2016年07月20日

なにを誰と求めるか

バンドなんてやりたきゃやればいいし
やりたくなければ、やらなきゃいいのよ。
別にそれによって100万人に迷惑が
かかるわけじゃないしさ。

お世話になった人ってのも
別にそんなお世話してないからね。
楽しい原石を探して磨くのなんて
商売っ気あって当然なんだから。

バンドもアイドルも絵描きも
全ての「ど」インディーな表現者達は
どこまでも我侭でいいのだ。

多分。

それでもエンタメ業界の我々は
そんなバンドに対してやはりバンドを続けてくれた方が
収益にもつながる訳でして様々な理由をつけて
ムチを振るうわけですよ。

面白いことやろうよ
ヤバイことやろうよ
良い夜をつくろうよ

CD作ろう
企画やろう
エトセトラったらエトセトラ!

って感じじゃないですか。
僕だってもちろんその1人です。

だからこそ、皆がハッピーで楽しくやれる
方法を探しているし、やって良かったと思われたいじゃん。
俺は俺で夢を追ってるのですよ。
だから手抜きはしないの、絶対。

はて、なんでこの話になったんだっけ。

この仕事をしていると
いろんな出会いと別れを目にします。
バンドの解散、メンバーの離脱。
同じ数だけ結成・再結成、実に色々です。
最近じゃアイドル運営のゴタゴタとかね。

でも、周りが「勿体無い」とか「かわいそう」とか思っても
最後の最後はやっぱりアーティスト本人です。
そいつの決断が全て。コクリと首を縦に振るしかねぇ。

そいつはこれからの別の活動なり人生において
この決断は間違ってなかったんだ、と
自分とその周りを納得させるしかないのだ。

なので、解散・脱退・加入に結成という
話をしてもらった時に僕は
「楽しくやれよ!」としか言えないのです。

悩める世界の自己表現欲求達よ
どうか幸あれ
僕は皆さんを支えて承認欲求を満たします。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 20:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする