です。
すごい事だと思うんです。
自分たちの1つの作品を見せる集中力が
良い悪いじゃなくてライブハウスの世界とは間逆です。
その極端な熱量に僕は毎回やられてしまうのです。

お芝居はTHIS IS 動物電気!といった
バカバカしいコメディー。身体を張るという事を
あれだけバランスよくやれるチームも素晴らしい。
すべてお茶の間の限界を少しだけ超えた
それでいて深夜放送の危うさはなく、本当に
昔の良くできたテレビ番組をみているかのよう。

役者の皆さんの顔力の強さや
お客さんとの駆け引き、アドリブとおもいきや
綿密な台本(多分)おそらく毎日変っているであろう
細かいセリフ回しや小ボケ。幾つもの細かい要素が
膨大な練習量によって紡がれていくステージ。

いや〜すごいなぁ。
普通に見てても面白く、演劇が出来上がる過程を
想像するのも楽しい。本来の演劇の楽しみ方とは
違うのかもしれないけど、楽しかった。。。

好みだけで言えばもっと破壊的でもいいし
コンプラ無視で滅茶苦茶な方が好きですよ。
それでもこの劇団のパワーには楽しみしかないや。
超楽しかった!ありがとうございました。

特に印象的だったのは
ステージと客席の境目です。
演劇な訳で当然、そこには圧倒的な溝があり
ライブと違ってヤジは飛ばないし飛ばせない。
その溝を動物電気は絶妙のタイミングで踏み越えてきます。
「ここから先は絶対に立ち入るな」と無言で言っておいて
自分であらよっと踏み越えてくるそのズルさ。最高でした。

まだ公演中なんでネタバレは避けますが
最後の1コーナー、見るべき所はただ1つです。
政岡さんの目線。これです。
本当に素晴らしかったです!!!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 17:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする