2017年02月08日

バンドは好きかい

関西ツアーから帰ってボロボロのまま四谷へ。

しかしリハーサルの音をフロアで聞いていたら一気に覚醒。
そうか、たしかにこの12年間4日間もアウトブレイクの
音を聞かずに過ごした事が無かったのだ、俺は!!!

関西ツアーでお邪魔した会場はとても音が良くて
感激しきりだったんだけど、やはり自分の家のメシは美味い!!(笑)
あ〜俺はこの音で過ごしてきたんだなぁというフィット感。

それと同時にやっぱり俺はバンドが好きだなぁ、と実感。
時になにか好きなものから離れるというのは大事だな。
当たり前は当たり前じゃないのだ。

昨日はGCACとロビン色ノ空のスプリット音源レコ発。
どっちも僕が丹精こめて録音させてもらいました。
お互い初めましての2バンド、俺が無理やりくっつけた。
きっと楽しい化学反応があるだろう、と。

ライブハウス店員がバンドにしてあげられる事は
本当に僅かなんだ。その僅かの1つにバンド同士をくっつけるってのがある。
お客さんの共有が目的もあれば、刺激を貰って欲しいってのもあるし
なにより今自分達がやってるバンドというのは
奇跡的なもんなんだぜ、というのを違うバンドを見て思って欲しいのだ。

さて、そんな訳で昨日の夜はみんな楽しんでくれたかな。
ロビン色ノ空はお酒に負けてて(笑
GCACはコーラスで撃沈してた(笑

どちらも精進であります。でもバンドマンだったぜ、お疲れ。

終演後レコーディング1本。快調。
無事に店長モードにスイッチング完了の1日でした。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

Andare関西ツアーに行って来ました

週末、スタッフの皆のご好意に甘えて東京を離れ
Andareのメンバーとしてギターかついで関西へ。

2/4 京都nano
2/5と6 扇町para-dice

ライブハウスの人じゃなくバンドのギターとして。
久しぶりの演奏旅行、充実の3日間でした。

事件さえ起きなければ・・・
嘘みたいな本当の話です。
集合場所が見つからず空港をウロウロしていたら
ん?と思ってメールを見たら!!!!

リアルに目の前が真っ黒になりましたよ。。
半ベソかいて係員のお姉さんに言ったら
バスが出てるという事でダッシュ。
早めに着いたのが幸いしてギリギリで飛行機に飛び乗りました。

そこから京都へ。
nanoはずっと行きたかった場所。
店長のモグラさんの動向は常々チェックしていたので
お話できて嬉しかった。
店長がPAをやる安心感って本当に凄い。
この日はフェス形式でリハ時間もあまりない中で
ギターの音作りに丁寧なアドバイスを貰う。

なんせAndareやるまでピアノと一緒に演奏をする機会が
なかった為に練習からいつも音作りは試行錯誤。
そんな中でのアドバイスだったので非常にありがたかった。

つまりベースが居ない時に僕は低音を担当せねば!と
思っていたんですがピアノってやつはギターなんかより
はるかに低音が出るわけでして、そこが喧嘩してた模様。
思いっきり低音切ったらスッキリ。おーナイス。

nanoは外音の全てがボーカルの為に作られていて
出演バンドの皆さんも本当に歌をちゃんと歌う人ばかり。
京都シーンの一端を見れて凄く良かった。
そしてストラト率が低く、まあるいクリーントーンの
バンドが多くて印象的だったなぁ。

終演後ビール。超巨大ジョッキでグイグイ。
そのまま大阪に移動して宿泊。ビジネスホテル大好き。

2日目

朝7:30に起床。今回の旅でどうしても行きたい場所へ。


生きるぞ!俺も!

佐藤"boone"学さん(@boone4649)が投稿した写真 -


映画「里にきたらええやん」の舞台。
西成のパワーをひたすらに吸収。難波屋で朝ごはん。
生きるぞ、俺も。街をひたすらに歩きながら。

2日目は扇町para-diceという会場。
アウトブレイクの半分位の大きさながら
店員さん達のキャラの濃さにクラクラ。強い。

リハーサルで昨日のアドバイスどおりに音作り。
とてもやりやすい。テンションもあがる。
小さい会場だと俺の真横がドラムになるのだけど
西川くんのパワフルドラムは音量大きくても
気持ちよいから特等席だ。たまに自分の音すら聞こえなくなるけど。

リハ後大きい大きい商店街を歩く。歩く。
流れ込む関西弁と喧騒。たまらんなぁ!!!!
スーパー玉出を物色。やはり最高の街だ。
赤ちょうちんだらけの飲み屋街を歩いて気分を高める。
Andareのライブ前は絶対にお酒を飲まないと決めているので
ひたすらに我慢。最近はこのサイクルにも慣れてきた。

本番30分の演奏時間はあっという間に終わってしまった。
途中で何度も笑っている亜耶子ちゃんを見て満足。
いつもその小さい背中に何故こんな声が詰まっているのかと
不思議でしょうがない。ライブ中に彼女の背中を見ながら
元気にパワーコードを弾いてお客さんの顔をみて笑うのが
俺の仕事だ。みなさんの色んな顔がよく見えました。ありがっと。

終演後、缶ビールと美味しいハイボールをたらふく頂く。
みなさんとても優しいので俺のポケットに入りきらない。
帰り道に何度も皆さんの優しさを落としては拾うの繰り返し。
最後にたどり着いたサイゼリアで撃沈。
あとからメンバーに聞いたら骨だけになったチキンを
延々と食べようとして皆を困らせたらしい。

Andareというバンドは亜耶子ちゃんと西川君のバンドだ。
2人編成だった時に全国を飛び回ってライブをして
今回は新しくなったバンドとして関西に来た。
そこに僕ともう1人のギター星くんが入ってる訳で。
お客さん達はどういう風になるのかな?と
期待と不安がいっぱいなのを僕達は知っている。

それでも声をかけてくれて連れてきてくれた2人に
全力で応えなければならないのだ。そういうもんなのだ。
朝、気がついたらベッドから転げ落ちていた。
机には東京から持ってきた譜面が散乱。
どうやら練習をしようとしていたみたい。実際出来たのかは謎。

3日目
西成のモーニングを食べようと思っていたけど2度寝。
あわてて電車に飛び乗る。周囲の視線を感じていたのだけど
女性専用車両に乗ってたみたいだ。東京だと朝のラッシュ以外は
共有になるので油断していた。外人のフリをして逃げる。

西成には動物園があるのだ。そこでぼーっとしてみよう。


OK!そういう日もあるよな。そうだ、銭湯もあったんだ。


OK!大阪OK!!問題ない。
また街を歩く、ひたすらに歩く。
途中で見たこともない部位のはいったホルモン焼きうどんをたべる。
最近意識的に小麦粉を抜く生活をしていたのでパンチ大。クラクラした。

そのまま歩いて2駅分、天王寺Fireloopにやってきた。
ホシヲさんに会いに。再会を喜んでライブハウスを見学させてもらう。
まだリハーサルも始まっていないのに良い音がする店だった。
お土産にJUNIORBREATHの新作を焼いて貰った、役得。

そのまま再び扇町に。
また延々と商店街を流す。喫茶店で茶。イメージトレーニング。
最終日は45分の時間を頂いているので曲が多い。
何度も何度も歌いながら自分のギターを重ねていく。
このバンドで僕は歌を殆ど歌わないけどほぼ全曲ソラで歌えるのだ。
曲のコードを覚えるのと同じ位に歌詞を自分に染みこますのが
大事だと覚えた。

リハーサル、最終日はお店のオーナーの瀧井さんがPAをしてくれた。
やっぱり店のPAを店主がやるというシステムは非常に素晴らしい。
すべてが完璧。不安要素なく本番に。

僕らは3本のライブだったけど亜耶子&西川は4本目。
さすがに体力的にもつらそうだ。背中が痛いと亜耶子ちゃんは言ってたけど
そんなのおかまいなしのパワフルなライブ。
背中が照明で焼けるように熱い中、がんばってギター弾いた。
ライブ中に何度も星くんと笑いあって満足。あの笑顔は癒しだ。

終演後は開放感も手伝って飲み散らかしてしまった。
ご迷惑かけた皆様すいませんでした。。。
どうやって帰ったかまったく記憶がない、いやはや。

しかしpara-diceは凄いライブハウスだ。
俺の好きなライブハウスが詰まっていたな。
あそこのビールには幾ら払っても幸せだ。
そんなこと思えるライブハウスって意外と少ない。

そして朝、ホテルの扉を星くんが叩いている。
たしか前の遠征でもそんな事あったな。

あれ?

あれあれ?

俺の飛行機は朝7時の便だ。
what is time

朝10時。絶望。飛行機のチケットを捨て新幹線。
最初から最後までめちゃくちゃだ。なんなんだ俺。
早速今月の生活費の殆どを使い切った。

今回の旅で思ったのだよ。
人に会いに行くってとんでもない事だ。
俺はいつもみんなが四谷に来てくれるから忘れていたよ。
みんな本当にありがとう。
電車に乗って街を歩いて人に会いに行く。
本当に凄いことだ。

ご一緒してくれた皆さん、連れていってくれたAndare
ありがとうございました。また会いましょう。お元気で。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

【エントリーは2/9まで!】7日間住み込みライブの詳細です。

さて、昨日ブッキングのカワノ君とバカ話を
していた時に、こんなアイデアが出て
「twitter出したら誰か来るんじゃね?ウヘヘヘ」
というノリで投稿したら大変な事に。。


まぁ、面白い予感しか無かったし
細かい事は後回しで!ってのが四谷なので
ちょっと驚きつつも、詳細をこちらにまとめました。
興味ある方はじっくり読んでエントリーお願いします!


-------------

7日間泊り込みライブ・詳細

期間:4/3(月)〜4/9(日)

・今回はバンドにこだわりたく、バンドのみの募集です。メンバー全員参加となります。
・参加枠1組のみ(応募多数の場合、こちらで選出させてもらいます。)
・毎日、四谷アウトブレイクにてライブ出演してもらいます
・チケットは100%バック、生活の全てはそのお金でまかなう
 但し物販の収入も生活費にあててOK
・食べ物は外で購入可、飲料は会場のみで購入(出演者割引あり)
・外出可(但し1時間以内、1日に2度まで)
・毎日銭湯(徒歩5分)に行く事
・飲食物の差し入れは認めません
・友人、お客さんの訪問はイベントOPEN時間から24:00まで
・時間不定期で生配信出演
・期間中に新曲を必ず作る、5日目深夜にREC、最終日に販売する
・スタッフ入り時間までには起床し寝床を片付ける
・法律を犯さない
・毎日かっこいいライブをする

以上の条件にOKして頂き、参加希望の方は
boone4649@gmail.com
に件名「7日間ライブ参加希望」とご記入の上、ご連絡ください。
参加バンドが複数居た場合、こちらで1組選出させて頂きます。

エントリー締め切りは2/9、バンド発表は2/12となります。

---------------


反響の大きさに乗じてかなりハードルを上げさせて貰いました。
興味ある!って方から連絡幾つか貰ってるけど
これで本エントリーなかったらそれはそれで面白いな・・・

そしてこれは完全に後付けって事にして
照れ隠しをしようと思っているんですが
僕なりにちょっとは考えてるんですよ。

まずお金のこと。
チケット100%バックって事は店の売上げないっすよね?
しかも住むって事は光熱費もかかるよね、請求しないよね?
お金だけでいえばアウトブレイクにいい事あんまりない!!

でも、これで俺はバンドに体験してもらいたい事があるのよ。
この企画を見て「面白い」って思ったバンドに問いかけたい事あるのよ。

それを勝手にライブハウス先輩と思っている(現在は引退されてます)
春日井さんが実に的確に語ってくれていたので引用。



はい、そういう事です。

さーお互いの意地と信用と信頼とバカババカしさを
かけた勝負が始まりますよ。こっちは本気だからな!!!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 20:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BBG48×おいおい教バンドMANフィニッシュ!

昨日は2マンライブシリーズの2回目。
まーこのコッテリな2組がやるんだから気合入ります。
特典も作って、コラボ練習もして、ゲストも強力なのをお誘いして。

普段5組前後をブッキングするのとは全然違う感覚。
売上げ的にも内容的にもプレッシャーがかかります。
ただ、この1つのイベントに対する熱量ってのは
バンド数関係なく、毎日持ち続けてなきゃいけないよな、と
背筋が伸びた1日でした。
ご来場いただきました皆さん&中野坂上デーモンズの憂鬱と
DJ担当してくれましたオッチーさんに超感謝であります!!

BBG48はやっぱり僕の大好きなアイドルでした。

全力疾走、後ろを振り返ることなく所定の位置まで走ったら
誰に当たるかも臆することなく木製バットをフルスイング。
ボールにも味方にも観客にも当たったり当たらなかったり
下手したらそのまま自分をぶん殴ってしまうかのような
全力さはとても美しく、儚く、ワクワクしました。

ラストは僕の一番好きな曲でもあるスーパーガールを
バンド演奏でやらせてもらいました。
これが練習してみると本当に難しくて合同稽古で
だいぶ冷や汗でましたが、なんとかかんとか。

BBG48は曲が本当に凄いんですよ。
インダストリアルであり歌謡でありハードコアパンクである。
しかも打ち込みのレベルが高くてコピーしようとして
その楽曲の複雑さとそれをキャッチーに消化する技術に
ふえーーーーとなったものでした。

滅茶苦茶でヘンテコなんだけど確かすぎる理由があるってのは
本当に僕の心を動かします。ゲテモノ〜!とだけ思ってる人がいたら
それは超大間違いだぞ!!!!!!

我々おいおい教バンドも昔懐かしい曲のリメイクや
長尺でしかやれな曲と儀式のオンパレード。
本番前、すごく神経質になっていた教祖が最高に笑えた。
あんな人でも緊張するんだなーーー笑

次回の2マンは5/7に決定いたしました。
ゴールデンウイーク最終日の憂鬱を一緒に蹴り飛ばしましょう!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

我を通す

昨日は伝説のストリッパー2代目・一条さゆりさんによるイベント。
踊り子さん達が沢山でキラキラして粋な夜でございました。
もうね、リハーサルからキャッキャしてて最高。
きっと劇場の楽屋というのもこういう感じなんだろうな。

踊り子さんってのは身体ひとつで全国を飛び回って
舞台に上がるプロ中のプロ。エロを1つ通り越して
芸術というか、スゲー!ってなるから凄げぇ(笑

リハから色んな踊り子さんが強力して皆のご飯を作ってくれたり
ショーの準備をしたりして。本番中も店の売上げ伸ばさなきゃね!って
率先してお客さんからドリンクの注文をとってくれて
お客さんもバシバシ踊り子さん達に奢りまくって。

色んな応援の形があるけど、こういうのって気分いいよなぁ。
エンターテイメントをお金に換えていくっていう宿命を
ここまであっけらかんと楽しそうにやれるのって
本当にプロフェッショナルだなぁ、と打上で毎度感激します。

勿論その裏側には踊り子の数だけ悩みや葛藤があるはずで
しかしそんな姿はお客さんはおろか我々裏方にさえも見せない
その姿勢に僕は毎回やられてしまうのです。

皆様お疲れ様でした!!!またすぐ次回。

そしてそんなに語っておきながら
夜中に僕は中抜けさせてもらって渋谷O-EASTに。
高校生の頃から大好きだったthe WiLD HEARTSが
来日ということで行かざるを得ない。

しかもオープニングアクトに流血ブリザード(笑)
おそらくチケットを買った僕を含め全観客が
「なんでやねん!!!!!!」と思った事でしょう。
僕もまったく同じ気持ちです、安心してください(笑

しかし運命とは奇なるもの。
高校の時に前座がやりたくてやりたくて
来日の度に終演後チラシとかデモテープとか
メンバーで配ってたっけなぁ・・・

肝心のライブは流血は超アウェーの中で
見事に流血ブリザードをやり抜くというパァァァンクなライブ。
ちょっと感動しちゃった。

そしてtheWiLDHEARTS。
もう今、何歳なんだろう?勿論昔に比べればジャンプも出来ないし
声もキツそうな場面が沢山あったし、メンバー僕が好きだった頃とはずいぶん違う。
それでもtheWiLDHEARTSは俺のロック原体験であり青春なのだ。

当たり前なんだけど、10代頃に見た感動とは
違う気持ちで四谷に戻った。
あの頃とはバンドも俺も違うけど、こうやってまた会えたってのが
すっげー事だよね。ありがとうジャンジャー!!!!!!!

ドモアリガト!



じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 20:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする