2016年09月30日

おせっかい

ライブハウスやって毎夜色んなバンドのライブを見ています。

勿論、バンド毎に目的があり意味がある訳です。

・少しでも知らない人の前でやってみたい
・友達の企画ライブに誘われた
・場数を踏んでステージ慣れしたい

まぁバンド毎に様々ですよね。
そんで、やっぱりステージに立つ理由が
重ければ重いほどに音楽や内容は濃いものに
なると思うんです。

それは日頃の練習とか、準備段階からそうじゃないですか。
なんとなく月2でライブやろうぜって活動する半年と
シングル3枚だす!ってやる半年って全然違うでしょ。
お客さん増やそうぜ!って頑張る3ヶ月と
1マンライブに向けた3ヶ月って全然違うじゃないですか。

でもライブハウスの人ってそれ言わないんですよね。
だってなんとなく毎月特に理由もなく出てくれたほうが
お金になりますから。そりゃ目先のライブ誘うっしょ。

数年前から、僕はそのサイクルに完全に
放り出されてしまったんです。
意味ある日に誘いたい。意味ある夜にして欲しい。
そう思って始めたのが昨日のシリーズです。

その内容ってのは
面識ない2つのバンドのスプリット音源を俺が作る。
でレコ発ライブを俺が組む。

という本当におせっかいな企画。
バンドにしてみたらこれ、迷惑だよなぁ(笑
しかもこれを3作品3レコ発やれっていうんだぜ。

でも俺としても思惑は一応ちゃんと考えてあって

・強制的に新曲を作るペースを上げさせる
・定期的にレコーディングする
・全く知らなかったバンドと刺激をわかちあう
・3回やることでお互いのお客さんの共有

と、考えてたんですね。
そんな企画も3組目なんです。
昨日はその初回、初顔合わせレコ発(笑
THE STICKMANとthe GUM boysの
根っこは同じだけど違う進化を遂げたバンド2組。
俺としてはしてやったりだったんですが
皆様どうだったでしょうか?

意味がないなら、作ればいい。
それはバンド発信じゃなくても全然いいんですよね。
自分の大いなるワガママやおせっかいも
ちゃんと道筋を示せれば、それはバンドの先を
照らす光になるんだ、と信じています。

そのくらい思わないと、この仕事やれないよね。
現在このシリーズに参加してくれているのは

ジギジギボーイズ×暗黙のストライカーズ
SEVENDAYS WEEKEND×The Chunleez

です。参加したいバンドいたら何時でもおせっかいさせてください。

じゃ、四谷で。



posted by Boone! at 20:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

到達地点

昨日はバラエティー豊かすぎなメンバーにて
夜を泳いでおりました。
Sparky Quanoの1曲目が最高の
アンビエントテクノで素晴らしかった・・・

音楽、というかバンドやブッキング、運営に
悩み疲れてもそれを吹き飛ばすのは音楽。
自家中毒というのか、なんというのか。

夜中はレコーディング1本。
録音で重要なのはどこで線を引くかです。
プロジェクトの到達地点を見極める。
それは予算や販売方法・規模とかに
よって同じバンドの技術でも変わってくるもの。

単純に言えば納期も予算もあれば
延々とレコーディングスタジオで
練習してりゃいいだけですからね。
ただそんな事は夢のまた夢な訳です。

だからこそ、その録音に対してしっかりと到達地点を
見極めて準備する事が大切なのだよな。
そしてそれを全員で共有すること。
それがレコーディングのコツだと思っております。

昨日もバンドはもがきまくって、その到達地点を
目指して奔走。その後姿を俺はそっと押すのみ。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 23:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

歌心

昨晩、ライブハウス界で数少ない友人の鈴木くんと
喋っている中で、結局の所我々はどんな仕事場でも
なんとか楽しく生きていける気がしてる。

職種はどうあれ、そこに楽しい事を発見する力が
なんとなくあると自負してるからなのですよ。
そしてその「最終的にどうとでもなるわ!」という余裕が
今のライブハウスという現状にフルスイングできる要因だと
思っているわけです。

昨日はアウトブレイクのブッキングマネージャー・ジュンの
自主企画「縦音無尽」の19回目。
四谷の思い出ジジイとして名を馳せる彼は
俺とはまったく違うタイプのライブハウスマン。

バンドとの距離感を徹底的につめながら
未来を見せるというよりは一緒に走るタイプ。
無駄にアツい感じとか、ヤンキー気質な所とか
含めて俺とは真逆。ゆえに四谷のバランスを
とるのに重要な男です。

そんなヤンキーの企画らしくアツイバンドが
集まってくれました。みな第一線を駆け抜けるバンドマン。
ちょこちょこフロアを見ながら僕もお仕事してました。

で、思ったのが「歌心」なんですよね。
かっこいい曲なんだけど、なんかピタっとはまらんな〜と
思う時は大体これ。メンバーの歌心がアンサンブルを
決めているような気がします。

昨日は色んなジャンルのバンドでしたが
ドラムのハイハット
ギターの白玉(ジャーンってやつ)
ベースの8分
この3つに歌心があるバンドは1つ抜きに出てました。
やっぱり歌って重要だな・・・

終演後は悪巧み打ち合わせした後に
朝レコーディングの準備したりとフルスロットル。
途中打上に乱入して鳥貴族の山芋鉄板焼きを
ひとりで食べまくって撃沈しました。

秋だな

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 17:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

新宿路上にて

昨日は久しぶりのはちきんガールズが四谷に帰還。


紆余曲折を経て、今もなお元気に笑う女子は可愛い。
そんなの問答無用に可愛い。そんなもん仕方ないのだ。

ライブが始まるのを見届けてから新宿へ。
バクシーシ山下監督と中華料理屋にて密会。
うまくいくといいのだけれど

ちょっとだけ早く着いてしまい雨も降ってたので
どうしたもんか、と思っていたら隣になにやら
アルミ箔だらけの倉庫みたいなカフェスペース発見

いかにも!というお姉さんがカウンターにいて
いかにも!というお兄さんがお酒飲んでた。
俺もいかにも!って感じでビール1杯

聞いたらお兄さんはこのスペースで11月に
広島の伝統芸能「神楽」のライブを企画してるそうな。
ロックバンドと一緒にやったらいいですかね?という
アイデアに、このスペースならDJとかビートボクサーとか
MPC叩きの人がいいんじゃない?と適当にアドバイス。
リハーサルの時間もとれない、時間も迫ってるので
割と的確なアドバイスだったと思う

街、場所、人、音楽
出会おうと思っても出会えないけど
ふとした時に色んな人に出会うじゃないですか。

その「ふとした時」ってなんだろう?って考えてたら
どう考えても「お財布に余裕がある」なんですよね。
昨日のカフェもメニューなんて外に無いから
1000円しか持ってなかったら絶対入らないもんな〜
結果チャージ含めてハイネケン1200円なり。

おとなパワーだいじ。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 22:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四谷に高円寺の風、吹く。

あれ、なんかアップされてなかったので。昨日の日記。

-----------

昨日は四谷の深夜番長オッチーさんと
高円寺のスーパーマン・コマツさんの企画でした!!


高円寺でやったら、きっと色んな事が
スムーズにいくのにわざわざ四谷で
やってくれるそのセンスの良さよ。

高円寺という特殊な街のバイブスは
果たして四谷でグルーヴするのか?
ちょっと心配だったんですけど、いざ始まってみれば
THIS IS 高円寺!(僕の勝手な感想です)でした(笑

パンク、ハードコアというイメージが強いけど
やっぱり中央線ニュー4畳半ダンスフロアが
僕の高円寺でした。まさにそんな素晴らしい出演者が
2ステージ制で6時間、駆け抜けました。

主催のお二人の苦労は計り知れません
本当にありがとうございましたーーー!!!!
時間をおうごとに会場のアルコール度数が
上がっていき、ラストに爆発!理想な1日でした。

特に感激したのは
劇団・中野坂上デーモンズの憂鬱でした。
ライブハウスサイズにバージョンアップされた芝居は
長尺ながらお客さんを見事に集中させてラストまで
駆け抜けました。すげーー!超面白かった。
いわゆる小劇場の「らしさ」を意図的にそぎ落とそうと
している工夫が随所に見えてツボでした。

そしてバンドでは匿名希望がグレイト。
オルタナ、エモをベースにしながらも
デスボイスでめりはりをつける感じは
90年代を飛び越えて2016年な雰囲気ある。
超四谷っ子にしたい!!良いバンドだった!!!

そして弾き語り勢では豊田さんが素晴らしかった。
飄々と心の隙間にあったかい風を吹かせまくってた。
うへ〜〜〜世の中には凄い人がやまほどだ。

四谷と高円寺、近いようで遠いな〜と思っていたけど
昨日はそこに秘密の近道を発見した気分でした。
みなさまありがとうございました!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:17 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

俺達がそう見えたか?

週末、スタッフ総出で朝から朝まで。
毎度僕のワガママに付き合ってくれる皆さんに感謝。

昨日は朝から大学生サークルライブ。
医学部の軽音という事で色々爽やかで華やか。
大学生イベントで俺が好きなのは
学校ごと、サークルごとで色が全然違う所なのだよな。
さすが医学部だけに先輩が気前良く後輩達に
ご馳走していく様は見ていて圧巻でありました。

で、また女の子が奢られるの上手なんだよ(笑
そういう人生というか世渡りの縮図みたいなのを
朝から垣間見てホクホクしてました。
医者も人だからな、ドクターK目指して頑張ってください!!

夜中は四谷で2回目の開催となるグラインドカオス。
ここには書けない事しかないので書かない。
しかしながら毎度イベント主催、スタッフの皆さんの
心意気と礼儀正しさ、そしてショーを魅せるという点においての
プロ根性と程よい適当さに頭が下がる思いです。

無茶苦茶やるからこそ、しっかりする所はしっかり。
こういうバランス感覚が僕は大好きなので
勿論イベント内容として超先端なので好き嫌いはありますが
そのフルスイング含めて大尊敬のイベントでした。

で、走りきったスタッフと明け方掃除を開始する訳ですよ。
盛り上がったイベントで店が汚れるってのは嬉しい事なんです。
ベッタベタの床もビショビショのトイレも掃除し甲斐がある。

ただ1点残念な事がありやんした。

店の壁やらトイレの鏡やらいたる所に落書きが。
ヒップホップ的なアレですね。がびょーん・・・

とりあえず冷静な僕の見解としては

・落書き、したい気持ちは解るけど場所を選んで欲しい。
→ステッカーすら貼ってない綺麗な壁に書くか?

・せめて格好良く書いて欲しい
→書かれた物は僕の感覚ではかっこ良くなかった。

です。とりあえず申し訳ないけど全力で消した。

誰が悪いってのにも最早興味がなくて、普段だと
主催の人とかに「はい!!消してって!!」って
激オコするんだけど、なんかそんな気分でもなく。
主催にしたらとんだ迷惑だもんなぁ。。。

ライブハウスって自由で多様性があって
良いのも悪いのもごちゃ混ぜだから好きなんです。
だからこそ、その線引きのセンスの良さが
お客さんにも出演者にもスタッフにも問われる訳ですよ。
もちろん店にも。

お客さんがそういう事をするってのは
「この店だからいいや、このイベントだからいいだろ」
と思われたって事ですからね。
そういう意味では俺が一番反省だわ、、、しょぼん。

そんな風に見えたか?
そんな店に見えたか?
そんなイベントに見えたか?

みんなが一所懸命楽しんでもらおうと
限られたスペースと人員とで気を配って
主催もスタッフも奔走してたじゃんか。
その姿を見つけられなかった?無秩序に見えた?
ちょっと悲しくて、明け方から揚げ食いすぎたわ!バカ!!


という事で、今一度言っておこう。


落書きを本気でしたけりゃ、プレゼンしてこい!!
かっこよければ店の壁を貴方の為に渡そうじゃないか。
それくらい別にいいんだよ!!!!!!
ま〜そもそも許可とるなんて落書きじゃないのか(笑

昨日のは佐藤見解でダサかったから却下!
すいませんね。消しちゃったよ、写真も撮らなかったよ。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 13:32 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

ちゃんとした酔っ払い

昨日はライブハウス界のお酒といえばこの方々。
中出し少年のレコ発でした。
見事に泥酔者続出で最終的には
普段一番酔っ払ってやらかすメンバーが
お客さんを介抱してフィニッシュするという
面白展開に心打たれました。

あの人達ムチャクチャだけど
しっかりしてる所は超しっかりしてるからな・・・
ありがとうございました!!!

そんな中出し少年の新音源が
10/10前後から新宿タワーレコード8Fで
発売されます!!
恒例の「地下室からの挑戦状」とちう新宿近辺の
ライブハウスオススメバンド展開コーナーです。

名前ではじかれないか心配ですが(笑
皆さん是非お買い求めください!1000円!!!
名前はゲスだしライブもゲスいけど、
音源超かっこよくて最高ですから!!!!!!

飲みたいのを我慢して深夜はレコーディングと
ミックスの締め切り間近をやっつけました。
明け方ちょこっとお稽古して床ダイブ。
最近寒くなってきたので注意が必要です。
季節を床で感じる男、佐藤。

昨日床にゴロンとしながら一日の事を考えていて
中出し少年が最後の曲で「酒もってこーーい!!」って
なったんだけど、BARで頼むんじゃなくて
フロアにあまってる酒を片っ端から飲んでたのを
思い出して感動して寝ました。

酒の1滴は血の一滴。
だからちゃんとした酔っ払い大好き。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 22:27 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

でかい

昨日は福井の巨人、松波さんを迎えての弾き語りライブ。
最初の一音を聞いただけで「デカイ!!」と笑いたくなるほどの
スケール感でびびったっす。


まさに昨日の1曲目

松波さんは東京でバンド活動をしていて
地元福井に戻ってから本格的に
弾き語りをはじめました。

住んでる土地っていうのは作る音楽の
スケール感に影響するのかもしれないな。
沖縄の人の歌は沖縄の広さを感じるし
北海道の人は北海道の大きさ、を感じる。

でかい/ちいさいじゃなくてその広さを感じるんだよな。
なんだろう、不思議だ。
僕は東京の四谷の小さい地下室の音が
するのだろうか、自分じゃわからないけど。

最近感動したこと、これ。
わかるかな、この日じゃないけど動画ver



うわあああああああ!メーヴェじゃんかあああああああ!!!!
飛んでる!!!!!飛んでるよおおおおおおおおお!!!!!

もうさ、夢しかない。

なんでこの人はこんな事をしたのか解らないけど
無関係な僕にも強烈にストーリーが飛び込んでくる。

きっとお金も時間もすげーかかったはず。
おまけに失敗したら絶対死ぬヤツだし
完成までどれだけの苦労があったかも想像できない。

その1つ1つの物語が「飛んだ」という事実で
一気に点が線となり現実の物語となる瞬間。
いやーーーまじで感動した。

メーヴェだぜ、だって。。。

そんなわけで昨日は強烈な感動を胸に撃沈。
いつも以上に幸せな床でしたわ・・・

じゃ、四谷で。
続きを読む
posted by Boone! at 22:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

この感動はどこから生まれてきたのだろう

昨日は雨の中をあっちゃこっちゃと。

まずは新宿アンチノックでおいおい教バンドのライブ。
素晴らしい豪華出演者に囲まれて2番目。
ここ最近の我々は教祖のパワーをなるべく損なう事無く
ロックに仕上げる魔法を身につけてきたかのように思う。

ライブ後に水中、それは苦しい。のジョニーさんが
「流暢でした!佐藤くんが進行役なんだね!」と
言ってくれたのが嬉しかった。見抜かれてるわ・・・

おいおい教に関して言えば、もうチャックベリーなんですよ。
教祖が好き勝手やる事に我々がついていく。
でも教祖は不自由から自由を生み出して笑いを作る人なので
簡単な枠組みだけは用意して無いとダメなんですよね。

それがおいおい教の場合はロックバンドという枠でした。
AメロがあってBメロがあってサビがある。
そういう古典みたいな枠で教祖を遊ばせる(笑
そんなのが今のおいおい教なんですな。

珍しく解説などをしてしまいましたが
ご来場いただきました皆さんありがとうございました。

で大阪からのハイファイコーヒーズを見届けて
後ろ髪引かれつつ四谷へ帰還。
the8flag企画のラストを見る為に戻ってきました。

今のthe8flagは本当に素晴らしい。
ロックバンドの栄光と挫折を全部飲み込んだ
現在進行形の音楽。問答無用で感激しました。
同時にアウトブレイクスタッフの素晴らしさよ。
音響・照明ともにバンドを知り尽くした完璧な内容。

昨晩、彼等を一番バンドとしてかっこよく見せれるのは
四谷アウトブレイクのスタッフ達でした。こっちにも感激した。
で、そんな素晴らしい働きを見せてくれる中
全てを忘れて最前列でガッツポーズする俺(笑
全然働かなくてごめんなさい。

最近、自分の中でも悩んでいた事があったんですよ。
おいおい教はあんな感じだから良いとして
最近一緒にやっているAndareはその圧倒的な
2人に食らい下がりながらギターを弾いています。

それで自分がギターを弾いてフロントマンとして
歌っているバンドがあるんですよ。
会社員のおっさん達、俺が一番年下。
でも俺がフロントマンなのです。
ロックンロールサービスという名前です。

当然の話なんですが、冷静に見ても
俺が今参加しているバンドで一番ダメなんです(笑
その理由は他ならぬ俺。
いざ自分がフロントマンになると音楽を通して
言いたい事なんか1つもないし、ギター持って
みんなとスタジオ入ってるだけで楽しいんだもん。
まさに草野球なんですよ。勝負の世界じゃない。

だからthe8flagにしろAndareにしろ
あれだけ他人を感動させる音楽に触れてしまうと
ウガーーー!!!俺はどうしたらいいんじゃー!!!と
頭を抱えてしまうんです。

前置きが長くなりました。
まぁ、そんな悩みも仕事で手一杯で忘れてるんですけどね!!

でも昨日はなんか1つ光を見出した気がするのです。
素晴らしい曲を書くには素晴らしい体験が必要で
人を感動させるには、やっぱり自分が感動してないとダメですわ。

音楽でも映画でも恋人でも食べ物でも、お酒でもいいし。
なにかに強烈に心揺さぶられないと良い曲って生まれないですよね。
そこにどんなメッセージがあろうとも、その人のストーリーは
作者の意図とは別にどんどん楽曲に織り込まれていくのです。

そのストーリーの断片が自分の物語と繋がる瞬間があって
そういう時に人は強烈に感動するんだろうな。

結論:良い曲が書けないと悩むバンドマンは楽器を放り出して
遊びにいくのだ!恋をするのだ!面白い事に飛び込んでいくのだ!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

人と一緒にいるということ

昨日は昼がSinquacious、夜はCyclopsワンマンライブでした!
どちらも沢山のお客様にご来場頂き感謝感激!!!
両方とも最高のライブでしたな〜〜〜〜〜!!!!

最近、俺がバンドにも言うし、授業でも
口をすっぱくして言ってる事があって
自分達の物語とか文脈とかストーリーを
いかに美しくお客さんに見せるか。
そしてその自分達のストーリーを
お客さんとどうやって共有していくか。

これこそが集客とかに直結してくるから
その見せ方に気を使おうぜ。
音楽なんて好きなのやってりゃいいんだから
そこだけちゃんとやろうぜって。

そういう話をするんです。
昨日の2組はそれがちゃんとできていて
非常に感激しました。
僕も完全にその文脈に乗っかってしまった。
これって凄い事なのですよ。

Cyclopsは11月にウチのレーベルから
シングルをだします。うへへ、それだけで面白い。
さらにHMV渋谷でのインストアライブも決行。
あれが渋谷でインストア・・・担当さん良くOKだしたわ!
ありがとうございます〜〜〜〜〜!!!!!

それで昨日、本当に愛の溢れたお客さんばっかりで
その風景を後ろから眺めていて切実に思いました。
一緒に活動したり遊んだり、時間を共有する相手って
めちゃくちゃ大事だな、と。
その周りの人の性質というかキャラというか
そういうのに自分の人生って予想以上に引っ張られてる。

しょーもないやつばっかり周りに居たら
やっぱりダメな人になっていくと思うし
素晴らしい人だらけだったら、自分も素晴らしくなる。

なんかで社長とかが、一流になるには一流と付き合え!とか
言うじゃないですか。勝手なイメージですけど。
でも確かにそれも間違ってないような気がしてきました。

別にお金持ちの話じゃなくて
自分に一生懸命努力できて、自分をちゃんと好きになって
その愛を周りにも振りまける人の話です。
そういう人に囲まれて生きていたいな〜〜〜俺は。

そう考えると、やっぱりアウトブレイクがここまで
無事に?やってこれたのは遊びに来てくれる皆さんが
素晴らしいからですね。ありがたやありがたや。

さ、三連休最終日はビッグな夜になりそうです。
皆様もブチかましてくださいーーーーー!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 14:12 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

1ドリンク or 1おしぼり

今まで気にした事なかったけど
ちゃんとしたおしぼりが出てくる喫茶店って
本当にありがたいな・・・!!!!

嗚呼ライブハウスにもおしぼり欲しいよぉ!!!
という訳でおしぼりにまったく無知だったので
ちょっと調べてみたらシステム含めて非常に面白かった。

世の中のサービスは本当に
色んな工夫に満ち溢れている。
それと同じく、その創意工夫が無い所は
やっぱりどっかに消えて行っちゃうのだよな。

ライブハウスもまた然り。
世の中のサービスやエンターテイメントから
まだまだ多くの事を学ばなくてはならんですよ。
ライブハウスの外に出るといかにここが
ガラパゴスかわかります。ひー怖い怖い。

いや〜でもおしぼり制度のあるライブハウス
超うれしいわ・・・1ドリンクか1おしぼり選べるのとか
すげー面白い気がするんですけど。。。
受付にあの四角い機械があってホカホカのやつが
チケットの半券と一緒に渡されるとか夢しかねぇだろ!!!!

うおお、これは。。。俺の悪いクセが出てしまいそう・・・・

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 19:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

オトトイの学校

昨日は遂に常勤講師となりました
オトトイの学校にて授業1発かましてきました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

俺ごときがナニを偉そうに語ってるのかと
思いつつ、色々準備して頑張った。
誰かのヒントになってくれれば良いのだけど。

第一回はブランドの作り方というテーマで
今のアウトブレイクのイメージをどうやって
作ったかみたいなお話をさせてもらいました。

後半は今、秘密裏に勧めている企画の話。
これ面白いから形になったらうれしいなん。
次回は10/14にやります。
現在も絶賛受講生募集中ですよ。


終了後は生徒の皆様とガッツリ飲んで色々お話。
これをきっかけに色んな面白い事がスタートするなら
俺もやって意味があるってもんだ。うれしい。

授業でブランドってのは信頼を更新し続ける事で
作られていく!という至極まっとうな話をしましたが
失敗する時もダメな時もあるよね。
そんな時に助けてくれるのは10年前の自分です。
授業をやるたびにあの日の俺の異常な熱量が
今も背中を押してくれます。

さ、週末スタート。
皆様楽しい夜を泳ごうね

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 14:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

点と線と面

昨日は朝からAndareのお稽古。
2回のライブをやって身体になじんできたかと
思いきや演奏というナマモノと日々格闘。
日頃から0を1にするよりも1を10にするのが
得意と豪語する自分だからこそ、頑張り時。

バンドマンを支えると裏方に回ってはや10数年。
バンドマンじゃないからさ!と言い訳をしながら
楽しく草野球バンドで遊んで10年か。
今、ここで何一つ言い訳を捨ててギターを持つ自分が
不思議で滑稽で、その責任感の重さに
床に埋め込まれてしまいそうである。

とはいえ俺に与えられた役割は
単純明快で簡潔だ。
点と線を繋ぐ、線を面にする。
なんだ普段どおりじゃないか。

次回佐藤が参加するAndareは埼玉で行われるフェス
10/1GO-AROUND JAPANです。

よっしゃ!!本日はオトトイの学校で先生業。
どなたでも参加可能です。予約してなくても来れます!
20時からと遅いのでふらっと遊びに来てください。
学校って言っても俺の愉快なお喋りを90分聞くだけという
地獄のような嬢業です(笑
大丈夫!笑わせてみせるから!!!!!!



じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

広がる世界

昨日は喋りっぱなしの24時間だった。

まずは前日、打ち上げの余韻を引きづったまま
代々木ミューズ音楽院に。
たまーに先生をやらせてもらっているのだ。



「なぜアーティストは生きづらいのか」で評判の
手島先生に声をかけてもらっています。
ボーカル科やギター科など色んな生徒さんに向けて
授業をするのですが、これが楽しくて。

昨日は自分達の音楽を知らない人に届ける為には
なにが必要なのか?というテーマに沿って
色んなバンドのYOUTUBEを見ながら、飽きた瞬間を
生徒それぞれに聞いて考察するというのにしました。

そう書けば聞こえは良いけど
最終的には俺の大好きなビデオを見せて
どうだ!かっこいいだろう!!ガハハ!という
自己満足な内容(笑

結論としては、映像も告知もストーリー、文脈なくしては
友達以外には伝わらないという事を熱弁してきました。
お客さんと自分の音楽を繋ぐには
「良い音楽である」という超大前提の前にストーリーが必要なのです。

じゃあストーリーってなんなのさ?
というのを生徒さんとみっちり喋ってきました。
気になる?気になる??

先生のお仕事ください!!!

あ、お仕事ありました!!!!


もちろん当日フラっと来てもまだ席あるから大丈夫。
トークライブっぽく楽しくもありつつ
「おお!勉強になった!」と思って貰えるように
色々仕込んでまいります。よろしくお願いします!!

で、夕方学校終えて店に戻って下北沢へ。
月1恒例のトークライブ「ぶんちゃんとゆうちゃん」を
やりに下北ろく夜に。

今回は永遠のヒーロー、ロリータ18号のマサヨさんがゲスト。
お酒の勢いを借りて10代の思い出をご本人に
ぶつけまくって気持ち悪がられて大満足。
あの時の俺、ありがとう。

tagさんのベルハートークも最高。
芸人サイファー倶楽部もさすがの盛り上がりで
男女バランスや内容も良い感じだった!
皆様ありがとうございました。

催眠術にマジでかかったり
可愛い半裸の女の子にちょっかい出したり
素晴らしい夜でしたね。

次回は10/25アウトブレイクにて開催!
出演者こってり!!

ぶんちゃん(四谷アウトブレイク店長)
ゆうちゃん(下北沢ろくでもない夜)
Drエクアドル(ゴキブリコンビナート)
篠田美月(ブスID)
棗(SMバーDolce 女王様)
GEN(ビジュアル系バンド)
亀井 栄(LIVE HOUSE 小田原姿麗人)
VAKI(調子こきのグラップラー)
もとか(最強の無職)

楽しいので是非おこしくださいませ!!!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

THIS IS THE BAND

昨日は朱い鳥vol5でしたー!!!

MUSHA×KUSHAとSEGAREの強力なバンドと
我々おいおい教バンド、そして今話題のベッド・インによる
そりゃま〜濃い夜でしたな!!!!
ご来場いただきました皆さんありがとうございました!!

企画は主催の愛が宿ります。
昨日もみわっちさんのバンドとライブハウスに
対する暖かい愛情だらけの夜でした。

噂のベッド・インが素晴らしかったですね。
超初期にはアウトブレイクにも出演してくれたし
前のバンドでも出てくれてたし。色々と縁深く
久しぶりの再会を喜びました!

昨日の感想はコレ


バンドだったよ!ベッド・イン!!!超かっこよかったわ〜〜〜!!!

そして夜中は池さんと飲み倒して撃沈。
バンドマンとしてライバル店の店長として
やっぱり信頼できるし店長同士でいろんな話を
する機会ってやっぱり必要だな〜〜〜

色々インプット。
うひひ。

じゃ、四谷で。
続きを読む
posted by Boone! at 15:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

遊んでるんだよ!!!!!!!

全部が全部じゃないけど、ライブハウスに居ると
「遊ぶ」ことが仕事になったりします。
嘘みたいな本当の話なんですよ、これ。

例えばブッキングライブだって、実際に声かけたスタッフが
ムスっと後ろで見てたりとかライブ見てないとか
悲しい話じゃないですか。
それよりも自分のライブに最前列で飲み狂って
くれてた方が出て良かった〜って思いますよね。

そしたら次にイベント誘っても出演してくれたりするし
なによりその日一日、そのバンドを呼んだ意味みたいなもんが
出演者、スタッフ側に非常に分かり易くなる訳ですよ。

ま、これは勿論理想論です。
実際問題として事務所に電話はガンガンかかってくるし
次のイベントに向けた仕込みもしなくちゃいけないし
精算だって待ってるし、フロアが忙しかったらBARも
手伝わなきゃいけないし。

その代わりの人員を手配すれば十二分に遊べるわけですけど
じゃあ売り上げ的に見て追加の人件費突っ込めるかと言われると
難しいのが現状じゃないですか(笑

それでも我々は遊び続けなくてはいけないのですよ。
楽しみ続けなくてはいけない。
人にエンタメを提供するにあたって、遊びの楽しさを
知らない人間なんて面白い事を与えることなど出来ないのです。

だから僕も早く「あいつ遊んでばっかだな〜」と言われつつ
数字的にも内容的にも仕事をバリバリとやりたいな、と思っています。
アウトブレイクのスタッフはみんないつも楽しそうだよね〜と
言われたいのです。

で、ちょっと考えるとその為には余裕がなくちゃいけない。
余裕ってなにか?って言われると「仕事が出来る事」なんですよ。
だって来週のブッキング埋まってないのにライブ楽しめないし
超絶面倒なトラブル抱えてたら全力で笑えないもん。
どんなにすばらしい音楽の前でも俺の場合
悩み事があると全力で楽しめない。そういう性分です。

だから働く。遊びと労働は一緒だ。
きっとどの仕事もそうなんだろうな、と思います。
嫌な仕事して、空いた時間で楽しい事をやるんじゃなくて
仕事を楽しくしちゃえば、もっと楽しいっしょ。

簡単な事じゃないのは解っているけど
どうせならそういう自分と仕事の関係でいたいですよね。
そんな事を昨日REC後にブッキングひとしと喋っていました。

遊ぼうぜ

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 19:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

何度倒れてもいい

昨日はアウトブレイクとも付き合いの長い
knuckle Oggiのゴウシ君(俺と誕生日一緒!)の
ラストライブ。
バンド結成メンバーの脱退はなにを意味するか。
しかしそんな事情は俺にはどうでも良くて
また四谷で会おうねと約束して別れた。

ヒストリー
文脈
ドラマ
そして、ストーリー

人の数×無限に起こる奇跡に良いも悪いもない。
僕はこの地下室でそれを眺めてたまに方向を示すだけだ。
正直に言えば極端に心を揺さぶられる事もないし
1つカヤの外でそれを見守っている感覚に近い。

でも、大切な場所で大切な夜が作られていく
その瞬間の連続は勝手に魂がゆさぶられてしまう。
この巨大な螺旋階段から何度降りようとも
バンドマンってのは何度でも生き返っていいのだ。

お疲れでした。
また戦火を超えて会いましょう。

夜中はやはり彼等も何度目かの生き返りを行った
the8flagレコーディング。名曲の予感しかない録音でした。
これで食べていくと夢を追った10代
後ろを振り返らず走り抜けた20代
立ち止まった30代。
そして40手前で再び走り出す俺達は
今どうしてもバンドが面白いのだ。

俺はまだまだこの地下室で
そういうおっさんとビールが飲みたいんだよ

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 17:46 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

四谷で浮かんだ

昨日は新宿御苑にひっそりと佇む「浮かぶ」の
10周年、僕が大変お世話になっているシブメグママさんが
2代目襲名してから5年の記念日。

そんな大切な日に四谷アウトブレイクでイベントを
組んでいただきました。
とりあえずコレだけで感涙モノなんですが
内容もまた素晴らしく、感激でした。

みよ!この豪華すぎるメンバーを!!

渋さ知らズ(不破WORKS)+畑中葉子
野獣のリリアン
P.O.P
オープニングDJ(80'sポップ) : 宇多丸(Rhymester)
DJ:田口こくまろ(大甲子園)
FOOD:カンパニー松尾のカレー
協賛:岩下の新生姜

みんな浮かぶを愛する素晴らしき大人たち。

宇多丸さんが遂に四谷に初登場!!
渋さはラスト1曲で畑中葉子さんをゲストに迎えて
ジャズテイストたっぷりの「後ろから前から」を披露。
P.O.Pは「四谷で一番まじめにやった」と言ってた位
バシっとしたライブを展開し
ラスト野獣のリリアンは今までの全てを更地に戻すべく
カオティックな全力疾走で爆発していました。

DJこくまろは気合十分のアニソン〜ロックまで
あのメンバーに囲まれながらも自分の好きな
音楽を楽しんでいたし
(9/14の下北ろく夜でのトークイベントにも出て貰います!)
なによりお客さんの素晴らしい笑顔ったらなかったです。

松尾さんは「今日はご飯係だから!」の言葉どおり
大量のカレーと最後の最後までおつまみを
作り続ける職人と化していました。
なんて豪華な使い方をするんだ・・・
超美味しかったです!!ご馳走様でした!!!!

そして提供頂いた岩下の新生姜!!
これがやっぱり美味い〜〜〜!!!
ライブハウスにぴったりなので常備おつまみとして
販売アリだな。。。さっそく手配してみよう。


シブメグさんとの出会いは僕がひょっこり
浮かぶに飲みに行った事から始まります。
あのドア開けるの最初緊張したっけな〜。

お酒を飲みに行く場所というよりは
シブメグさんに会いにいったり
ナイスな写真集とかCDとかと出会うのが面白かったり
そこに行けば面白い人と見たこと無い楽しいものに
毎回出会える場所でした。
あと、世界で一番美味いナポリタンもあそこにある(笑

打ち合わせに場所借りた事もあったし
誰かを元気にする時もあそこを使ったりしたっけ。
そう考えると本当にあそこにしかないオンリーワン。
いつも元気と刺激をもらってます。
いつまでも元気に最高の姉貴で居てくださいませ!!

しかし人に愛されてる人を見る、人を愛している人を見るって
やっぱり素晴らしいですね。こっちもホッコリしました。
ご来場頂いた皆様ありがとうございました!!!!!

裏話を1つすると、普段は本当にゆっくり寛げる
浮かぶな訳でしてそれがライブハウスという場所で
「浮かぶ」訳ですからお客さんとか窮屈な思いさせたり
ゆったりできなかったらどうしよう・・・!と前日ギリギリまで
悩んで悩みまくってました。

当日はチケットソールドアウト。本当はムリをすれば
人数を入れる事ができたのだけど
快適度を優先させてもらいました。当日券も数枚しか出せず。。
お断りしてしまった皆様には申し訳ないです。。。
もっと早く前売り予約しろ!って言っても
ギリギリにならないと解らない事もあるもんね。。。

色々山盛りな1日だったです。
全員飲み放題という内容だったので
現場スタッフの苦労たるや。。。
その苦労、次のステップに生かすぜ。ありがとう。

終わった後はP.O.Pチームにシブメグさんと
歌舞伎町で飲み倒して朝解散。
とっても爽快でした。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 16:24 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

人の記憶に残る事

昨日もアウトブレイクはアイドル現場。

ライブハウスでのアイドルライブも珍しくなくなってきて
おまけにアイドルちゃんは新しい人が続々出てきて。
そこでお客さんを得るってのは
とっても難しい事ですよね。
いくらアイドルは集客あるわ〜といっても
現実はみんな苦労している訳です。

バンドもそうだけど、やっぱりどれだけ
その人の記憶に残れるかが勝負じゃないですか。
なにか合った時にふと思い出したりとか
ライブ終わって帰る時の余韻とか
あのライブハウスで起きた瞬間を
どれだけその人に埋め込む事ができるのか。

激しいライブでもいいし
良い歌でもいいし
面白い物販でもいいし
接触チェキでもいいし

自分達に合ったやり方で記憶に残す。
これが全てですよね。

なにかの時にふと思い出す訳です。

家で1人でいる時
美味しいお酒を飲んだ時
仕事で嫌な事があった時

その人のドラマに入り込む為の
記憶に居続けなければいけない。
お客さんを掴むってそういう事なんだと思います。

僕もお酒飲みたい!と思ったら行きたい店があるし
楽しいな!と思ったら寄りたい場所がある。
本探しにいこう〜と思えば好きな本屋があるし
仕事で疲れたら寄りたい場所がありますもんね。

そんな事を思った昨日のライブ。
ではアウトブレイクは皆様の記憶に
どれだけ残っているのか?

僕なりのそんな方法論を
「ブランドの作り方」として授業します。

宣伝かーーーーい!!!!!!!!

http://ototoy.jp/school/event/info/197/

初回9/16 20:00〜!!!!!!!!!
予約してちょ〜〜〜〜〜!!!!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 17:15 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

役目

昨日書いた前売りチケットの件、言ってばかりでも
ダサいから早速チケットを作って貰って
明日バンドに届けてこようかなと思います。

郵送でもいいんだけど、最初だしさ。
自分に気合を入れるためにも。
いや別に自転車に乗りたい訳じゃないよ。
ほんとに、ほんとに。仕事。仕事。

昨日はアウトブレイクがアイドル現場に。
プロ根性の塊。努力するアイドルは
みな平等に美しい。この映画みたい。


ライブシーンはバロックだ!いやっほう!

バンドとアイドルを比較するのはナンセンスだけど
やっぱり方法とかやり方とか作戦は違えど
1つの目標に向かって努力する姿というのは
裏方として見てて素晴らしいんだよな。

ただこれがお客という目線になると
「興味ねー」
「好みじゃねー」
「つまんねー」
に早変わりしてしまうかもしれない。

だからいつでも裏方と客の目線両方もってないと
誰にもアドバイス出来ないし、アイデアも出ない。
昨日はそんな事を考えながらアイドルライブ見て
事務所で仕事してアイス食べてました。

急にアイス食べたから本気でウンコもらしそうになって
物販中のヲタの皆様とアイドルちゃんを押しのけて
トイレに駆け込んだ事をご容赦ください。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 20:08 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする