2015年12月02日

インストアライブは佐藤にお任せ!

昨日は朝に12/8のコント稽古。
(これ、絶対来て欲しいやつ!)
そしてお昼からは本日CD発売の
P.O.Pのインストアライブのお仕事でした。


売れる予感しかしない双子のヒップホップバンド。
他人をディスれない永遠の文科系ラップ。
さらにバックのバンド隊のバカテク具合と
作曲アレンジ能力の高さがこれぞエンタメ!という
恐ろしいおもちゃ箱っぷり!!!

その確かなクオリティーは先輩ラッパーや
有名ミュージシャンから当然目をつけられて
今回のアルバムもゲスト盛り沢山の
非常に良い意味での身内パーティーを
見せ付けられているようなホクホクとした
仕上がりとなっております。

そんなバンドが新しくできた渋谷HMVで
トークとライブのインストアライブをするから
司会してくれと頼まれたもんで
ウキウキで即決してテクテクとやってきました。

実は今までに細々と色んなインストアライブを
手伝ってまして、結構得意なんですよ。
まずインストアライブってPAは基本的に
アーティストサイドから出さねばならんのです。
店の人はCDを即売してくれるので
そこまでスタッフが出せないんですね。
リハも打ち合わせの時間もほぼゼロですし。

そして、インストアイベントで重要なのは
(もちろん個人的な見解ではありますが)
そのアーティストが見に来てくれた人以外に
どれだけアピールできるかにかかっています。

失礼な話、わざわざ見に来た人ってのは
後ろの遠巻きで眺めてる人達の撒き餌なんですよ。
「え?なんかやってるの?人気あんの?」
と思わせるためのサクラみたいなもんなんです。(失礼)

だからこそ、好きなバンドのインストアライブが
あった時はファンの皆さんは率先して足を運んで
後ろで腕組みしている人たちに
「わ、なんか凄い人たちなんだ・・・」
と思わせる役割を担ってあげてくださいね。

今回はライブとトークって事で司会が必要なんですが
顔見知り過ぎてもイカンのですよ。
身内過ぎる内容に特化してしまうとファンは喜ぶけど
初見の人には馴染みなさすぎて解らないですからね。
という意味でも程よい距離感の佐藤が抜擢された訳でして。

肝心の内容・・・は、自分じゃ良くわかりませんが
90分あっという間だったのでソコソコ楽しかったんじゃないでしょうか。
しかしあの双子と天才さいとうりょうじは喋りも上手いので
なにひとつ苦労なくスムーズでした。流石ラッパー。
最後はフリースタイルバトルも飛び出して終了。
CDも売れ行きよかったっぽいので一安心です。

インストアライブってライブハウスと比べて
実演販売という意味あいが非常に強く
やり方とかも全然違うんですよね。
有効な戦い方がまったく違う。

わりとその辺のノウハウあるので
インストアライブやりたい人はご相談ください。
ついでに司会もやりまっせ。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 17:10 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする