2017年09月03日

マイクの「わ」

カツ丼ブーム止まらない。
しかし、カツ丼を食べに店に入ると
なぜか親子丼を頼んでいる。

気持ちはカツ丼を
胃腸は親子丼を

心と身体のバランスがとれていない。
近日中に「休む」という仕事をいれよう。

昨日はマイクの「わ」という
飛び入り歓迎のセッションイベントでした。
仕切ってくれたインドウさんとオショーありがとう。

ございました!!!!!

エントリーしてくれたプレイヤーを
ランダムに選んでその場で即席バンドを
作ってもらって1曲演奏していくというスタイル。
とーっても面白かった!!!!!!

途中、僕も参加させてもらったけど
鍵盤のデモ演奏を流す位しか出来なかったわ。
あ〜もっとステージでギミック無しに
なにかをする力が欲しい。。。

ウクレレ原田さんが輝いていた。
ギミック無し、あの顔で叫ぶ恋の歌は
ハードコアでブルーズでロックンロールだ。

ここ最近多くのミュージシャンを彼が魅了するのは
童貞だからじゃなくて、自分の気持ちを嘘偽りなく
ステージで大声で叫べる所だと思う。
打算、計算、予算一切なし。美しすぎて眩しい。

終演後はロッキチDJイベント。
1つの音楽を皆で同じ振り付けで朝まで踊るイベント。
文化祭、運動会、そんな雰囲気すらあるスタイルは
好き嫌い分かれるだろうけど、みんな良い顔してるから俺は好き。

なにか1つの形ない物を共有するにあたって
フィジカル面を先に共有するのは有効だ。
勝手な想像だけど、結局の所みんな血の流れる
同じ人間だよね!!というメッセージを感じてしまった。

朝6時、ポツンと一人になったフロア。
2時間後には昼の部のメンバーが会場入りしてくる。
寝なくちゃいけないのにamazonプライムで
深夜食堂「美保純のメンチカツ回」を見てしまう。

もう何度も何度も、本当に何度も見ているのに
泣いてしまう。睡眠より感動を。いや、強制的なデトックスか。

作詞作曲家の旦那さんを亡くしてしまって
歌う事を辞めた美保純。旦那さんの好物のメンチカツを
食べる度に思い出して泣いてしまう。

そんな時、奥さんがガンで闘病中のグルメ研究家が
美保純に奥さんの為に歌って欲しいとお願いされるが
断る美保純。

…まーその後は良くある話なんですけど
紆余曲折を経て歌う訳ですよ、その深夜食堂で。
その時に美保純はですね、ザックリ背中の開いた
黒いドレスを着ているんです。

ほんと一瞬しか映らないんですけど
俺はここで毎回泣いてしまうのです。

最愛の人の死をきっかけにして
歌を歌うという事を辞めてしまう。
今まではその人の為に歌っていたから、と。
もう人の為には歌わない、と。

でも、今度は自分のために。と
また再開させる最初の1歩の洋服ですよ。
もうね、色んな思いが勝手にめぐってしまって
(多分、演出上はなにも意図してないと思うけど)
号泣ですよ、佐藤号泣。

なにかを諦めたり、やめたりしても
少しのドラマと適当な紆余曲折で
人は簡単に戻ってこれるのです。

いや〜泣いた泣いた。

今週はどこかでMOTHER FUCKERも見に行く。



家族と子供とバンドと音楽シーン。
僕が逃げ続けてきた全部が詰まってそうで怖い。

さて、どうしたもんか。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 16:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする