2017年11月26日

【1/7】献血ギグを考えるA

前回の【1/7】献血ギグを考える@はコチラ

前は献血ギグがいかに数字にシビアかを書きました。
それで今回は、献血がいかに楽しいかを
皆さんにプレゼンしたいと思います。

そもそもなんで献血って必要なの??という話から。
僕も昔は街中で「血が足りません〜!!」なんて
看板持って叫んでいる人を見ていると
「どこかで大きい事故でもあったのかな〜」
とか考えていました。

手術で血が足りないんだろうな、と。
(良くドラマで見るやつ。俺の血を使え!的なの含む)

えっとですね、献血で集めた血が手術で使われるのは
なんとわずか2割ほど。だから血が足りないのは違う理由。

世界には自分で血が作れない病気の人がいます。
白血病とかさ、そういう重いやつ。
そういう人は週に何回、何ミリ輸血しないと死ぬんですわ。。。
そんな人が日本中の病院にわさわさ居るんですよ。。

つまり毎週「絶対この量がないと死ぬ人出る」っていう
最強にヤバイノルマを赤十字のスタッフは背負ってるんですね。。
そりゃ必死に呼び込むわ・・・

この事実を知った時、本当に無知を恥じました。
そして血ってのは使用期限が決まっていて長くて1ヶ月。
おまけに大人1人が1年にできる献血の量ってのは決まってる。

だからみんなが定期的に長い視点で献血しなきゃならん。
そういうことなんですわ。うへ〜〜〜自分で書いてて重いわ!!!!!!

で、ここから先は僕の献血の楽しみ方です。
もうね、申し訳ないけどね、さっき書いた人が死ぬとか
全然関係ありません。ただ単に楽しいのです。

楽しいその@
圧倒的な優越感。

もうね、献血したって人間として間違いなく「良い事」じゃないですか。
もちろん優劣はないですよ。でも圧倒的に「良い事した感」が凄い。
献血後に街を見渡すと沢山の人がいますが、確実に俺の方が徳が高いのです。
その一瞬だけは絶対に高い!!!!!!!!!!

この優越感が本当に心にしみます。
普段、社会になにも貢献してないので、なおさら。
これは病みつき。

楽しいそのA
酒が旨い

赤十字からは全然推奨されていませんが
献血した後の酒が確実に旨いんですよ!!!!!!!!!!!!!!!
浸透率というか、キキ具合というか、兎に角凄い。
へたな薬物の100倍キマります。これは本当です。
もう、この瞬間の為にヌイてるといっても過言ではないのです。。。

楽しいそのB
感謝される喜び

もうね、スタッフ全員からアホみたいに感謝されます。
そんじょそこらでは味わえない感謝され具合。
そして超高いホスピタリティー。
気にかけてもらえる喜び、承認欲求みたされまくり。
脳みそから暖かい気持ちが全身にめぐります。まじで。

楽しいそのC
痛くない針

実は全然痛くない。なんせ献血スタッフってのは
そんじょそこらの病院の看護師より何百倍も「針を刺す」という行為を
繰り返してるわけです。エキスパート、職人、プロ、神業。
だからススっと入る。まじ。びびらなくていいです。

ああ、書き出したらキリがないのでこの辺にしときます。
兎に角楽しんだよ!!!献血!!!まじで!!!!!
このタイミングでお友達お誘い合わせの上、是非どうぞ!!!

ワクワクするよ〜〜〜〜バージン&童貞ささげにきてちょ!!!

1/7日曜日

献血ギグ
@四谷アウトブレイク

前売りadv\2000+1D\500
open&start 11:00 

献血受付時間12:00〜16:30
アウトブレイク前に献血車が沢山きます!
★献血してくれた方には特別プレゼント有!
献血は勿論無料だよ!特典沢山!!!!!!


出演)
Galaxy Express 666
イライザ・ロイヤル&ザ・総括リンチ
daiteng
KN750R
るなっち☆ほし
工藤ちゃん
トモノカツミ
MUYOKU
乱雑天国
渡部俊介 

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 12:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]