2010年09月23日

「水面下ノ音」

いやーすんげえの観た。
昨日出演の水面下ノ音さん。

元々「水面下ノ空」というkey&打ち込み、ドラム、ボーカル
という3人編成の男子+女子2人という逆ドリカム編成の
ふわりとした良いバンドさんだったんですが、水面下ノ音は
ボーカルを抜いたインストバンドでございます。

昨日が2回目(?)だったかアウトブレイクは初ライブ。
さてさて、どんなもんだろう?と楽しみにしていた僕は
見事に脳天を打ちぬかれて悶死いたしました。

かっこよすぎる・・・

まず驚くのが曲構成というか、曲の成り立ちです。
通常打ち込み、つまりあらかじめ作ったシーケンスを鳴らしながら
演奏する場合は当然そのあらかじめ作った音源に沿って
決まった小節数、決まったテンポで演奏するのが通常です。
その為にドラムさんはクリック(メトロノーム)をヘッドフォンで
聞いてその音源に合わせる作業をしていきます。
そりゃそうですよね、流れ出した音源はこっちには
あわせてくれません。こっちがひたすらあわせるのみです。

もちろん水面下ノ音も基本路線は当然そうです。
流すシーケンスのテンポをドラムが追い、鍵盤が追います。
ただしかし、その構成に大きな差がありました。

彼等は1曲をセクション毎に分けてリアルタイムに
シーケンスを繋げて演奏しているのです。
つまり、1曲を何パターンかのシーケンスに分けて
それを常に瞬時に頭だし出来るようにしてあって
演奏しながら次のシーケンスを選んでいくんですよ。

で、それを切り替えるごとにkeyのとものさんがサインを出すんです。
野球のキャッチャーみたいに指で。多分「(テンションが)上がるよ」とか
「ブレイクいくよ」とかそういった類のサインだと思うんですが。
それをうけてDrのヒカリさんがあわせていくっていう。

これって相当難易度高いですよね。異常な負荷。
で、観てるこっちもグイグイ引きこまれていくんですよ。
安易に踊りだせない。ステージの二人の目線・サイン・アクション全てに
次の展開の暗号が織り交ざっていてガクガク頭振りながらも
視点はステージに引き込まれていく。
今すぐにコップのビールを飲み干して無作法に踊りだしたいんだけど
出来ない、させてくれない。視線は常にステージの二人を凝視してしまう。

これって僕達にも負荷なんですよ。
決して自分達の自由になれない、できない。
それでも辞める事が出来ない。プイっと後ろを向いて
バーカウンターにビールを取りに行く事すら出来ない。

事実、1曲終わる毎の会場の安堵感というか
ざわざわとくる「おお・・・すげぇぇぇ」って波のような
感覚って久しぶりに味わいました。多分みんなそう思ってる。

で、ここからがもっと凄い事なんですけど
演奏されている楽曲達です。
当然インストなので歌は無く、鍵盤による主旋律が
メインのメロディーとなるんですが、このメロディーの
幸せ感はなんだ。多幸感というかさ。
キラキラしてポップで、でもリズムの基礎は生ドラムで。
シュワシュワしてんのにもっさりしてなくて、透明度の
高さも尋常じゃないのに、肉体的。とにかくすげえの。

で、気づいたの、俺。
こんなにお互いに異常な負荷をかけあってその先に
ある幸せを享受するって、ああ・・・ジョギングだと。

うおおおお!!つまりこれは21世紀のジョギングミュージック!
ランナーズハイサウンド!白いウサギのナチュラルハイトリップ!
マーシーなんか目じゃないぜ、自力の脳内麻薬オーバードーズ!!!

って内容を数十分かけてライブ終了後にメンバーさんに熱弁したら
案の定苦笑いされて引かれてたので
昨日のブートレグをipodにぶち込んで今日深夜走ろっと。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 13:37 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
で、雨で走れない上に
日記をメンバーさんがRTしてて
恥ずかしいっていう。
Posted by boone at 2010年09月24日 00:49
ジョンゾーンのcobraみたいですね。
てかcobraやりたいですww
Posted by ハタ at 2010年09月24日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。