2016年06月30日

まだ半分。

1年1区切りという強制的なリセット方法は
人類?地球?宇宙?が考え出した素晴らしいシステムだ。
という訳で半分が終わる。
毎年の事だが、「今年なんにもやってねー」という焦燥感に
胸がヤキモキするけどそうも言ってられない。

自分にとってなにが一番大切か?と言われれば
この店始まって以来、やっぱりココなんだよな。
綺麗事で言えばライブハウス好きだし、バンド好きだし
なによりも自分を雇ってくれている
オーナーへの恩返しってのも多いにある訳です。

そして裏を返せば
今更朝9時から満員電車で出勤とか不可能だし
スーツとか持ってないし、普通の会社断られそうだし。
だからこの場所にしがみつきたいってのもある。絶対。

で、同時にいつ無くなっちゃっても仕方ねぇな。
やる事やりまくってるわ!!とも思う。
だから今この瞬間、この場所に居る人に
全力を注ぐ訳じゃないですか。
まぁ、結果として床なんですけども。

昨日は縦音無尽という企画イベント。
アウトブレイクのブッキングマネージャージュンの企画です。
僕にはできないやり方でバンドと一緒に夜を
作る彼の姿というのは、なんというか献身的でして
同時に自分のエリアをしっかりと広げながら
やれてるな、と毎回関心しています。

俺が一番好きなのは彼はイベントが終わった後に
みんなで写真撮るんですよ。よくあるやつ。
あれは僕は照れくさくって自分の企画では
生誕祭のファイナル以外やったことないんですけど。

で、自分で写真とってカメラみて確認するじゃないですか。
あの顔!!!!あの顔が本当に好きでして。

ライブハウスのブッキングマンとして超いい顔してる。
無邪気というか、自分の好きなバンドマンを呼んで
ライブやって、それを自分の思い出にしていく。
その過程で色んな人の思い出とクロスしていくじゃないですか。

その顔がね、顔がいいんですわ。
昨日は横からそれを見ていてニンマリしていました。

こういう人が輝ける場所って勿論ライブハウスだけじゃないです。
みんなでキャンプいけば思い出だし、みんなで飲みに行っても思い出。
でもライブハウスならではのあの感じをこの店で一番好きなのって
ひょっとしたらジュンなんじゃ・・・とさえ思いました。

店長、がんばるよ。

そして皆さんにお知らせ1本。
明日7/1のお昼に重大発表ありです。
またゲラゲラ笑わせてやるから
どうかワクワクして待っていてください。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

ナイトウォーク!!

昨日は朝からドッタンバッタン!!
まずは新宿9sari事務所に行って秘密の作業1本。
レジェンドを前にアワワしながら事務所の猫に癒される。
夕方からお店を抜けさせてもらって両国サンライズに。

艶街のさだぼーが企画する縦社会GIGという
物騒なイベントに参加してきました。
なんと佐藤は弾き語りでの出演。
なんでこんなオファーを受けてしまったのかと
最高に後悔しました。オレ、弾き語りなんてやったことないよ!!!

本番は皆さんをクスリとさせる事は
できたかな?と思っておりますが
どうだったでしょう?目撃してくださった皆様
ありがとうございました。

案の定酩酊して気がついたら深夜1時
両国の床でおきました。ああ、どこ行ってもコレだから・・・!
スタッフに挨拶して両国に一人。

ううう、歩いて帰るしかあるまい!とナイトウォーク。
これが意外と楽しくてワクワクしながら
夜の散歩を楽しみました。財布に1000円しか入ってなくて
途中の水分補給で寄った居酒屋で地獄をみましたけど。。。

ライブハウスで遊ぶのは何時だって楽しい。
それは自分がどう楽しむかにかかってる訳でして
そういう才能だけは異常にあるので良かった。

僕のワクワクしている姿で誰かがニッコリしたのなら
昨日呼んでもらった恩返しが出来たという事にしておいてください。

しかし、弾き語り2度とやんね〜〜〜!!!死ぬほど緊張したわ!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 19:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

紹介

昨日はご近所上智大学サークルイベント。
現場じゃなかったので事務所にかじりついて事務仕事。
やらなきゃいけない事を片付けながら
新しい企画のアイデアを練るというのは
黙々とPC前にいてもダメね。そりゃダメになる。

という訳で終演後スタッフとご飯。
その後緊急レコーディングでリスケさせてもらってた
新宿御苑飲み歩きツアー1本。

9月に周年を迎える浮かぶ寄って
OPENしてから顔出せなかった新宿cactus寄って
バンドマンの最終地点アルプス行ってと
山盛りの内容で満足。

誰かに誰かを紹介するってのは
自分のセンスを両者に問われている訳で
程よい緊張の元、気分転換になりましたん。

さて、明日はなぜか両国サンライズにて
弾き語りをするらしい僕です。
人生2度目?かな。レパートリーが全く無いので
どうしていいかわかりません。
ニコニコしながら持ち時間が過ぎるのを待とうとおもいます。

私18:30〜との事です。
近所にお住まいの無職の方は是非お越しください。
自分のバンドの曲でもやればいいか!と思ってたんですが
そういえばAメロとか殆ど弾いてないから全然できなくて絶望しました。

明け方仕事を終えたらこの曲をなんとかコピーして
披露できたらと思っています。よろしくおねがいします。


じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 21:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

おかえり

週末、現場仕事が立て続けでPCの前に居れない。
すなわち事務仕事がはかどらないので大変だ。
しかし正反対に現場でバンドやお客さんと過ごす夜は
半年後の企画を考えてる時とは別のワクワクがある。

決して人手が足りてないという訳ではないのだ(涙

とはいえ充実過ぎる内容。
金曜日は夕方からムフフな企画打ち合せ。
楽しい事をやるってことは常に責任を背負うこと。
ビビってるけどやるっきゃねぇ。近日情報公開。

そんで夜はthe8flag企画でした。
アウトブレイクブッキングの仁志がずーっとやってるバンド。
紆余曲折を経て新メンバーで久しぶりの企画。

事あるごとに昔の俺の生誕祭のキャッチフレーズ
「ロックバンドなんかもっとないの?」
を引用しては
「ロックバンドなんかあるよ!むかつくなぁ!!」
とバンドマジックに今もかかり続けている男。

ヘンテコな事ばっかりの僕とのバランス感はばっちりで
ブッキングマネージャーのジュンともまた違った
まさに俺の世代のバンドをまとめてくれるヤツです。

そんな彼の全力投球のライブを見ていたら
なんだかウルウルしてしまって。
そもそも最初にアウトブレイクで働きたいと言ってくれた時
彼はバンドマンでした。だからこそライブハウスの仕事と
自分のやりたい事との差とか色んなもんが
のしかかってしまい、一時離脱をするのです。

それが去年かな、再びライブハウスに復活します。
バンドマンとしての自分とアウトブレイクで働く自分の
距離感をしっかりとってのリスタートでした。

しかし僕は昨日のライブを見て
「ああ、、やっぱりステージに立つ人間なんだな」と
強烈に感動したし、ここからアウトブレイクで
なにをやってくれるのか超楽しみになりました。

もしかしたらライブハウスで働くバンドマンとしての
凄い最高なパターンなんじゃないかな、と。
僕にないものを全部持ってた。すごい。
みんなにみて欲しいバンドになってたよ。
ライブハウスのプライドしかねぇ。

金曜日深夜、久しぶりのバンド練習。
いつものおっさん達と癒された。

土曜日、Jill絵里誕生日祭り。
ライブだけじゃなくアフレコやらなんやらと山盛り。
ステージ担当は新人佐藤くん、当然店長佐藤フォロー役。
BARは急遽ex)フリークまなちゃんがお手伝いに。
ドタバタな配置でありながら乗り切り
朝まで打上げドカーン!!!!!!!!!!!!!!
皆様最高に盛り上がっていて素晴らしかった。

そのまま早朝から緊急レコーディング1本。
「バンドから頼まれたら断れない病気」未だ続く。
もはや末期か。

そしてそのまま上智大学学生イベント2本を現在進行中。
やること山積みでも意識はクリアだ。大丈夫、大丈夫と
言い聞かせてたらコンビニで同じおにぎり3個買ってた。

アウトー!!!!!

じゃ、四谷で。




posted by Boone! at 13:16 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

誰になにを言われようとも

昨日は四谷恒例となりました、はちきんガールズライブシリーズ。

先日3人組だったのが1名脱退、1名休養という事で
1人でもガールズってギャグみたいな困難に
ぶち当たっているアイドルさんです。

ツーマンライブでお相手はエレクトリックリボン。
こちらもアイドルの強さとユーモアとしたたかさ抜群の
実力派。さらに四谷名物企画「献血ギグ」も絡めて
最後の出演者全員コラボタイムでは
献血クイズに応えてもらったりと楽しい夜でした。

でもさ、ライブのスケジュールって何ヶ月も前から
決まってる訳ですよ。その当時は3人でライブを
やる気まんまんな訳ですよね。
それが諸事情で1人になってしまい、当然1人で歌う準備なんて
殆ど出来てない訳じゃないですか。

まぁファンならずとも心配になりますよね、そりゃ。
当然僕なんかも毎月見てる訳ですから親心の
1つでも働きますわ。なんなら推してますわい。
半ヲタと罵られようとアウトブレイクに出てる出演者は
全力で応援するのがライブハウスなの!そういうもんなの!

という訳でちょっと心配してたんですよね。
ライブできるんかいな?と。

ところが

超バシっとやってるじゃんか・・・
おまけになんか顔つき変わってて急に大人になったような
強さみたいなもんがにじみ出てる訳ですよ。

この感じ、グッと来た方も多かったんじゃないかな。
急にメンバー居なくなって、それでも頑張らなくちゃいけなくて
戻ってくるメンバーの為にその場所を守ろうとする女の子。

言い方失礼だけど、ドラマとしてこんなに感動する話ないですよ。
そしてそのドラマを同情や気遣いじゃなくエンタメに昇華する
歌と踊りの完成度の高さたるや。。。
だいぶ短時間で努力したんでしょうなぁ。。。

アイドルグループの脱退や加入って珍しい話じゃないけど
そこに付随するドラマみたいなもんをこうやって
強く美しく見せられちゃうとさ、おじさんまいった。
運営さんもちょっと涙ぐんでたけど、それは早すぎるから(笑

結論 : はちきんガールズ、さすがやきー!!!!

そんな訳で深夜はレコーディング1本。
下手だろうが、上手かろうがその人のメッセージが
やっぱり全てだと思う訳です。しかもそんな人が
アウトブレイクで録音させてくれって頼んでくるんだから
その熱を全部受けきらんでどうするんじゃ。

誰にバカにされても笑われても
その人の本気は全部ライブハウスが肩を持つんだよ。
そんな超基本的な事を昨日改めて教わりました。
ありがとうございました。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 20:09 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

拝啓 超怒ってくれた皆様

10〜20代前半はプライベートは自分も周りもムチャクチャでしたが
こと仕事とバンド関係に関してはヘマした時とか
やらかした時に強烈に怒ってくれた人が居ました。
上司だったり先輩だったり。

それがあるから今の自分が居るのだな〜と
思うところが多々ある最近。
その反面、あの怒られた恐怖と病み具合が
解るだけに瞬間的に人を怒れなくなってるのも事実。

怒るって体力と精神力いるもんな。
そいつの為を思って言うんだもんな。

よし、これからは怒れる大人になるぞ!
プンプン!!プンプン!!!

で、本当の意味での身内ノリな宣伝1つ。
この人にはあんまり怒られた記憶ないんですけどね(笑

なんと親父が本だしてました!!!!!!!!!!!



ウチの親父、日本史の先生でしてね。ええ。
で実は僕も兄弟も「日本史の先生」っていう情報以外
どこでなにしてるか全然知らなかった訳ですよ。
本人、多くを語りませんし。

先日、生存報告代わりのメールに写ルンですの記事
リンクして送った訳ですわ。
「親父!生きてるぞー!仕事してるぞー!」的なの。
俺としてはちょっと自慢もあったんですよ。
「どうだ!すごいだろ!大企業と繋がっちゃったぞ!」みたいな。

そしたら
「俺は本を出した、紀伊国屋でも見てみろ」
って来るから仰け反りました。

慌てて親父の名前でエゴサーチしたらこれですからね。。。
まさか家族の名前グーグルに入れるとは思わんかったっす。。
で、著者プロフィールを見てさらに仰け反り。

------
佐藤 四郎(Shiro Sato)
一橋学院講師・私立駒込学園講師として、日本史の指導を担当。
入試に頻出する事項を的確に撰び、徹底して丁寧に解説する講義は
「わかりやすい」と定評がある。

成績を伸ばし、合格させるノウハウが結実した本書は、
「入試を突破する」という当面の目標をクリアするだけでなく、
歴史を理解し、現代への洞察力を育てることをも可能にする。

-------

なんか凄そう・・・!!!

でも酒癖俺より悪いし、こないだなんて俺との予定を
すっぽかして外で飲んで連絡つかなくなって
「あ、これ死んだパターン!」と家族総出で探し回り
結果、ただ外で飲んだくれてたという親父ですよ!

という訳でして受験を控えている皆さんは勉強してみてください。
早速amazonで今日届いたのですが分厚くて
デザインもちょっと洒落てて、要所要所で親父の
どうでもいい情報が折り込まれていて
(俺は落語が好きだ!とか)
家族だけホッコリできる感じでした。

問題集なので読み物としては、ちっとも面白くないですが
好事家の皆様は是非立ち読み程度でもしてみてください。

先ほど買ったよ!メールしたら返事が届いておりました。

「ありがとう、俺の卒論みたいなもんだ。」

との事。

お互いお酒は程ほどにね

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

騒ぎたくて騒いでるんじゃないんだよ

いよいよ明日から「特定遊興営業」って
新しい法律が始まるの、知ってた?

詳しくはココに全部書きました。
https://note.mu/boone4649/n/nc45893893f27

バカの僕が解る様に書いたので皆さんなら
余裕で理解できるはず。読んだらいいです。
詳しくはリンク先にて。

でさ、これ別に人気とろうと思って騒いでる訳でもないし
実際に皆さんの不安を煽る訳でもないし
この法案?法律?におもいっきり反対してる訳でもないわけ。

ただ、全然知らなかったから知ろうとしただけな訳よ。
超単純じゃん。ただそれだけなんですよ。
それでもブーブー言ってくる人がいるから
この業界は闇ですわ。。。

そして当然、行政書士の皆さんとしてはビジネスチャンスな訳でして
色んな営業を頂く訳です。僕なんか本当に無知なもんで
あれよあれよと流されちゃいそう。

やっぱり知らないってのは中々に罪であります。
それなのにこの狭い1つの世界ですら
知らないことだらけだから困っちゃうよね。

そういう時は、ただ1つ。
目の前にあるもんだけ大事に裏切らない事。
嘘も失敗も全部まとめて飲み込むしかないのだ。

自分のも他人のも。ぜーんぶ。

ドタバタの極みでございますが
転がるしかないのよのぅ。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

渋谷クアトロ

昨日は朝からフル稼働。

前日スタッフ3人床で撃沈して入り時間より
大幅に早く来た出演者に叩き起こされました(笑
いや、やる気は素晴らしいんですが
もうちょい寝かせて欲しかった!!!(週末あるある

その後私はとある案件の為に
南青山に移動してコソコソと作業1つ。
その後四谷戻って事務処理して
いざ渋谷へ。

昨日は店スタッフにワガママをきいて貰って
OLH aka 面影ラッキーホールのワンマンライブに。
ボーカルのアッキーさんは去年の生誕祭に
サプライズで遊びに来てくださって感涙しまくって
いたので、これはどうしても。と遊びに行きました。

嗚呼、バカな大人最高!フロア全員バカ!!
小奇麗なOLがちんこ!って絶叫してる地獄!!!

敬愛する先輩たちと一緒にバカ騒ぎして
大変に楽しいライブでした。
その後集英社の偉い編集さんとか色んな人と
飲み倒して撃沈。

新井英樹センセーにも久しぶりにお会いできました。
良い事尽くめで刺激を沢山もらった夜でした。
新しいホニャララも進みだしそうだしハッピー!!!

やっぱり自分の店ではない、しかも規模がドン!と大きい
会場でライブを見るというのは全てのケタが違い過ぎて
勉強って感覚よりも純粋にライブを楽しめるから良いね。
ビールのカップ小さ過ぎて笑ってしまったけども。
そこだけはアウトブレイク圧勝でした(笑

さて超元気もらったので
そのパワーを皆さんにもおすそ分けしたいとおもいます。
今週もとばすぞー!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 21:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

身近な他人

週末ラストスパート。
昨日は昼はお子様、夜は大人と
恐ろしいほどのふり幅な四谷らしい1日でした。

深夜の部はなにひとつココに書けないので
とにかく最高でぶっ飛んでて凄かったとだけ
お伝えしておきますね!ウチはプラスワンか!!(笑
超楽しかった〜〜〜!!!!!!!

で、本日は2本リリースというか
宣伝についてのミーティングがありまして。
授業とかブログでも散々書いてるんですが
CDでもCDRでも流通でも会場売りでも
なんでもいいんですけど、結局はどこに向けて
売りだすかって我々ドインディーでは重要じゃないですか。

今居るお客さんにバシっと届けるのか
まだ見ぬ誰かに届くようにするのか

もちろん、両方っちゃ両方なんですけど
我々のような規模感や予算では全部取りって
非常に難しいわけです。

そしてまだ見ぬ誰かに届けるってのは
全ミュージシャンの希望であり難所でありまして。
そういう時に僕がよく話をするのは
「友達の友達に響く仕掛けを作ろうぜ」ってこと。

SNSで我々が発信して最初にキャッチするのは
従来のお客さんやお友達です。
その人達が情報を拡散する相手は
やはり身近なお友達な訳ですよ。

だからその人たちにどうやってアピールするか。
自分の身近な人達が宣伝しやすく
「あ〜〜最高だからみんなに知らせたい!」
と思わせるか。

もっと突っ込んでいけば
「情報として発信したい!」
という熱よりも
「友達と一緒にこのワクワクを感じたい!」
と思わせることだと思うのですよね。

この連鎖が我々ドインディーを助けてくれると
最近ふつふつと確信しております。
よし、日曜日駆け抜けましょう〜〜〜!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

変わって行くこと

変化は受け入れる派です。

でも、どっちかというといつまでも
同じメンツ、同じやり方、同じ場所で
ゲラゲラ笑っていたいな〜と思う派。

しかしその為には
目に見えない努力をし続けるしかない。
変わらないってひょっとしたら
一番大変なんじゃなかろうか。

さて、週末折り返し地点。
極悪なオールナイトイベントかましてきます。

みんなで変わらない為に

前に進もう

じゃ、四谷で。
続きを読む
posted by Boone! at 23:06 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

忘れましたじゃない!やる気がなかったと言え!!

これは小学校5年〜中学生の時に行ってた
塾の先生の名言です。今聞いても痺れる。

通信簿に成績2しかない少年が集められるその塾は
三軒茶屋の片隅にあり、進学とか中学受験とかには
無縁の『バカがすこしでも普通になる為の』塾でした。

授業の始めには必ず前回出された宿題の
答え合わせがあり、生徒が順番に指名されるんですが
当然バカの集まりですから誰もやってこないんですね。

その時に我々は「忘れました」と言うんですが
全員がそんな有様だった日に先生が激高して言うのです。

「忘れましたじゃない!やる気がなかったと言え!!」

もうね、俺は感激したんですよ。
小学生のガキをこんな正論で怒る大人がいるのかと。
今でも鮮明にその時の事覚えてるもんな。

その先生は確か当時大学院かどっかに行ってて
「お前ら、ディスコ連れてってやるぞー!」と
我々の妄想を掻き立て勉強させる楽しい大人でした。

まぁ、その塾は結局高校入試の直前に
「あとはお前らでがんばれ!」
と至極真っ当なメッセージと共にある日いきなり
潰れて我々を大爆笑の渦に叩き込むんですけど(笑

で、なんでこんなエピソードを書いているかというと
やはりこの教えは20年以上たった今も
自分に叩き込まれているというのを実感したからなんです。

時間が無くて出来ない
金が無くて行けない

これって別に悪い事じゃないと思うんですよ。
人にはそれぞれ事情がある。

でもそれは「やりたくない、行きたくない」なんですよね。
他に楽しい事があるのかもしれないし
家に居るのだって楽しいもんね。

でも我々は地下に城を構えるエンタメ業界。
この「やりたくない、行きたくない」に
全力で抗わなくてはいけない訳です。

色んな告知を試したり、色んな仕掛けを作ってみたり
それこそありとあらゆるアイデアを盛り込むわけじゃないですか。
僕らもバンドも必死にそこを頑張ってる。

で、気づいたんですよ。僕。
多分究極の告知は

「この内容で時間もお金も使いたくないなら仕方ねぇ!」
と自分で納得できる企画作りなんじゃないかと。
そうすれば自分の精神安定もばっちりですからね。

そしてこれは日々の自分の仕事にも言えるんですよね。
やらなきゃいけない事を忘れてて失敗した時

「あー!忘れてた!!!!」

と落ち込む自分をさらに

「違う!やる気がなかったんだ・・・どうした、俺!」

と更に追い込むんですよ(笑
これが誰に怒られるよりも効果的なんです、自分の場合。
昨日はそんな事があったので姿勢を正して
頑張れました、オス。まだまだやるぞ。

あの時の先生、ありがとう。
最後に、塾の先生に怒られた我々は心を入れ替えたのかというと
最初の答え合わせの時間を避け、15分遅刻するという技を見につけて
生徒の殆どが遅刻し、また怒られた事だけご報告しておきます。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 21:04 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

かもめのジョナサン、どこへいく。

昨日はかもめのジョナサンとの共同企画。
素敵なバンド沢山でバッチリの夜。

GCACはベースレス3人体制にて復活。
しばらくアコースティック編成をやっていた
鬱憤が爆発した色んな意味で初心者なライブ。
見てるこっちがニコニコしてしまうほどの
楽しそうな姿は理屈抜きに素晴らしい。

バンドは何度死んでもいいし、何度蘇ってもいいのだ。
それが許されるのがライブハウスでありロックバンド。
何度も死んで戻ってこい。

そしてかもめのジョナサンがやっぱり凄い。
無粋だけど分析してしまった。

昨今ライブハウスではイロモノとか過激とか
他とちょっと違う事を追求するバンドが
店側からも人気が高い。
普通のバンドじゃないという枠はブッキングの
フックにもなるし、そういうバンドばっかり
集めてしまえば個性的な1日という事になる。

あるバンドはセクシーな衣装に身を包み
あるバンドは様々な仕掛けを講じてくる。
しかし、そのバンド達はその過激な表現の裏には
自分らの音楽に対するポリシーがあり
プライドがあり、作戦があります。

多分、かもめのジョナサンはその幾多の
バンドの中で最も上手にそれを体言してる気がするのです。

普通に曲だけ聴いたら、本当に良い曲なんです。
昨日はソロバージョンで時にサイケにグラスに
カントリーの隠し味を入れたギターと
即効性の高いメッセージ、刹那さ儚さを
無駄な脚色をせず事実として淡々と歌うスタイル。
どれをとっても素晴らしい演奏でした。

ただ、彼は白塗り、途中で着替える、コンドーム配る
ピンクローター配るなどギミックを曲間でちりばめてくる。
これだけ見たらただの変態なんですけど
曲に入るとギミック要素いっさいなし、ただの良い歌なのです。

良い歌を聞かせるために、最初に客を騒がせておいて
その後の曲の説得力だけで黙らせる。

「お前ら、パフォーマンスを見にきてるの?
それとも曲を聴きに来てるの?」

と挑戦的なメッセージすら感じるその気合。
凄いしかけを用意したもんであります。

でも、これって自分をがけッぷちに追い込んでいるのと
同じなんですよ。曲がしょぼけりゃイロモンで終わるし
パフォーマンスが雑なら、その後の曲中も
お客さんはそのパフォーマンスを求めてしまう。

こんな危うく完璧なバランスってあるかな
昨日のライブ、ちょっと感動してしまいました。

かもめのジョナサン、今度はどこにいくんだろう
追い続けたいとおもいます。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

年末の仕込み

まー我々の職業というのは日々種を
撒いてるようなもんなんですよ。

バンドにも 店にも お客さんにも
色んな種類の水やら栄養やらを撒き続ける。
芽が出たり出なかったり。

じゃあ自分はどうなの??というと
その皆さんの過程を見ているだけで
精一杯で自分に水をやれてない人が
とても沢山いる訳です。

まー好きでやってんだから同情の余地なし
勝手に突っ走れ!としか言えないんですけど
ひょんな事から自分の水不足を感じてしまい
とーーってもうなだれた昨日。

人の欲求に純粋なる自分のスキル不足で
応えられない事の悲しさよ・・・
ちょっとガックリきちゃいました。

かといって自分の欲しいスキルを習得するには
膨大な時間が必要な訳でして
みんなに水を撒きながら同時進行するのは難しい。

うん、こうやって同業者は皆悩んでいくんだろうな(笑

ばかやろーーー!!俺は病まないぞーーー!!!
という訳で安定の床してスッキリ。
まだまだ走り続けなきゃならん。

さ、本日はアウトブレイクレコーズ期待の1枚
1031jpの発売日です。
the Hangoversのボーカル1031jpの初ソロ作品。
四谷っ子の皆様には馴染み無いヤツですが
僕とは10数年の付き合いの古い友達。



時代関係なくいつでも僕の心のヒットメドレーに
入り続けていた彼の非常にパーソナルな音源となりました。
皆さん、新宿と渋谷のタワレコにどさっと置いてあるので
どうか手にとって僕と一緒にこの音楽を楽しみましょう。

よろしくお願いします。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

「特定遊興飲食店営業」

という訳で昨日は告知どおり
オトトイの学校とミューズ音楽院の協力を頂きまして
「特定遊興飲食店営業」の勉強会をしてきました。
ゲストに行政書士の谷田部先生を迎えて
0から100まで駆け足でしたが走り抜けました。

なんせ小難しい漢字ばかりの内容だったので
チャチャをいれつつ噛み砕きながら
僕も司会としてフォローしてという流れで
ヒヤヒヤしながらも、なんとか形になったかなと。

ライブハウス関係の方も沢山来てくれて
ちょっとは有意義な夜になったのではないかと。
個人的にもとても興味深く授業できました。オス!

「特定遊興飲食店営業」ってなんじゃらほい?
って方の為に簡単に説明しておくと
(注意:超ザックリなんで違う所あるかもです)

要は深夜にお酒と音楽を提供するってのは
風俗営業って特殊な免許みたいなもんが
必要だった訳です。でも、みんなそれを持ってなかった。

なのでグレーゾーンで色々やってきた訳ですが
大阪のクラブがドカーン!と摘発されたと。
それを受けて「そんなのおかしいじゃん!!」と
裁判を起こす訳ですよ。で、それが勝利を収めるんです。

という訳で国も じゃあ、わかったよ。代わりに
深夜やる人は新しい法律作るから
それに入って頂戴ね。対象となるのはこんな所ですよ、と。

・24:00〜5:00まで営業する
・その間にお酒を提供する
・その間にライブとかDJとか客に遊興させる

この3つを伴うなら、新しい「特定遊興飲食店営業」って
ヤツの許可をとって頂戴ませ。風営法から外したんだから
そこはキチっとやってよね。

こんな内容です。
で、この「特定遊興飲食店営業」ってのをゲットするには

・特定の地域であること(住宅街とか病院が近くにない)
・ある程度の広さがあること(33平米以上、アウトブレイクでギリギリ)
・バースペースとかがちゃんと明るい事(10ルクス以上)
などなど

幾つかの条件があるんですよ。
で、これヤバイのが多分小箱と呼ばれるクラブって
ほとんどアウトなんですわ。。。
アウトブレイクで超ギリギリ条件を満たしてるって感じです。

で、この法律の施行が6/23からなんです。
つまりどういう事が起きるかというと、最悪の最悪ですけど

6/24とかに渋谷/新宿/六本木とかのクラブで25時位に
警察がガーーーッと一斉捜査とかしたら
かたっぱしから摘発できちゃうんですよ・・・

実際起こるか、というのは別として
それができちゃうってことですよね。
もちろん抜け道は沢山あるにはあるんです。

深夜営業していてもお酒を出してなければ大丈夫だし
お酒を出していても遊興させてなければ大丈夫。
この場合の遊興っていうのはバンド演奏だったり
DJだったり。まぁだから打上げだったら大丈夫なんですわ。

ただその線引きも非常に曖昧で
これからどうなるんだろ・・・というのが昨日の感想でした。

行政書士の先生の話では警察も暇じゃないので
ライブハウスが積極的にターゲットになるか?と言われれば
全然そうじゃなさそうなんですが深夜営業する所は
ちゃんとアタマに入れておいたほうが良い話題です。

そんな昨日の講義の内容はOTOTOYにて
特集記事となる予定。おたのしみにーーーー!!!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 15:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

枠組みの中で泳ぐということ

昨日もなんだかてんやわんや。
前日のダメージを大いに引きずりながら事務作業。
夕方ちょっと店を抜けさせてもらって
両国サンライズに行ってまいりました。

なにやら近所の居酒屋とコラボして
2会場でのライブって事で面白そうじゃん。
アウトブレイクにもお馴染みのバンドもいるし
前日ツアーで来てくれていた犬人間ニョンズの
忘れ物も届けたりと理由は沢山。
あ!そうだ!!サンライズのメインスピーカーが
変わってから遊びに行ってなかったっけ。

うん、これだけ理由があれば仕事よね。

という訳で電車でレッツゴー。
最近の運動不足を解消する為に
1駅手前で降りてテクテク。

1軒だけ居酒屋に吸い込まれながらも
なんとか無事に到着しまして、いざ会場。

なるほど、居酒屋の方は完全アンプラグドライブ。
そしてライブハウスはドカーンと爆音ライブ。
うんうん、素敵じゃないですか。

近所に公園も居酒屋も山ほどあるし
お客さんの選択肢は無限大。
しかも昼間からやって夕方過ぎには終わってしまおうという
コンセプトも俺が考える理想の日曜日に近い。
さすが両国、楽しい事やってるな〜。

勿論運営としては色々と大変なんだろうな。
会場が増えるってことは手間2倍だし
じゃあ売り上げ2倍か?っていったら
全然そんな事ないしね。

おまけに数限られたお客さんたちが分断されちゃう
危険性もあるわけで。その為には綿密な出演者との
打ち合せとかブッキングとか出演順とか
色々きにかけなきゃいけない。。。

ひえ〜これはハードル高いわ。
アウトブレイクはそのハードルの高さから
今まで2会場同時ってやってないんですよ。
そういう意味でもチェックしたくて来ました(仕事アピール

もちろん改善点は多々あれど、それが見えるって事は
成功したようなもんです。皆様おつかれさまでした。
次回も楽しみにしておりますーーーー!!!

そして今度10月にアウトブレイクにてテコの原理と
ツーマンライブに挑戦する「あるはるか」を見てきました。
ここ最近強烈にバンドの中でなにかが弾けまくってる
凄いバンドです。アウトブレイク以外での会場で
その力はどうやって輝くのか興味深々でした。

なんというか、今までは「歌」にどうやって
寄り添って色づけして開花させていくか?っていう
ギターだったりドラムだったりを追求してたはずの
バンドなんですが、昨日は明らかに次のステップを
要求されたライブでしたね。

歌にそっと寄り添えた演奏陣の次の挑戦は
きちっと整理されたグルーヴの中にその歌を
閉じ込めてリズムとメロディーで歌の奥にある
新しいメッセージを開花させる事でした。

この変化、わかってくれる人がきっと出てくるはず。
大変な道のりですがこのバンド化ける予感十分。
2マンライブ是非チェックしてほしいとおもいます。

そして前日もぶっちぎりのライブを見せてくれた
犬人間ニョンズfromマッドシティー神戸!!!!
ロックンロールとパンクロックの気持ちそのまんま。
爆発し続けるその1瞬がかっこいいバンドだったな。
野暮な事は言うまい。
ただただ転がっていって欲しい皆さんでした。

この辺から記憶が非常に曖昧になってまいりまして
気が付いたら両国の公園→どっかのマクドナルド→西国分寺で終電。
はい、撃沈。

まったくもう!!!!!!!!!!

全ては両国サンライズのお酒の美味さと
店長池さんの濃過ぎるハイボールのせいです。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

メンバー探しのススメ

まずは宣伝1本!!!!

皆さん、今年で写ルンですが30周年なの知ってました???
それを記念して写ルンですと三軒茶屋Gallery 233の
コラボ企画に佐藤も混ぜてもらいました。

1ヶ月間位で30枚写ルンですと共に行動して
色んな写真を撮りました。それがアップされてます!!!

Gallery 233×写ルンです特設サイト
クリエイターズ:佐藤"boone"学

楽しかったな〜。やっぱりあのインスタントカメラの楽しさって
我々の世代にはぐっとくるものがあるし
今の若い人たちも新鮮で楽しいんじゃないだろうか。

撮影してすぐに見れないって、やっぱり最高だよな。
僕もちょっと遠くに行く時や遊びに行くときは
Goproの写真モードでパシャパシャやって
後日パソコンで写真を眺めてたもんな〜

はい、宣伝おわり。

そんで昨日は艶街の企画でしたーーーー!!!
Drダーマエの脱退発表とその後の復活ツアーの
発表と相変わらず止まる事のないバンドの
気合と根性に敬服しながらも悩みを抱えて走る
バンドマンの姿は美しく、そして儚い。

みんな自分の人生だから、選び抜いて走りきろうね。

んで、打上げで色々話をしていて我ながら非常に
腑に落ちたというか、理にかなってるな〜という話を。

バンドのメンバー探しって超難しいじゃないですか。
本当に運みたいなところもあるし。
で、昨日もメンバーが見つからないバンドマンがいて。

「どっかに最高のバカいないっすかね〜〜〜」

なんて話をしている訳です。で、僕のアドバイスは

「じゃあ自分がもっとバカにならなきゃダメじゃない?
メンバー居ない、楽器も弾けないんだったらアカペラで
パンクロックを歌ってればいいじゃん。ライブハウスじゃなくても
路上でも駅前でもデパートの中でも何処でもいいと思うよ。」

と。つまり、バカがバカを呼び込んでくるんですよ。
圧倒的なバカを見せ続けていれば同じバカは
必ずそこに惹かれてやってくると。

散々言ってる「楽しいは楽しいを呼び込む」ってのと
同じ原理だと思うわけです。
実際に彼がそれを実行するかは解らないけど
自分としては非常にスッと心が軽くなったんですよね。

じゃあ自分に例えたら、面白いバンドともっと知り合いたいし
意味不明な企画を作り続けたいし、みんなと笑いあいたいし
四谷という街の楽しさを知ってほしい、

では、どうするか?やっぱり自分が楽しむしかないんですよね。
全力で、本気で、真剣に。仕事してようが遊びに行こうが
フルスイングするしかないんですよ。

いつ結果が出るかわからないのが悩みですけどね(笑

昨日はレコーディングを居れずにバンドマンらしい打上げに
付き合ったので作業は溜まってるけど気分は爽快だ。
さて週末ラストスパート、かましてきますかね。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 11:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

おいおい教生誕祭フィニッシュ!

毎年恒例6/9はロックの日・・・じゃなくて
おいおい教の教祖生誕祭でしたーー!!!

沢山の皆さんにご来場いただきました。
教祖も大喜び!ありがとうございました。
今年も大量の小道具と大道具としかけで
サービス精神満タンの楽しい夜でしたね。

ほんと、教祖は人を楽しませるプロですわ。
あそこまで1日の為にこだわれる人ってやっぱすごい。
いつもお笑い芸人や役者さんとかの熱量と
バンドの熱量を比較して「これじゃいかん!」と
語る僕ですが、やっぱり芸人たちの熱量の高さは凄い。

昨日の打ち上げで教祖から聞いた凄く良いエピソードが
あって、ネタの1つでポップコーンを作る儀式が
あったんですが(深くは突っ込むな)、その元のコーンを
入れて持って来る訳ですよ。

で、家にあったタッパーに入れて教祖は持ってこようと
したらご家族の方から

「なんでタッパー使うの?ビニール袋でいいじゃない!」

と言われたらしいんですよね。
そしたら教祖は超怒って

「舞台の上にビニール袋なんか持って行けるわけないだろ!」

と大喧嘩になったそうです。
このエピソードに僕は非常に感激しましてねぇ。

プロってかっこいいよなぁ。
誰でもライブが出来るしステージに上がれるし
自分を表現できるのは素晴らしい事です。

じゃあアマチュアとプロの違いってなに?となったら
やっぱりこの気持ち1つだと思うのですよね。
教祖、マジかっこいい!!!!!

また来年元気に6/9をみんなで迎えられたらと思います。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 20:22 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

不器用

昨日はTHEロカとの共同企画。
アウトブレイクの中でもきっての不器用さと
誠実さをもったロックンロールバンド。

どうとでもなれ!という気持ちと
それでも信じたいという切ない思いが
まざったラブソングの数々。
たとえ恋の歌じゃなくてもTHEロカが歌うと
全部がラブソングに聞こえるから凄い。

僕もちゃっかりキャプテンクーコッチで
ギターお手伝い。
ここ最近ギター弾く機会が増えたけど
いやはやヘッポコすぎて涙がでる。

楽しい事をたくさんやろうと抱え込んで
いつのまにか自分のキャパを大きく越えている時が
たくさんあります。ふんがー!かますしかないのだ。

自分を支えるのはやっぱり自分なのである。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 17:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

情報を取りに来て貰う

全国総インターネット時代。
前々からマンスリーというものが必要か悩んできた。

この辺を参考に

で、やっぱり!!と思って即実行。



という事にしました。

ライブハウスは自店の情報を積極的に流さないといけない。
でも、それって最早紙ベースじゃダメじゃね?と。

受付で配ろうにも「いりません」
他店から送られてきたマンスリーも大抵ゴミ箱行き
本当にあれをゲットして喜んでくれる人って数パーセント。

だったら取りに来てもらえばいいじゃん。
情報過多のこの時代にそんなマンスリーあってもいいよね!!

という訳で今月末から実行します。
はてはて、どんな内容にしてやろうかな。
この思いつきが実るかは謎。

でもやるっきゃないでしょー!!
だれか面白いコラム的なもん書いてくれないかな〜
アウトブレイクのマンスリー使って面白い事したい人募集。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

その一瞬に。

昨日は高知ご当地アイドルの
はちきんガールズワンマンライブでした。

物販ではメンバーお手製おでんの販売という事で
リハの時はアイドルの良い匂いとおでんの匂いが
まざりあった天国状態で役得。

そして重大発表アリということで告知されてた訳ですが
ライブの最後にあやのちゃんの脱退とひなこちゃんの
長期療養が発表に。

事実上、メンバーはあやかちゃん1名のみ。
しかも大きな会場でのワンマンライブを控えてる訳で
これはグループとして、とっても山場ですよね。

しかしプロレス的にいいかえれば、これは「おいしい」状態な訳です。
とても大変だとは思いますがメンバーも運営さんも
がんばって頂きたいものです。

僕はアイドルマニアでもないですし、バリバリの業界人という訳でも
ないのでこういった状況になにか発言する立場じゃないんですけど
生まれてくる親は選べませんが、1度自分の足で立ったのならば
大抵の事は自分で「選ぶ」事が出来る世の中です。

各メンバーの選択が自分の強い意思である事は
間違いない訳でして、そこに正解も不正解もないと。

ただ、やっぱりあの3人が好きだったから・・・という
ファンの方々に申し訳ない。自分がリーダーとして
まとめきれなかった・・・とステージで涙するあやかちゃんには
僕も店長というここのリーダーとしての自分を
重ねてしまい、ちょっとウルったわ・・・

しかし、アレですよ。

アイドルという構造の難しさを痛感しました。
ロックバンドなんてもんはメンバーが曲を作って
自分で練習して、その売り方や見せ方まで
全部自分でやる訳です。

自分が発案した事を自分の努力で解決していく。

って事ですよね。でもアイドルの多数は運営と呼ばれる
スタッフさんがいて、その人が楽曲を持ってきたり
見せ方や方針を一緒に考える訳じゃないですか。

誰かの発案した事を自分の努力で解決してく。

って事な訳。それによりアイドルはパフォーマンスだけに
集中できるとか、自分だけでは出来ない大人の力を
使った活動ができるとかメリットは沢山あるとはおもいます。

でも、そのサイクルってなにかの歯車が1つ違うだけで
どの立場からも「人のせい」に出来ちゃう仕組みじゃないですか。
お互い絶対の信頼感がないと成立しないっすよね。。。

だからこそ、その成立した時の美しさが
人を感動させるんだとは思うんです。
実際にはちきんガールズなんてその賜物だと思うし。

ロックバンドは単純でいいなぁ(笑

あやかちゃんがんばるきーーーー!!!
ひなこちゃんは元気になるきーーー!!!
あやのちゃんは突き進むきーーーー!!!

四谷はいつだってはちきん推しよーーー!!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 18:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする