2016年08月04日

エネルギー

同世代ってヤツにはどうしても肩入れしたくなるのが
人間ってヤツですよね。

昨日は復活を遂げたthe8flagがアウトブレイクでライブ。
ギターボーカルのヒトシはアウトブレイクで
働く身内だけれども、そんな贔屓目なしにして
現在、素晴らしいバンド状態を保っている。

モチベーションはただ1つ。
「バンドって楽しいなあ!」
だけ。どこからどうみてもそれだけ。

活動休止期間を経て、人間的にも腐り(笑
ライブハウスからも一度綺麗さっぱり消えてなくなった彼が
ここへきて原点回帰です。

エモさの極みここにあり。
10代の初期衝動じゃねえぞ、30代半ばの
おっさんの初期衝動だぞ。
身体的にいえば、多分最後のフレッシュさを
搾り出してのライブ。いやはや感激した。

8/8にはそんなthe 8 flagのライブがあります。
その中に僕のバンド「ロックンロールサービス」のライブもある。
なんとこの日はアウトブレイクスタッフがほぼ全員出演の
大感謝祭なのだ!!!

日頃四谷アウトブレイクを気にかけてくれてる皆さんなら
楽しめる内容になっております。
是非笑いに来て頂けたら嬉しいです。
水着も着ます。アウトブレイクが海になりますよ!!!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

カイモクジショウ

発表になってしまいました。
一緒にレコーディング、リリース、ライブと裏方として
細々と手伝ってきました。
どっちかといえば俺が「やらせてくれ!」と
頼んだ形だから彼等からの「申し訳ない」ってのは
俺には全然届かないのです。

沢山のバンドの解散を見てきたし
その一因には「俺がもっと上に押し上げられなかったから」
という傲慢そのものの感情が後悔になって出てくる事もある。

日頃ファニーな現場、無茶苦茶な現場、ヘンテコな事を
ヘラヘラとやり続けるにあたって彼等みたく純粋に音楽と
立ち向かう人の背中をちょっとでも押していた事は
僕の精神状態を大いに助けてくれたのです。

また見たかった、とは思わない。
やっぱりいつでもラストライブだよ、バンドってもんは。
伝説になったとも思わない。
彼等が言うとおりまだなにも「始まってなかった」もん。

俺が手伝う事が綺麗さっぱり無くなって
さぁ次のステージへっていう所だった。
レコーディングもブッキングも俺のやれる最大は
彼等の希望を満たす事ができないものになっていた。

悔しくも嬉しかったんですよね。そりゃ。
これから、またそれぞれ別の活動で僕を頼るならば
その時は思いっきりのギャラを請求してやろうと思います(笑

これからまた3人が3人「始まってもない」物語を
また始める訳ですよ。前途多難、五里霧中、疑心暗鬼に自己暗示。

僕は彼らとミュージシャン対ミュージシャンで付き合えなかった。
だからライブハウス対ミュージシャンで付き合ってきました。
なので実体なき今、ライブハウスの店長から言える事なんて殆どないんです。

それでもこうやって文字にして世界の片隅にテキストを置くというのは
この未来いつかまた3人が一緒のステージに立つのを願って止まないからです。
ほんと、裏方っぽいなと自分で自分にあきれています。

まったくもう!!!!天才達はこれだから大変だよ!!!!(涙

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 22:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

第一回クソギター選手権

ノンストトップで週末を駆け抜けて昨日は
アウトブレイク初めての試み
「第一回クソギター選手権」でしたーー!!!

これは1本のクソギターを使って
誰が一番かっこ良く演奏できるか?を
競うイベントでして、バックバンドが居て
課題曲5曲の中から好きな曲を
選んで貰って演奏するという内容です。

そもそもはTOO SHYのJIMIちゃんが
こんな企画をやってみたい!と
twitterでつぶやいた事から始まりました。
そんなん見逃すわけないですよね。

バックバンドはやっぱり上手じゃないと
洒落にならないのでカイモクジショウ上田くんに
人選をお願いし、ボーカルはJIMIちゃん推薦で。
結果Dr上田くん Baチャーリーくん  VoKILLAちゃんという
豪華メンバーで仕上がりました。
当日初めて顔合わせしてリハという大変な内容でしたが
さすがミュージシャン、臨機応変に対応してくれて感謝です。

当日参加の方も含めて10組が演奏。
途中で急遽ハーフタイムショーとエンディングもぶち込んで
それはそれは愉快な夜になったんじゃないなかな、と。

僕、四谷アウトブレイクという会場は
こういった選手権モノのライブを今までやったことが
なかったんですよね。
それは僕なりの理由があって、そういうトーナメントものが
苦手だったりとか真剣になりすぎてファニーさに欠けるとか
シリアスさ、ユーモア、音楽的楽しさ、ライブ感とかを
上手にまとめることが出来る気がしなかったんですよ。

ただ今回は「第一回クソギター選手権」というタイトルが
出てきた時点で絶対に面白くなる!と確信があったので
色々準備させてもらいました。

やっぱり本気の音楽にいかにユーモアを
ぶちこめるか、これが四谷スタイルであります。
司会は俺。仰々しく業界関係者を審査員にするのは
今回はちょっと違うかな?と音響、バックバンドと
友人の井上夫妻に審査員をお願いしました。

井上くんは同じバンドのメンバーでもあります。


先日公開されたMV!映像作りたいバンドは私色々企画しますので
お知らせください。8/8にアウトブレイクでライブやります!!

はい、宣伝おわり。
そんな井上くんは面白い事をコメントすると
お酒が1杯飲めるシステム。大いに笑わせてもらいました。

最終的に当日飛び入りしてくれた凄腕ギタリスト
ごんさんが優勝を掻っ攫っていきました。かっこいい!!
すげ〜良い夜になったんじゃないかな。

ふっふっふ、そしてこの模様は近日どこかに
ライブレポートとしてアップされる予定じゃ。
みなのもの、楽しみに待ってるように。

さらに第二回も年内に開催予定です。
これなかった人は是非次回遊びにきてくださいー!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 11:01 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする