2016年07月07日

Daimon Orchestraインタビュー(前半)

今週はOUTBREAK RECORDS新作が続きました。
足利が生んだフランクザッパことDaimon Orchestraの
新作発表を受けてインタビューしてみたので
皆さん是非読んでみてくださいな!!!





-----------------------

四谷としても長い付き合いのDaimon Orchestra。
栃木は足利を本拠地とするジャズ/プログレ/ロック/ファンク
メタル/ラテン/ポストロック/演歌/シンフォニック/フュージョン
J-POP/80’sアイドルを混ぜ込んだ変態バンド。

今回はツインボーカル体制での初アルバムという事で
ボーカルひとみ&くるみ、そしてリーダーのオカジに
お話をききました。

久しぶりのインタビュー&文字起こしなんで
読みづらかったらすいません〜〜〜!!!
上のYOUTUBEの音を聞きながらお読みください!

まずは前半でーす。

----------------

DSC_0170.JPG
(左:ひとみ 右:くるみ)

■新作できましたね!出来る前からオカジくんが
「これは売れる!」といい続けてて(笑)
2人は手応えありましたか?

くるみ:今日来る時に話してて、自分が入って3年たって
やっとなんか自分の歌を歌ったアルバムが出せたと思う。

■自分らしさっていうのは慣れてきたってことです?

くるみ:そうですね、なれてきた。馴染んできた。

オカジ:前は嫌いだったってこと?

くるみ:そんなことないー!(笑

ひとみ:わたしは入ってすぐのアルバムだったんで
まだどんなもんだか解らないけど、何曲か歌わせてもらったんで
やっぱり上手くできてたなら良かったな。

■2人としては手ごたえはあると。

くるみ・ひとみ:(同時に)はい

■オカジくんが売れるっていうのはメジャーな
解りやすさを手に入れたという意味での
売れるって言ってると思うんですよ。
僕としては今までのプログレを脱却してしまったんじゃないかと。

ひとみ:それは思います。加入前は後輩として今までの
アルバムずっときいてて。今回のアルバムは今までより抜けたかなって、

くるみ:自分達色に染めてくれたのかな?って。

■ふむふむ。オカジくんに質問で曲はボーカルによって
変えて作る感じですか?作曲者としても2人の体制に慣れてきて
2人に寄せた曲を作ってきたって事ですか?

オカジ:はい

■え、そうなの?いつも自分勝手に作ってるのかと思ってました。

オカジ:そこは合わせてつくってるから。前任のボーカルから
色んな狙いで書いてきたけど、今回はツインボーカルだから
2人組の色がでるように作れたし。なおかつわかりやすく。

■出来る人みたい・・・

オカジ:できるんだよ(笑) 自分の好みというよりは
自分的には技術的な部分で。2人に寄せていったと。

■ダイモンって元々ボーカルで随分変わるじゃないですか?
ゲストボーカルという形で色んな人が参加していたし。
で、今回はツインボーカルがハマってますよね。
2人のボーカルのキャラも違うしね。
ボーカルの2人はキャラの違いって意識してます?

くるみ:ひとみさんは聞かせる側で自分は見せる側だと思います。
自分には無いものを、ひとみさんがだしてくれて
ひとみさんがださないものを、あたしがだろうと。

■自分自身でツインボーカルのバランスをみてると。

くるみ:そうですね。あたしの場合は。

■ひとみちゃんは?

ひとみ:種類が違うかなって感じはしますね。
もってる色というかな・・・

■オカジくんもそう感じる?

オカジ:アルバムのタイトル(Light sun,Darkness moon)もそうだし
白と黒というかね。

ひとみ;あたしたち、元々正反対なんですよ

■それってオカジくん的には、苦労しない?
凄いまとめるの大変そうですけど・・・

オカジ:いや、やりやすい。似たような人がいても
つまんないじゃないですか

くるみ:カシスウーロンと焼酎くらいちがう(笑)

■だいぶですね!!!どっちが焼酎?

(ひとみがくるみ指さす)

■たしかに濃そう(笑)東京で頻繁にライブを
していますが、地元では活動してるんですか?

ひとみ:今度SOUNDHOUSE PICOという
地元のライブハウスで久々にやりますね。

■地元はどう?

オカジ:実際にライブのペースは半々ぐらいなんだけど、
東京の方が受け入れられやすいのは思う。
地元は地元で拠点なんで、でかい企画は地元でやるし
東京でやったものを地元で出したいっていう気持ちかな。
ただバンドシーン的なものを考えると規模は小さいけど
やっぱりここが俺達の場所だよって重きは置きたい。

■外から見てても地元愛ありますもんね

オカジ:めちゃくちゃある。実際でかい企画を年1回やるのも
地元への恩返しって気持ちもあるし。
地元で言うとウチラだいぶ先輩のバンドなんで。

■それは地元シーンを背負ってるっていう事?

オカジ:うちらにしかできないものもあるし。でも
地元の音楽シーンはパンク・ハードコアが主流だから。
うちはちょっと特殊なんで。。。
でも音楽的には特殊なんだけど、なんとなく
一目置いてもらってる感じはあるかな。

■確かに自分の中では足利っていったらDaimon Orchestraですもん。
で、今回CD発売なんですけどこのご時勢に
ジャケットも漫画家の玉置勉強さんでしっかりとフィジカルリリース、
特典もつけてのこだわりたっぷりじゃないですか。

オカジ;うちらの音楽は誰がドコにいても手に取れる状態って
やっぱり大事なんですよ。ジャケット含めての作品だし。

■CD-Rだけのバンドも多い中でそのこだわりいいですね。
ちなみに皆さんCDとか最近買ってます?

くるみ:自分は買う方。

オカジ:足利って田舎なんですよ(笑)

■え?田舎だからってCD買うんですか?

オカジ:田舎は買うんですよ!

くるみ:配信とかは逆にしない。あの手に取った幸福感があるから

■ほほ〜〜〜〜〜

後半に続く。
posted by Boone! at 21:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]