2017年03月04日

#1週間住み込みギグ 夕焼けロッカールームズの皆さんへ

よし、長くなるからこっちでな。


企画を動かしていく中で少しづつ当初の
ノリだけじゃ賄えない部分も出てきてる中
それを色んな方向から考えて軌道修正しつつの
今の俺の考えね。(カメラマンの話は後半に)

まず第一に今回の1週間住み込みギグの
一番大事にしたい部分はコレ。

---------------

バンドというチームがライブハウスという場所で
音楽で食うってなんだろ?というテーマの下に
面白おかしくお客さんも巻き込んで1週間過ごす事。

---------------

この為に夕焼けも俺もお店も一生懸命やってる。
そこで、バンドは超かっこいいライブをやるだけだし
イベントに向けて面白い事をやろう!宣伝しよう!と
頑張ってるよね。それは超素晴らしい。

そして俺達のやりとりを色んな人が見てくれて
意見をいったり、面白がったり、つまんねーと言ってる。
これはありがたい事で勇気をもらえる事だ。

で、エンタメ度が低いとか面白くないって
人が居るけど、とりあえずは気にしなくてもいい。
なぜならそれよりも大事なのは、夕焼けが1週間最高の
ライブを続ける事であり、1週間色んな事をライブハウスで
見て感じる事だから。自分達のスタイルで全力フルスイングでいい。

そこは別に大人のいう事聞かなくてもいいんだ。
(でも大抵良いアドバイスが多いから耳は傾けて欲しいけど。)

そして、ここからは四谷アウトブレイクの店長、1つの企業の社員としての話。
この1週間住み込みギグがどういう形で終わろうとも、アウトブレイクは
これからも続きます。すなわち俺はこの店を守らなきゃいけない訳。

皆への信用とは別の話で、最悪の事態だって考えてる。
例えば1週間で誰かが病気になる。事故する、怪我する。
気がふれて自殺する、物を壊す、お金を盗むetc・・・etc・・・
スタートは勢いとノリだけなんだけど、物事を動かしていくと
色んな事を考えるのが店長なのだ。
ビビってると思われたらそうなんだけど、そうしないと
12年間危ない人たち相手にライブハウスは営業できないのだよ。

で、もし問題が起きた時にその責任の所在は誰にあると思う?
やっちゃった人にもあるけど、俺にあるんだよ。
1つの企業の催し物としてのイベントという事で
店長の俺に責任があるわけ。
だからこそ1週間一緒にこの企画に参加するメンバーには
俺も全信頼の元、やりたい。これは解って欲しい。

ここで、やっとこさカメラマンの話。

これは住み込みギグに限らずライブハウス界隈の中で
「バンドスタッフに女子いれると揉めがち」ってのがあるから
俺や周りがギャーギャー言うんだ。それは長いライブハウス経験での
先輩からの言葉だから、そんなに悪く思わないで欲しい。

そのうえで、夕焼けメンバーの「そんな気持ちじゃねぇよ!」という
苛立ちも十分理解できる。1つの企画に対してやりたい!!って
手をあげてもらうのは本当に嬉しいし、凄い事だ。
それを頭ごなしに否定されたら気分悪いよな。すまん。
俺だって、そう思ったからキミ達とこの企画をやろうと思ったんだもん。

だから全てを踏まえた上で、俺から最後の確認だ。

・1週間住み込みギグのルールに乗っ取ってもらう
・撮影班とメンバーは適正な距離をとる
  バンドはカメラに対しての行動じゃなくて、目の前の人に対しての行動を。
・ぜーったいに人間的、男子的、法律的にNGな事しない

これを今一度、カメラマンさんと確認してくれ。
そして最初から俺が書いた気持ちとイベントの本筋を
よーく読んでくれ。カメラマンさんにも読んでもらってほしい。

納得できなかったらそう言って。

その上でバンドとカメラマンさんがやる!!と言ってくれるなら
俺もやる。色んな人から反対されるとは思うけど(笑
それはこれから俺たちがナニをやるか次第だ。

ま、結局はそこだからね。それで全員ぎゃふんといわせりゃいい。
だからひとつ、面倒かけるが、今一度カメラさんと確認してくれ。
あと俺も挨拶させてもらいたいから、よろしくね。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 15:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]