2017年06月18日

この「羨ましい」という気持ちの正体

ふむ、ここ最近ずーーーっとモヤモヤしてることがあって
AKBの話題でもDOTAMAさんの話題でもなく
(いや、それはそれで色々思う所あるのだけど!!!)

自分が飛び込めない「楽しい事」についてです。
しかもそれが思いっきり脚光を浴びまくっていて
絶対に楽しそうなのに飛び込めない。
そんなシーンや現象や表現を目の前にした時に
すげーーーーモヤモヤしていたんですよ。

で、普段ならそんなもん裸1つで飛び込んでいったのに
今回は勿論スケジュール的な兼ね合いもあるのだけど
思うように飛び込めない。そんな自分にも腹立たしくて。

大人になったとも思いたくないし
落ち着いたとも思いたくない。
アウトブレイクのせいでもないし。

じゃーなんなんだよ、と言われれば
やっぱり「羨ましい」を認めたくなかったんじゃないかと。
うひーーーーーーぎゃーーーーーー
恥かしい。くそ、恥ずかしい。

東京アンダーグラウンド、僕はそこに足を突っ込んでるようにみえて
これっぽっちも突っ込んでなくて。でも、そのすぐ近くで
自分なりのバランスで立っている。その集大成がアウトブレイクで
そこに1つも後悔はないのだけど。

まー育ちが良いし、根が真面目だしな!!!!
色んな事をポジティブに解釈してこれからも
羨ましがっていこう。いいなーいいなー!!!!

ちくしょーーーーーー!!!!!!

昨日はお昼からお子様たくさんのファミリーイベント。
深夜はギリギリシティ。THIS IS 四谷。
愉快なおバカさん達がいい顔してた。

目の前の素晴らしさ、手が届く距離の羨ましさ。
全部リュックに詰め込んでいこうじゃないか。

素敵な1日を

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 12:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]