2016年12月07日

生誕祭3日目終了!

昨日は盛りに盛りました。

まずはジギジギボーイズと暗黙のストライカーズのスプリットレコ発。
そしてSEX-MACHINEGUNSのアンチャン率いるザ☆メンテナンスの
レコ発。もうね、なにがなにやらですよ!!(笑

しっかしメンテナンスがかっこ良くてねぇ!!!
さすが武道館を埋めた男の説得力とにかくハンパないっす。
ジャンルがどうとかじゃなくて、その音に全員ノックアウト。
そうだよね、圧倒的なライブとはこの事だ。

ジギジギも暗黙も良いライブだった。
このスプリット企画は完全なる俺の無茶ぶりで
やらせて貰ったわけで、よくも全3回ついてきてくれました。
定期的に新曲を作ってレコーディングするという作業は
絶対バンドに必要だと思っているし、この約半年で
バンドも強くなったんじゃないかな、と。

そして常々思うのです。
かっこいいバンドをやるという事はライブハウスでの戦い方を
しっかりと学ばなくてはいけないと思うのです。

別に対バン見ろ!とかそういうのじゃなくてね。
ちょっと考えてみようぜ、って事。
1日5バンドいたら、その5バンドと店で1つの夜を
作るわけじゃないですか。みんながちょっと考えれば
その日の雰囲気は絶対に良くなるんです。
そしたら自分達のライブが盛り上がる確立もあがるじゃん。
終演後にお客さんが、なんか良い日だったな〜って
思ってくれたら物販買ってくれるかもしれないじゃん。

マナーとかそういうのの前に得なんだよ!
みんなでその日を盛り上げるっていのは「得」なの!!!

あれしろ、これしろとは言わないけど
他のバンドがライブしている時にブスーっと物販席にいるよりは
なんとな〜くでもフロアで立ってたら良いと思うし
曲終われば拍手の1つでもすりゃいいじゃん。
今やってる出演者ってのはその日を繋いでくれてるわけよ。
自分達のライブの前後を繋いでくれてるわけ。

その繋がりがフロアにいるお客さんを外に出さないパワーになったり
今日一日楽しかったな!そういえばあのバンドかっこよかった!に
変わるわけじゃないですか。

そういうの、すげ〜大事だと思うのだよね。
繰り返すけど、それがバンドにとって「得」なわけよ。
集客どうすりゃいいんだ??って悩むバンドには
まず出演しているライブ、1日盛り上げるのに役たってる?と
最近は言うようにしています。

ライブハウスで戦うってのは個人戦じゃないのですよ。
対バンでお客さんを勝ち取るっていうのは個人戦じゃないの。
どんな孤高のロックバンドでもきっとそうだったんだと思うんだよね。

勘違いしないでほしいのは皆で仲良く馴れ合えって意味じゃないよ。
ライブとかリハ見てつまらんかったら外出てもいいと思うし。
ただ、その判断の機会を失うんじゃないよって事です。オス。

アウトブレイクは内緒だけど、各バンドが自然と共闘できる
仕掛けを随所に盛り込んでいます。だから雰囲気が自然と良いのです。

なんちゃって。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:37 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]