2016年09月27日

新宿路上にて

昨日は久しぶりのはちきんガールズが四谷に帰還。


紆余曲折を経て、今もなお元気に笑う女子は可愛い。
そんなの問答無用に可愛い。そんなもん仕方ないのだ。

ライブが始まるのを見届けてから新宿へ。
バクシーシ山下監督と中華料理屋にて密会。
うまくいくといいのだけれど

ちょっとだけ早く着いてしまい雨も降ってたので
どうしたもんか、と思っていたら隣になにやら
アルミ箔だらけの倉庫みたいなカフェスペース発見

いかにも!というお姉さんがカウンターにいて
いかにも!というお兄さんがお酒飲んでた。
俺もいかにも!って感じでビール1杯

聞いたらお兄さんはこのスペースで11月に
広島の伝統芸能「神楽」のライブを企画してるそうな。
ロックバンドと一緒にやったらいいですかね?という
アイデアに、このスペースならDJとかビートボクサーとか
MPC叩きの人がいいんじゃない?と適当にアドバイス。
リハーサルの時間もとれない、時間も迫ってるので
割と的確なアドバイスだったと思う

街、場所、人、音楽
出会おうと思っても出会えないけど
ふとした時に色んな人に出会うじゃないですか。

その「ふとした時」ってなんだろう?って考えてたら
どう考えても「お財布に余裕がある」なんですよね。
昨日のカフェもメニューなんて外に無いから
1000円しか持ってなかったら絶対入らないもんな〜
結果チャージ含めてハイネケン1200円なり。

おとなパワーだいじ。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 22:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四谷に高円寺の風、吹く。

あれ、なんかアップされてなかったので。昨日の日記。

-----------

昨日は四谷の深夜番長オッチーさんと
高円寺のスーパーマン・コマツさんの企画でした!!


高円寺でやったら、きっと色んな事が
スムーズにいくのにわざわざ四谷で
やってくれるそのセンスの良さよ。

高円寺という特殊な街のバイブスは
果たして四谷でグルーヴするのか?
ちょっと心配だったんですけど、いざ始まってみれば
THIS IS 高円寺!(僕の勝手な感想です)でした(笑

パンク、ハードコアというイメージが強いけど
やっぱり中央線ニュー4畳半ダンスフロアが
僕の高円寺でした。まさにそんな素晴らしい出演者が
2ステージ制で6時間、駆け抜けました。

主催のお二人の苦労は計り知れません
本当にありがとうございましたーーー!!!!
時間をおうごとに会場のアルコール度数が
上がっていき、ラストに爆発!理想な1日でした。

特に感激したのは
劇団・中野坂上デーモンズの憂鬱でした。
ライブハウスサイズにバージョンアップされた芝居は
長尺ながらお客さんを見事に集中させてラストまで
駆け抜けました。すげーー!超面白かった。
いわゆる小劇場の「らしさ」を意図的にそぎ落とそうと
している工夫が随所に見えてツボでした。

そしてバンドでは匿名希望がグレイト。
オルタナ、エモをベースにしながらも
デスボイスでめりはりをつける感じは
90年代を飛び越えて2016年な雰囲気ある。
超四谷っ子にしたい!!良いバンドだった!!!

そして弾き語り勢では豊田さんが素晴らしかった。
飄々と心の隙間にあったかい風を吹かせまくってた。
うへ〜〜〜世の中には凄い人がやまほどだ。

四谷と高円寺、近いようで遠いな〜と思っていたけど
昨日はそこに秘密の近道を発見した気分でした。
みなさまありがとうございました!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする