2017年03月24日

邪道の王道、ギミックの底の本当

昨日は流血ブリザード企画でした!
毎月1回シリーズで行われるライブも2回目。
毎回、これぞライブハウス!!って雰囲気で最高!!

ここ最近の流血のライブは凄い。
きっと初期しか見てない人はいろんなものを
投げ散らかして・・・というイメージを持ってると
思うし、全然間違ってないんですけど(笑

今の流血はギミックを捨てて、どんどん純然たる
ハードコアパンクに進んでいる。
それでいてユーモアと茶目っ気と愛嬌は
そのまま残っていて素晴らしい。
みんなが楽しくなるライブをやっています。

これって凄い事だよな。本当に素晴らしい。

なんでもそうだけど、思いついた事や
突拍子も無い事、派手な事っていうのは
その後それをどうやって磨いていくかが重要。
今、めちゃくちゃ脂乗ってるバンドだと思いました。
毎月やってるので是非、次回は4/19だよ!!

そう、磨くといえば先日4/21に上野鈴本演芸場に
いってまいりました。毎年年末にもお世話になっている
落語家:林家ひろ木さんの真打披露興行。

これが超良くって感激。
師匠、兄弟子と勢ぞろいの中の公演は
オールスター感謝祭でしたよ、完全に。
鈴本はお酒を飲んでもいいので上機嫌!!!
居眠りしたり笑ったりおおいに楽しみました。

で、考えたらひろ木師匠も10数年休み無く
自分の芸を磨き続けて来たわけですよ。
とがっていく自分自身、それは同時に磨り減っていく
自分自身な訳で。そこにある歴史とドラマに
思いを馳せてしまいますよなぁ。うん。

磨くことは磨り減ること。
最近それを感じてます。オス。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする