2017年01月09日

サンキュー!献血ギグ!!

という訳で2年の時を経てやっとこさ
献血ギグ・スペシャルが終わりました。

話題にしてくれた皆様や、気にかけてくれた皆さん
当日に来てくれた皆様、佐藤の悲痛な告知にほだされて
献血だけしにきてくれた皆さん、兎に角みんなにありがとう!!!!


朝はこんな事になっていて
12:00〜22:00の超ロングライブの結果


こんな数字を叩き出しました。
これは全国平均からみてもとても多い数字だそうで
途中慌てて赤十字の方が追加で機材を取りに帰ったほどです。

すごい!!みんな凄いな!!!!!!

そしてライブも前半はアイドルの皆さんにお願いして
お客さんやアイドル本人も献血に沢山協力してもらいました。
後半のバンドライブでは皆早めに会場に駆けつけてくれて
ライブ前後に献血に参加してくれました。

もうね、感謝しかありませんよ。
献血の大事さは散々語りつくしているので
昔のブログのコチラを読んでもらうとして
今回、ライブハウスという場所でみんなでワイワイしながら
献血をするっていう遊びが出来て本当に嬉しかったです。

世界中は面倒な事で溢れているし
ちょっと飛行機を飛べば戦争がまだ沢山。
友達は理不尽な病気で入院するし
一番身近である家族はどんどんと離れていく。
恋人は常に永遠じゃないし、自分の気持ちだって
いつだってフラフラとして定まらない。
人への優しさと自分への優しさのバランスも取れねぇ
そのくせ平気で色んな人を傷つける、そんな毎日。

その毎日の1つに、ライブハウスに見ず知らずが集まって
自分達の好きなバンドやアイドルや友達に会いに来る。
そのついでに献血とかしちゃって、今目の前に居る人じゃない
全然関係ない、好きかも嫌いかも解らない第三者に
自分の血をパスしていくんだぜ。これって超ヤバイ事だと思いませんか?

献血ギグ、最初の最初は飲んだ席でのギャグでした。
でも次の日に僕はどうしてもやりたくなって赤十字にメールしたのです。
履歴遡ったら2015年6月17日とありました。1年半前か。。。

当然最初は献血車なんぞムリ!といわれて。
それでも返事が来たのが嬉しくて、じゃあ車はいらないから
トークゲストとして定期的にアウトブレイクに来て欲しいと
お願いして、最初は向こうも半信半疑の疑いの目で
アウトブレイクに来てくれたのを思い出しました(笑

それから月1回、ライブの合間に献血トークという形で
出演して貰ってきました。段々と息もあってきて
毎回楽しく献血の話を皆さんに届けられたと思っています。
そうやってライブハウスで皆で育んで来た信頼なんですよ。
あの献血トークが盛り上がっていかなかったら
昨日のイベントはありえなかったわけです。

皆さんが繋いでくれた昨日の献血ギグスペシャルでした。
本当にありがとうございました。
昨日は本当に長丁場だったのでスタッフの皆が仕事終わるまで
お酒は飲まず、みんなが帰った後も山のような反省点を
手帳に書き込んだら床ってたっす

また、やるからね。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]