2016年06月06日

続けていくこと。

昨日は隔月日曜恒例のあるはるかによる
定期演奏会。11時からはじまって12時に終わる
お昼時。皆さんコーヒーとクッキー片手に
なんとも幸福な時間が過ぎていきました。

気が付いたら6回目。1年続けてきてくれました。
2ヶ月に1度、昼間にワンマン。おまけに新曲も
必ず作ってくるし、お客さんだってしっかり呼んでくる。
結構な努力だと思うのです。
しかし、バンドやってくなら当然の努力でもある。

最初にこの企画がスタートしたきっかけってなんだっけ。
確か「なんかやりたい!どうしよー?」って話を
持ちかけてくれたんじゃなかったかな。。。

僕としては「あるはるか」という巨大な天才を
どうやって見せたらいいか?ってのを考えたんだと思う。
その時、なんか夜っていうよりは昼だったんですよね。

で音量とかも控えめで、あのバンドの空気感というか
呼吸みたいなもんを地下室で一緒に吸って吐いて
その後外にでて清清しい太陽でも浴びたら楽しいんじゃない?と
思ってたはずなんです。

はずなんです。(1年も前の事覚えてないや

だから本当はオシャレなカフェとかでも良かったんですよ。
それを俺のわがままに付き合ってくれて
むさくるしい地下室にて1年。感謝しかありません。

毎回来てくれるお客さんも沢山で
2ヶ月に1度だけだけど顔見てると
元気でいてくれたのね〜〜と嬉しくなります。

で、最初は1ドリンク付でスタートしたんですけど
客層的にも昼から酒煽る感じじゃないし
ソフトドリンクで500円ってな〜〜と思ってた所に新アイデア。

クッキー付・・・!ドリンクは持ち込めばいいじゃんという
完全にアウトな(笑 戦略に切り替えました。
そういえばモリバコーヒー持込自由にしてたな、当時から。
昼にコーヒー飲んで演奏聴いて、またお出かけとか
最高すぎるだろ。誰だこのアイデア考えたヤツ!!!!!!

あるはるか、昨日のライブが本当にすばらしかった。
最初に出会った時も大層ぶっとんだけど
その時の印象とは全然変わってきました。

素朴で純粋で世間なんてなにもしらないような
純粋培養の狂気を滲ませてた初期(俺の中での)
それが今では弱さを飲み込んだポップスとしての
強さが凜として出てきた。

背中を押す
そっとよりそう

とか、そういった言葉で表すバンドじゃないのだよね。
音楽という恐ろしく強大なものを、そっと切り取って
お客さんの前に差し出すような、その切り取った形が
とても美しいバンドになりました。

そして、その切り取る所作がいいんだよ。
メンバー全員でさささっと切り分ける様。
あの演奏中の顔はメンバー同士でニコニコしてる訳じゃなくて
我々に向けてのものなのだ。
ほんと、いい顔で演奏します。あの人たち。

10月には2マンもあるしそうやって転んでいくんだろう。
どんだけドロだらけに転びまくっても
差し出されるその音楽に僕は興味深々なのだ。


じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 18:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする