2016年05月14日

いつ死んでもいいし、いつ生き返ってもいい。

昨日はザ!四谷!!な金曜日。
本当に素晴らしい夜となりました。
皆さんありがとうございました!!

今年からはじめた勝手にスプリット企画。
アウトブレイクに出演している同士だけど
接点があまりないバンドのスプリットCDRを
3ヶ月に1度3枚をシリーズで出す企画。

新曲つくらなきゃいけないし
定期的にRECしなくちゃいけないし
バンドに無理やり負荷をかけながら
でも、それって普通にやらなきゃだめじゃん?
いつまでおんなじ曲でライブやってんの?
と挑戦的な気分もあったりして
個人的には意義を感じつつやってます。
(バンドはどう思ってるか知らん!多分迷惑してる)

昨日はSEVENDAYS WEEKENDとTheChunleezの
スプリットでした。どちらもロックンロールを軸にしながら
方向性は全然違うのでスプリットにした時に
その差が見えまくって面白い仕上がりになったとおもいます。

ただ共通項もちょっとはあって。
甘酸っぱくてロックンロールの魔法を信じていて
日々の生活とバンド活動に折り合いをつけながら
でも全然上手に折り合いつかなくて
ステージの上でやっと言いたい事が言えるような
不器用というか、バンドに救われてるタイプ。

そんな2バンドのライブ、悪い訳ないじゃんかー!!!
バッチリ最高でした。次回は8月にまたレコ発です。
7月レコーディングするのでそれも楽しみざんす。

そして触れない訳にはいきますまい。
昨日はthe8flagが2年ぶり?位の復活ライブ。
ギターボーカルのヒトシはアウトブレイクでも
働いているので身内の感情といってしまえば
それまでかもしれないけど素晴らしいライブでした。

バンドってのはやはり
何度死んでもいいし、何度生き返ってもいいのだ。
ライブの最後にギターを客席に預けて
腕をぶんぶn振り回して喜ぶ彼の姿に
ちょっと感動しちゃったよな。

バンド、ロックバンドってのは
やっぱり何度も何度もこうやって僕を
励ましてくれるんだろう。親父か、お前は!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 12:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする