2010年06月17日

ライブハウスを考える(その1)

ども、日記とは別にちょっと書かせて下さい。
素面(ほとんど)です。飲んだらこのシリーズは書きません。
真面目度200%、批判/ツッコミ/意見が飛び散る事を願いまして。

佐藤です。まずは今も昔も延々と語られるノルマ問題について。

バンドさん側、お客さん側、ライブハウス側、色んな
意見がぶつかって交わされていく。
僕も四谷アウトブレイクというライブハウスの
ブッキングマネージャとして思う所を書かせて下さい。

きっかけはこのtwitter発言まとめ。
http://togetter.com/li/29387
色んな意見がある、当然だけど。
読んでいて心臓バクバクします。

まず、当店の経費を考えると
「ブッキングライブ全バンドノルマ無し!」
(ホールレンタル/持込企画ライブは除外)
という事をやると1年以内に潰れるでしょう。
今、ノルマ枚数(¥1500×20枚)をクリアして
チャージバック(21枚目〜100%)を持って帰るバンドは
月でいうと数パーセントです。
大げさに経費をかけてる訳じゃないんですが
家賃・人件費・銀行から借りてるお金の返済とかを
考えると結構な数字になります。もちろんさらに仕入れだ税金だ
修理代だなんだかんだ・・結構かかるんですよ予想以上に。

ちなみにアウトブレイクの家賃、ざっくり申し上げると
とても大まかに申し上げると約70でございます、四谷ってめちゃくちゃ高いんです。
詳しい各々の数字を出すにはさすがに上のOKを貰わなくては
まずいので現在はゴニョゴニョさせていただきますが
例えばノルマ無し×5バンド、でもお客さんは各バンド一桁
というライブで平日を作っていくと間違いなく潰れるのは断言します。

それで、ここには1つ大きな問いかけがありまして
「お客さんを全然呼べないバンドはライブをしちゃいけないのか?」
に尽きると思うんですが、これは皆さんに意見が色々あると思います。

ライブハウスという質をそれで落としてきたんじゃない?とか
それだからライブハウスじゃなくて貸しホールだろ!とか
色んな意見を読みました。こういう速度で生の色んな人の
意見を吸い取れるのはtwitterって凄いなと実感しております。 

それで僕の答えとしては「やったっていいじゃん!」です。
でもその代わりお金がかかるよ、と。
それがノルマと呼ばれているよ、と。

ライブをやれば少なくとも他のバンドのお客さんがいる。
刺激を受ける対バンがいる。色んな出会いがある。
時にはPAサイドからのアドバイスや、その日をきっかけと
した新しいイベント、共演のアイデア等など…

なんかのきっかけがある。もって帰れるものがある。
その時にノルマを消化してなくて、お金がかかった、赤字だ。
それを日々のバイト代から支払おう。
でも、その価値があった一日だったね!とバンドさんが
思ってくれるなら、僕はそれでいいと思う。
(その上で、例えば自分達以外のバンドも同じお客さんが
ほとんど呼べない状況でトータル集客5人とかだったら
どう思う?って所から考えて欲しい。)

逆にその価値がない!と思ったらノルマのあるライブハウスになんか
出なければいい。都内にはノルマ無しでライブを出来る会場はある。
色んな方法と音楽的な力を駆使すればノルマ無しでライブはやれる。
だからそういう場所を探せばいい。この時代、ライブハウスはいっぱいある。
そうやって仮にアウトブレイクからバンドがいなくなったら
きっと僕たちは潔くライブハウスをやめると思う。少なくとも僕は。

選んでしまいましょう。淘汰すればいいんです。
素敵なライブハウスには素敵なバンドと素敵なオーディエンスが集まる。
逆もまたしかり。
ノルマという形でお金を貰っているから
「バンド=お客さん」って図式はちょっと寂しいです。
こっちもめちゃくちゃがんばるから、そうは
思って欲しくない。きれい事ですかね?いつまでも
いつまでも僕とバンドは戦友でありたい。

金貰ってるのに何言ってやがる!!!
という声にはなんて言い返したらいいか
正直わからないです。でも10年後も
アウトブレイクがんばってるから
遊びに来てみて下さいとは言いたい。

僕は他の店の台所事情までは知らないし、業界全体を
なぁなぁとぬるま湯に浸したい訳でもないんですよ。
ただ、いろーーーーんなバンドさんがいて、色んな表現者がいて
色んなお客さんがいるんです。技術やレベルは様々なのは当然として。
その人達の楽しみ方を裏方として手伝えるのは嬉しいです。
「ライブハウス」という定義からはずれているのかも知れませんが。

まずは第一弾、この位にさせて下さい。
きっと少しは反響があるんでしょう、楽しみです。
思いっきり罵倒されるのもいいし、優しくされるのもいい。
そういう意見にテーマを貰ってまた書けたらいいな。

こういう渦というか波って入り込むと楽しいんすよ。
ライブハウス始めて5年のぺーぺーですがやるからには
プロフェッショナルです、そこは絶対に忘れない。

で、そんな話を6/22深夜にustream配信します。
お相手は現在ブッキング中。バンドサイド、お客さんサイドで
3人位でやる予定です、遅い時間ですがこちらもよろしければ。

じゃ、四谷で。

---

ライブハウス関係者の皆さん、結構みんなライブハウスを
気にしてくれてるんですよ。色んな意見が飛び交います。
それをキャッチして自分もなにか意見を言ってみませんか?
プラスでもマイナスでもその位この話題の言葉にはパワーが
あります。なにより僕も聞きたいんです。
こういうのがきっと一番ライブハウスを活性化させると思う。
posted by Boone! at 00:44 | Comment(3) | ライブハウスを考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツイッターの方にもちょこっと書いたんですけどこちらにも


やたらノルマぼったくるハコの数が多すぎるし、ノーピープルでも平気なバンドも多いし悪循環だなと。


激安ノルマライブとか出た事ありますけど、集客しなくて良い分、「自分たちの音」にたいして無責任なバンドも多いと感じます。

うちみたいなクソバンドでもノルマギリギリでやらせてもらってますが、
ノルマを割らないって事は自分のバンドへのプライドだと頑張ってます。


ステージはバンドが戦って勝ち取る場所であってほしいです。

それでこそバンドとライブハウスとオーディエンス、3つの関係に初めて信頼が生まれるのかな。
Posted by サンダー@コバサン at 2010年06月17日 01:27
ご意見ご感想待っています。
よろしくお願いします。

http://arteagudo.exblog.jp/12851027/
Posted by ひらさわとおる at 2010年06月24日 02:42
バンドがお客を呼べいってあんた笑
あんたらの客はバンド見に来る人だろ。魅力的なイベントうてずに客が5人とかって、ハコに客がついてませんよって言ってんのと一緒。バンドに集客丸投げしてんじゃないよ。出来上がった楽なシステムの上で胡座かいてバンドから搾取して・・・こんなくだらん記事書いてて虚しくならない?
Posted by あ at 2015年07月22日 02:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]