2016年12月09日

生誕祭なんにちめだっけ?

1日の情報量が多すぎて目の前にある
喜びを食い荒らすので精一杯。
インターネット触れる時間なさすぎる。

その中でも昨日は僕としても
思い入れたっぷり。
ライブハウスの俺の大好きな歌を
集めまくった夜でした。

Andareでギター弾くというのは
僕にとって本当に特別な事なので
こうやってみんなと一緒に
あの歌を聴けたのが嬉しかったし
俺も届ける側として素敵な演奏の
一端を担えて感激でした。

そしてあるはるかの新曲を聴けたのも良かった。
ついにあの言葉を自分で書けるようになったのか
ネクストステージ、また強くなったなぁ。。。

楽屋裏で聞いていたドブロク。
カンジさんの言葉がいちいち身に染みた。
ロックを両手に掴んだ男とはこうにもかっこいいのか。

カツマーレー&The SOULKITCHENは
飄々とパーティーチューンを。
同い年で地元も近いマチーデフさんのラップは
やっぱり声の通りと聞こえ方がプロだったなぁ。
最後なぜか俺もフリースタイルを披露

ワタケン久しぶりだったけど
やっぱり名曲。ライブハウスを主戦場にしない彼等が
こうやって機会あると来てくれる事に感謝

最近思うことがとても沢山あって
それは歌の言葉とメロディーラインを支えるのは
コードのルートの音だという事。
厳密に言うとルートじゃないのかもしれないけど
1つのメロディーに対して同じ時間軸で鳴っている
一番低い音の動きが超大事なんだよな。

ベースがいないバンドでも、弾き語りでも
メロディーと言葉が存在している音楽は
全部そうなんじゃないかな、と。
もしかしたら凄い当たり前の事なのかもしれないけど
Andareやってると本当に実感するのであります。

ドブロクの原田さんが、佐藤君はチェロの役目なんだね!って
言ってくれて「ソレ!ソレ!!それっす!」と嬉しくなった。
日々精進。あの2人が僕を選んでくれた事を自慢できるように。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 14:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする