2016年09月30日

おせっかい

ライブハウスやって毎夜色んなバンドのライブを見ています。

勿論、バンド毎に目的があり意味がある訳です。

・少しでも知らない人の前でやってみたい
・友達の企画ライブに誘われた
・場数を踏んでステージ慣れしたい

まぁバンド毎に様々ですよね。
そんで、やっぱりステージに立つ理由が
重ければ重いほどに音楽や内容は濃いものに
なると思うんです。

それは日頃の練習とか、準備段階からそうじゃないですか。
なんとなく月2でライブやろうぜって活動する半年と
シングル3枚だす!ってやる半年って全然違うでしょ。
お客さん増やそうぜ!って頑張る3ヶ月と
1マンライブに向けた3ヶ月って全然違うじゃないですか。

でもライブハウスの人ってそれ言わないんですよね。
だってなんとなく毎月特に理由もなく出てくれたほうが
お金になりますから。そりゃ目先のライブ誘うっしょ。

数年前から、僕はそのサイクルに完全に
放り出されてしまったんです。
意味ある日に誘いたい。意味ある夜にして欲しい。
そう思って始めたのが昨日のシリーズです。

その内容ってのは
面識ない2つのバンドのスプリット音源を俺が作る。
でレコ発ライブを俺が組む。

という本当におせっかいな企画。
バンドにしてみたらこれ、迷惑だよなぁ(笑
しかもこれを3作品3レコ発やれっていうんだぜ。

でも俺としても思惑は一応ちゃんと考えてあって

・強制的に新曲を作るペースを上げさせる
・定期的にレコーディングする
・全く知らなかったバンドと刺激をわかちあう
・3回やることでお互いのお客さんの共有

と、考えてたんですね。
そんな企画も3組目なんです。
昨日はその初回、初顔合わせレコ発(笑
THE STICKMANとthe GUM boysの
根っこは同じだけど違う進化を遂げたバンド2組。
俺としてはしてやったりだったんですが
皆様どうだったでしょうか?

意味がないなら、作ればいい。
それはバンド発信じゃなくても全然いいんですよね。
自分の大いなるワガママやおせっかいも
ちゃんと道筋を示せれば、それはバンドの先を
照らす光になるんだ、と信じています。

そのくらい思わないと、この仕事やれないよね。
現在このシリーズに参加してくれているのは

ジギジギボーイズ×暗黙のストライカーズ
SEVENDAYS WEEKEND×The Chunleez

です。参加したいバンドいたら何時でもおせっかいさせてください。

じゃ、四谷で。



posted by Boone! at 20:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする