2016年11月15日

イメージが大切って言ってんだろ

昨日は第二回クソギター選手権!!
ありがたい事に初回の盛り上がりを受けて
C-TVさんによるamebaTVでの生配信付。
沢山の人に見て頂けたようで感謝です。

1本のクソギターを使って誰が一番かっこよく
演奏できるかを競うこのイベント。
昨日も大いに盛り上がりました。

こういう時大事なのはバックバンドです。
ここがしっかりプロじゃないと成立しない。
ドラムのウエダくんとベースのチャーリーくんに
深く感謝であります。
無理難題をおしつけても、仕事として
きっちりやってくれました。ありがとう。
急遽代打でボーカルやってくれた
安田ボンバーもいい経験になったかな。
助かりました、アリガトボンバー!!!

審査員には音楽好きの会社員井上氏を召還。
さまざまなウンチクと共に的確なコメントで
このイベントを支える重要なポジションを
見事こなしてくれました、ありがとう!

とりあえず、マネタイズ云々の前に
楽しくやれればいいだろ!!と思って始めた企画です。
月曜日のライブハウス、もっと自由でいいじゃんか、と。
企画段階から面白いアイデアしか出てこなかったし
そもそものキッカケをくれたJIMIちゃんとも
選曲とか色々考えたりして楽しい1日でした。

でした。

でした。

ガビョーン!!!イベントに水差す感じになっちゃうんですが
ちょっと悲しい出来事が起こってしまって。
これ読んだ人は折角だから、この悲しい感じを
ライブハウスで味わわない為にもちょっと考えて欲しい。

この日用意したクソギターは3本。
どれも噂を聞きつけた僕の友人だったり、知り合いが
わざわざ持ってきてくれたものです。
家の倉庫で眠ってたり、ずっと押入れに入ってたようなもの。

で、状態としては当然クソなんですよ。クソギター。
でもさちょっと考えればわかるじゃん。
長い間使ってなかったってことは長い間一緒にいたって事でしょ。
それはクソギターなんだけど、壊していいギターじゃないのよ。

問題はフィナーレの全員セッションで起きました。
盛り上がりもピークに達した時にドカーンと。
まぁギタリストなら1回はやってみたいんですかね?
振りかぶってドカーンと。

ギター壊すプレイは別に否定しないです。
でもさ、自分のライブで自分のギターでやればいいじゃん?
ちょっと考えればわかるじゃん??

こないだ起きた落書きの時もそうだったけど
それって結局の所

「このイベントなら、この会場ならやってもいっか」

って思ったって事でしょ?
この持ち主が自分のギターを壊されてる現場を見たらどう思う?
それを嬉々としてSNSでアップされてる様子を見たらどう思う?
自分のじゃないから関係なし?それマジで思ってるの?

想像しろよ。
ジョンレノンも言ってただろ。
ヒロトも言ってただろ。

超たのしかったけど、最後にドヨーンってして。
でも現場でブチ切れても仕方ねぇなぁと
思ってたけど、ブチ切れて暴れればよかったな。

反省。

本人サンとは連絡をとりあって自分の気持ちを
伝えてるので、これ以上どうって話じゃないんですが
アウトブレイクって無茶苦茶やるし、なんでもアリだけど
そこには常に店と出演者とお客の信頼関係があって
それがしっかり作用してるから問題が起こらない訳ですよ。

こんな事が続くとクソギター選手権なんてやりたくないし
無茶苦茶なイベントも企画する気なくすし
あーライブハウスってやっぱり頭悪いバカばっかりだから
つまんねーなーって思っちゃうんだよ。

それは俺が思うだけじゃなくて、お客さんだってそう思うんだよ。
自分で自分のクビしめてどないするんじゃ。
でもさ、これが四谷アウトブレイクじゃなくて武道館とかさ
リキッドルームとかで行われたらそんな事しねーんだろうな。
あのクソギターが俺の知り合いのじゃなくて
布袋の知り合いのだったら、あんな事しねーだろ?

そんなに頑丈じゃねーぞ?
ライブハウスもギターも俺もお前もお客さんも。

結論 : 俺のイメージが出演者全員に伝え切れてない

はい、反省。ちくしょう。
みんなを信頼した自分がバカだった。
でも、そんな事絶対思いたくないから俺はもっと
アウトブレイクに来る人を信頼しようと思う。
その為にはもっともっと俺の気持ちを伝えなきゃな。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 15:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]