2015年10月16日

ライブハウス店員の憂鬱。

最近どういう訳か、若い色んなライブハウスの店員から
相談を受ける事が多い。店の悩みや自分の人生設計、
さらには未来への不安や現状打破の突破口。

自分の店以外の事に口出す余裕なんてないけど
ライブハウス店員の憂鬱ってのは同業の、しかも
他店の人間に話しやすい傾向があるのも事実。

そういった話を聞くたびに、本当にライブハウスってのは
やりがいを求める夢ある若者に頼りきっているという事だ。
薄給、拘束時間ウルトラ長い、色んな理不尽に立ち向かう
という多くのマイナス要素を「バンドが好き!」という
魔法にかかったアルバイトの皆さんでまわしている。

いや、別に悪い話じゃないんです。
当然、我が四谷アウトブレイクもそんな魔法にかかった
多くの店員によって助けられっぱなし。

だからこそ、次のステップに進みたい、お店を辞めたいという
話があれば人手不足だろうと全力で応援するし
「ここが働きづらい!」という点があれば改善策を練る。
何十年もここにいる訳じゃない、という大前提は
すなわち今を兎に角大切にするという事だ。

縛ってはいけない、縛られてもいけない。
ただお互いロックの魔法に気持ちよくかかれる
下地を作り続けるのが重要なんだよな。

それは、ライブハウスで働く日を週3日にして
お金の稼げるバイトをして生活を安定させるとか
全てを投げ打ってライブハウスで働きまくって
のし上がっていくか、はたまたライブハウスは
遊びに行く所と決めて他所で働くか。

そこに正解はなく、自分自身が決めればいい事。
だからその選択をライブハウス社員は
全力で応援しなきゃ嘘だよな。

ライブハウスって人ですよ。
だからこそ、人材には愛を注がなきゃ。
もっとお金も注げるように稼ぐのが
俺たちのお仕事ですよ、ライブハウス社員!!!

という訳で、アウトブレイクでは引き続き
スタッフを募集しております。
受付・BAR・PAアシスタント、絶賛募集中。
興味ある方は03-5368-0852 佐藤まで。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 10:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする