2016年12月11日

生誕祭7日目終了

艶街のレコ発ファイナルと合体しての夜。

ライブハウスで何度も死んで生まれた俺達が
作る夜なら間違いないに決まってるよね。
ご来場、ご出演してもらった皆様ありがとうございました。


俺はGhetto/火暗し/ベーソンズ/UPANSAD/芸人サイファー倶楽部を召還。
皆さん素晴らしく感激しました。

Ghettoはトラブルありながらも刹那感満載の
希望あるメロディーを鳴らしてくれたし
2日連続出演の京都産ラッパー火暗しは
強いリリックで攻め立ててくれた。
イベントを繋ぐ強い意志が言葉になっていて感激。
そしてラッパー・ダースレイダー率いるベーソンズ。
フリースタイルバトル全盛期、普通にフリースタイルっぽくやれば
もっとウケるのにあえてのファンクバンド。
その意思の深さに俺はいつも踊りっぱなしだ。
UPANSADは一緒にレコーディングした曲だけを
ドドっと披露。当然全曲歌いまくって幸せすぎた。

転換中は芸人サイファー倶楽部。ダースさんを前に
嬉々としたサイファーを披露。火暗し君も乱入で
面白かったなぁ。流行ってるとはいえライブハウスでは
初見の人も多い中でルールと見せ所をかいつまんで
解りやすく租借してくれて、さすが芸人!!!

艶街サイドも素晴らしかった。
鉄壁の演奏で説得力しかない極楽ドルチェ
沖縄から来てくれた七騒ユーレイは文句なしの
パーティーパンクロック、純度120%
TOWは独特だったなぁ〜暗いスタートなんだけど
最終的にはハッピーにもっていく作戦大有り。

打上はここで書ける事なし。

さて、最終日です。
皆様どうかご無事で。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 14:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]