2015年07月31日

SOMEDAYありがとうございましたー!

昨日は高架下のレジェンドことシロイシさんが
高円寺から四谷に出張(?)してきてくれました。
相変わらずのハイクオリティーな出演者に
囲まれてのライブ。

昨日は弾き語り4組という事で
たっぷりお楽しみ頂いたかな〜と。
しかしイベントやるってのは
ライブハウスを毎日やってるのとは
また違う楽しさとしんどさが
あるんだろうな〜と思うわけです。

昔は1ヶ月のほとんどを自分達で
組んでいかなくてはいかなかった
アウトブレイクも最近では四谷で企画やりたい!って
言ってくれる人が増えて色んな方に
この場所を使ってもらっています。

僕達とは違う方法論だったり
楽しみ方だったりするんですけど
それを見ていると勉強になるとかって
いう前に「楽しそうだな=!いいな=!」という
純粋な気持ちになれるから好きですね。

アウトブレイクだからこそ、できる事ってのを
もっと色んな人と探して行きたいと思ってます。
シロイシさん、出演者の皆さん&お客さん
ありがとうございました!!!

さて、ここでも告知を1つ。

明日か明後日にウルトラビッグな告知します!
アウトブレイク10周年記念事業の目玉です!!!
みなさま、情報公開を震えなくてもいいから
楽しみにまっててねーーーー!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 19:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

なぜに不義理だらけの人が頑張れちゃうの。

昨日は突然のイベントキャンセル。
いや〜〜〜まいった!!!!!!
年に1回あるかないかですが非常に困る。

定価でレンタルしてもらってたらさ
人件費だって、電気代だってなんとか保証できるし
その日入る予定だったドリンク代は
涙を呑むにしても、なんとかなるじゃないですか。

しかし、色んな信用の元にディスカウントしてたり
長い付き合いや色んな条件のなかで
「まぁ集客とかドリンクの売り上げ見てから考えようぜ」
なイベントもあるんですよ。

それがスコーンと消えてしまうと、
どうしたらいいか解らんですよ。
もう笑うしかねぇ、という訳で落ち込みました。

しかし、昨日に限った事ではなく
不義理かましまくってるのに、それに対しての
フォローもせずバリバリと頑張っている人達って
結構沢山いるのですよ。

そんなに頑張れるんなら
なんで、こっちのフォローしてくんないの?と
ビックリしちゃいます。

僕がやられっぱなしで黙っているとでも
思っているのでしょうか。いや〜困ったなぁ。

そういう方は凄い大事な場面で、
全部バラしてあげますね(はーと

僕も沢山ミスをしますが、ちゃんと誠心誠意で
その事後処理にはきちんと対応したいと思います。

自戒!

しっかし、落ち込んだ!!!!!!!

じゃ、四谷で。



posted by Boone! at 16:47 | Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

芸人だらけの落語会、仕上げてくるプロ。

昨日は恒例となりました落語家のいない落語会7回目。
月曜日から酔狂な皆さんにお集まり頂き、感謝です。

やっぱり、落語ってのは面白いなぁ。
昨日繰り広げられた珍劇たちが本当に落語なのか!?と
言われればやや疑問ですが(笑)
落語というフォーマットを好き勝手に遊ぶ様は
リミックスとかと同じ感覚で楽しいのであります。

だからこそ、基礎っていうかキッチリ仕上げてくる
芸人さんの凄さとか面白さが尚、はっきりします。
昨日とにかく圧巻だったのは原田豪紀さんでした。

落語の古典「死神」を見事にアレンジ。
自分のキャラを見事に反映させて大爆笑の渦。
最後のオチまで一気に駆け抜けて
サゲた瞬間の会場の「お〜〜〜」というどよめきは
古典のあらすじを知らずとも最高に楽しめた内容でした。

そして古典を知ってる方はさらに楽しめたはず。
いや〜〜プロすげぇ!
そしてラストには最高顧問、ガッポリ建設の小堀さんが
登場してくださいました!!!!
過去に4年間 三遊亭ぐん丈という名前で落語家を
されていたという事で、流石でしたね〜〜〜〜!!!
たたずまいが完全に落語家でした。

終演後すこしお話を聞いたんですが
も〜これが飲む、打つ、買うの最高な芸人っぷりで
大爆笑して撃沈しました。

さ、今週もがんばりましょう!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

バンドマン、この映画から逃げてはならぬ。

早起きしてみてきました。


第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、
部隊を追い出さ-れて野戦病院行きを余儀なくされる。
しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか
持ち合わせていない田村-は早々に追い出され、ふたたび戻った部隊からも
入隊を拒否される。そしてはてしない原-野を彷徨うことになるのだった。
空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものは・・-・
(映画のホームページより)

塚本晋也監督作品。ご本人も出演していました。
パンフレットみたら随分前から撮影しようと思っていたんですが
資金調達の面等で実現できなかった、と。
こういう内容だからスポンサーがつかなかったのかな?
それでも今!撮らないと絶対にダメだ!と自主制作に踏み切ったとの事。

その気合が十分に伝わる内容でした。
ああ、これは本当に今みないとダメなやつだ。

僕の性分として毎日バカみたいに笑って暮らしたい。
楽しい事しか考えたくない、過去の事なんぞ知るか
今だ!俺は今を生きるんだ!!!
という性分なんですが、笑いたければ今を楽しみたければ
この映画を見ねばならぬ、と決意して渋谷に行ってきました。

ロック!パンク!ダンス!なんでも良いんですけど
バンドやってるんなら是非、この映画から逃げずに
立ち向かって見てもらいなと思いました。

これから先もバンドやりたいなら、これ見て考えよう。
政治的な発言はやはり客商売ですから
声を大に叫ぶのは少々難儀だとは思います。
だから別にそんなんいいから、見て欲しい。

見て欲しいのです。

美しい大自然の景色と兵士たち。
綺麗な花や緑の原色とドス黒い血と肉塊、死体。
でこの映画、ほとんど敵の姿が見えないんですよ。

この日本兵は一体誰と戦っているのだろう?
なんでこんな事しなくちゃいけないんだろう?
色んな疑問がわいてきます。
日本の誰もが戦争なんてしない方が良いと思ってるわけじゃないですか。
なのになんでこんな事になるんじゃ!!!

そんな僕の疑問はパンフレットの田原総一郎の文章で
なにかひとつ、腑に落ちたというか、解消?されました。
もし映画を見たら是非購入をオススメいたします。

おい!バンドマン!
これ、絶対無視すんなよ!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 16:19 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

早朝ギグに見る、ライブハウスの希望。

という訳で昨日(というか今日)はオールナイトDJイベント
「ジャイアンナイト」からの恒例「早朝ギグ」でござんした。
今回も素晴らしすぎる出演者と
どうかしてるお客さんに助けられてフィニッシュ!!!!

20150726161943.jpg

いや〜楽しかった。
原田さんのボイスノイズは更なる高みにあった。
前半は本当に映画のサントラというか
ゴジラのオープニングっていうか
凄いストーリー性と神がかった怖さがあった。

足利から来てくれたDaimonも
新鮮で楽しいライブ、アンコールまで(笑

非常階段の美川さんには無理いって
「酒とノイズ」をやってもらいました。
これは元々アップリンクでやっていたイベントで
日本酒好きの美川さんが色んなお酒を
飲みながら色んな音楽を皆で聴くという
内容なんですが、今回特別に四谷でも。

美川さん選定の日本酒、今回は「林」でした。
昨日で13回忌となる林直人さんを
しのんでのチョイス、そして演奏でした。

美川さんが林さんのお話をしたあとに
ズドーンと始まるぶっといノイズは
たまに泣き声にも聞こえたり、
後半絶叫する美川さんを見てると
なんというか、感動的でした。

凄いもん見た。
そして美味しいお酒飲んだ。

で、ライブ終了して家に帰って寝る人や
仮眠とって夜ライブにいくぞー!って猛者や
飲みに行く人とか、仕事に行く人とかを
見送っていると思うところがありました。

ライブハウスって、ひょっとしてライブ後や
店を出た後にお客さん達が楽しいスケジュールを
立てられる事をもっと考えた方がいいんじゃね?
って事です。

飲みに行く、感想を語らいあう、出演者とおしゃべりする
リフレッシュして仕事に行く、家に帰って速攻で寝るetc・・・

そのライブ後のスケジュールが楽しければ楽しい程に
ライブも楽しいし、足も運びやすくなるんじゃないかと。
ライブが凄いとか、そういうのは大前提として
もしかしたらライブ後の予定の立てやすさみたいなもんを
もっと念頭に置いてライブとか企画とか組むといいんじゃないかと
思いました。大分脳みそが回ってないので
とんちんかんな事を言っていたらすいません。

そういう意味でも早朝ライブの可能性は無限だ。
1日の始まりをライブハウスでスタートさせて
その後、さらに楽しい用事に弾みをつける。
そんな役割だっていいじゃない、音楽もライブハウスも。

それは別に音楽の敗北でもなんでもないし
バンドの存在意義が薄れた訳でもないと思うのですよね。
なんというか、そんな事を考えながら仕事中です。

やっぱり早朝流行りますよ、絶対!
はやく皆やろうよ!!!ぜーーったい楽しい!!!

と、そんな僕の発言に生真面目で素直なバンドが
反応してしまいまして、隔月で早朝ライブを企画します(笑
その名も 「あるはるか」 でございます。



見て!お昼にぴったりな素晴らしい歌の数々です。
イス席、ゆったりと楽しめると思います。
お昼ごはんの前に、デートの前に、家事を片付ける前に
日曜日のお昼を一緒に過ごしませんか?

初回は8/2でございます。
10:30open 11:00start
12:00すぎには終わるワンマンライブ。
是非にお越し頂きたいと思っております。

早朝やお昼にライブをやる事が
超絶に新しい事とは何も思っていません。
俺の発明でもないし、やろうと思えば来週にでも
どこのライブハウスでもやれる事です。

でも、どのライブハウスも全然やってない。
これだけ良さを説明しても、全然のってこない。
しかし僕はこの可能性を見逃す事が出来ないのです。
どーーーしてもコレがライブハウスの光と信じたい。

超久しぶりの休みに、疲れた身体なのに
昼過ぎまで寝てるはずだったのに、
何故か早起きしちゃったりして
化粧もせず、隙だらけの格好で
いつも乗ってる電車より少し空いてる車内から
いつも見てる景色が少しだけ違ってるのが新鮮で
小汚いライブハウスの入り口をくぐり
「げ〜こんな早い時間になにやってんだろ」とか思って
余裕こいてビールなんか飲んじゃったりしてさ。

こんな休日を俺も送ってみたい。
誰かにこんな休日を体験してもらいたい。
付き合いで仕方ね〜って感じでギリギリまで
近所の飲み屋で時間潰して入っていくライブハウスより
ぜーーーったいに、楽しい体験になると思うのです。

その体験の積み重ねが10年後のライブハウスが
まだまだ皆さんの遊び場として存在できる
1つの大きな芽になると確信しています。

・・・ていうか、させてくれ!!!たのむわ!!!

じゃ、四谷で。
次回早朝ギグは9/27でござんす。

posted by Boone! at 16:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

クローン

昨日は四谷らしいファニーな1日でした。
キャプテンクーコッチでベースを弾かせてもらったり
久しぶりのダムダム団はキレを増してたり
初登場のsuicide侍ワンは狂気の塊で
ヒヤヒヤしたり、MURATORIXはカイモクの
上田くんをDrに迎えたスペシャルバージョン。

これが超フィジカルハードミニマムミュージック化してて
めっちゃくちゃかっこよかった〜!!!!
Dr上田くんの存在感にムラトリさんの頭脳が
加わってインテリジェンスな凄みがあった。
いや〜〜〜よかったわ〜〜!!

そしてラストは安定の酔っ払い
中出し少年がフィーバーというか、撃沈して終了。
愉快な夜でした。皆様ありがとうございましたー!

そのまま深夜BAR営業。
朝まで笑って、佐藤も撃沈して終了。
やっぱり皆でお酒のんだり笑ったりするのが
一番楽しいし、大切ですよね。

じゃ、その為になにをしなくちゃいけないのか。
なにを理解しなくちゃいけないのか、って事です。
くだらない事ばっかりしたいから、色んな問題に
背を向けてはならねぇのだ。

で、ダムダムのスズキさんと最近のOLと
大学生は皆同じ顔をしてる論を展開。
渋谷、新宿に居るめまいがするような
クローン大人達は実は西武新宿線とか
すこし中央から離れると途端に居なくなる説は
やっぱり正しいと思う。

メイクなのか遺伝なのか、本当に街に出ると
くらっとするもんな。綺麗な人は増えたけど
ゾンビ映画のワンシーンに見えてしまうのは
俺だけじゃないはず・・・!・・・だ!!

深夜は深夜で、愉快な仲間の襲来があったり
落ち込んでる友がフラフラに駆け込んできたり
近所のおっさんが大量のAVを持ってきたりと
相変わらず四谷っぽいわ〜という内容で
安心でした。

さて、今日は間もなくアイドルワンマン2回しに
深夜DJイベントからの、早朝ギグ!!!!
俺はそのまま夜営業になだれ込む地獄仕様。

途中でちょっと仮眠させてもらおーっと。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 12:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

約束と宿題と忘れ物

昨日は徹頭徹尾ハードロックナイト。
久しぶりにステージとして現場労働。
ステージってのは転換のお手伝いをしたり
照明やったりとライブハウスの仕事でも
一番バンドと接する面が多い役割かも。

結局、技術的な事や知識って
教わって覚えるもんじゃないんですよ。
バンドの為になにをしよう?なにが出来るだろう?
困ってたら助けよう、気持ちよくライブを
やってもらおう、という思いやりだけです。

その思いやりの先に初めて
「あ、俺このトラブルに対処できないや」
「この機材の事しらね〜」
「かっこよく照明ができない〜」
ってのがあって、慌てて技術を習得する訳です。

こういうトラブルがあったら、こう対処するって
どんだけ教えても根本の
「バンドの良いライブの為に気持ちを注ぐ」
ってのが出来ないと気づけないし覚えないんですよ。

そしてその気持ちってバンドにすぐ伝わるので
多少のミスしても上手にリカバーできたり
信頼関係で気持ちよくライブをやってもらえるのです。

という訳で、久しぶりに現場に立つと
スタッフのありがたみが身にしみる訳でして。。
感謝感激でございますよ。

深夜は諸般の打ち合わせやら、なんやらで
フラフラと。沢山の宿題と約束を頂いてまいりました。
小学校の頃は宿題なんて大嫌いだったけど
この歳になると嬉しいから不思議です。

未来の約束と達成しなくてはいけない宿題の
おかげで僕はギリギリ踏みとどまりながら
現世にいるような気がします。
なんもなくなってたら、確実に流浪の民として
どっかに飛んでいってしまいそうだ。

という訳でコレ絶対見る!!!!
みんなも見るんだ!!!!!


7/25〜渋谷ユーロスペース!!!!
週明けいくぞ〜〜〜〜!!!!!!

娯楽・エンタメで笑い続けたければ
知らなきゃならん事って世の中に沢山あると思うのです。
無知ってのは罪であると思います。

政治的な発言って皆さん色々気を使うと
思うのですが、これは政治の話っていうよりは
もうちょっと根源にあるシンプルな

殺したくないし死にたくね〜
まだまだ笑っていたいんだ〜

という事なんじゃないかな、と思う次第でして。
来週、見てきます。

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 14:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

センキュー!縦音無尽!

昨日はアウトブレイク新人ブッキングの
ジュンくん aka ヤンキーの企画でした。
盛り上げてくださった皆さんありがとうございました。

今までのアウトブレイクには居ないキャラなんで
なんとか上手に成長してもらって
次のアウトブレイクを支えてもらいたいもんです。

多分他所の店に比べて小数精鋭の四谷は
社員も事実上ほとんど居なくて
アルバイトというなんとも不安定な立ち位置で
頑張ってもらっているわけでして。

しかし、熱意や根性、さらには結果をも求められるという
いわゆるブラック企業みたいなもんですわ。
だからこそ、遊ぶ時には徹底的に遊んで欲しいし
店を利用できるだけしまくればいいのです。

これから彼はどうやって店を利用しながら
ビックになっていくのでしょう。
願わくば四谷のヤンキーとして色んなバンドに
頼りにされながらブッキングだけじゃなくて
面白い企画や発想をブチあげて発信できる側に
居て欲しいと思います。

え〜四谷にガラの悪いヤカラのスタッフが彼ですので
面倒見てやってくださいませ。礼儀正しい青年です。

この店のスタートからですが、スタッフを育てるという事の
難しさには常々頭を悩ませています。
給与も雇用形態も働く事情も違う何人もの若者を
おんなじ方向に向かせて、ウオー!って走らせる訳ですから
そりゃあハードル高すぎです。
しかも、人を育てた事なんて、僕も全然ないっすからね・・・

でも10年やってきて素晴らしいスタッフに恵まれ
お客さんに恵まれ、バンドに恵まれとなんとか
やってきている訳で。
やり方は間違ってないんだと思うんですけど
欲深いもので さらに!さらに!と思ってしまうのです。。。

次の10年を考えるにあたり、そのさらに先の10年も
見越していかないとダメですわ。
それは経営的なものも含めてですけど、でもやっぱり
バンドにもお客さんにも長くライブハウスを
楽しんで欲しいですからね。
自分の生活に合わせてペースは変われど
ライブハウスで遊ぶって事を続けて欲しい。

その為には使い捨て的な営業も企画もいらないのです。
儲からなくても、楽じゃなくても10年、さらにその先の10年を
見越しながら物事を考えて行きたいと思います。

いや〜でも10年後、俺生きてるかな〜〜〜???
しかし長生きはパンク!と思っているので頑張ります。
皆さんも頑張りましょう、長生きには夢があります。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 14:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

Knuckle Oggi企画終了!

昨日はKnuckle Oggiの企画でしたー!
飲み放題という事もあり超盛り上がってよかった!
タコ焼きあり、スイカ割りありと夏祭りっぽくて
皆さん楽しんで頂けたかと思います!!

共演もよかったし、雰囲気もよくて
僕はPAでしたが終始ハッピーな夜でした。
ありがとうございましたーーー!!
また四谷で待っています!!!!!!

色んな会場がある中で「四谷だと安心」と
選んでくれてこうやって夜を作ってくれる事が
嬉しいしありがたいし、誇らしい。
打上げでは某ネルダサイクルの某ギター氏が
撃沈して1人で店で寝ていました。

僕はそのおかげで、打上げに出る事すらままならず
事務仕事しながら朝を迎えるという健康的な
深夜となりました。
すごいスッキリした顔で帰っていったので
よしとしますか(笑

しかし深夜に1人、飲み放題の狂騒を
掃除しているとライブハウスで働いてるな〜って
ほっこりします。やっぱり身体動かしているのは
いいことですね。

そして明け方にこんなことをつらつらと
書き溜めていたので投下。

【バンドこだわりの機材やらなんやら】

音楽ってムズイよな〜

良い音の判断基準とはなにか!?
これはバンドで鳴らした馴染み具合にもよるし
色々な判断要素はあるとしても
結局は本人の満足度だもんな〜〜〜

120%プラシーボでも自腹でMODした
エフェクターだから良い音!って信じる人も
絶対いると思うし、同様にメチャ高い金払って
ウルトラヴィンテージのエフェクター買って
良い音!って信じる人もいるし。

性格悪いけどMODしたやつを
音わるいー!!って言うのも
なんとなーく、「俺、耳いいんだぜ!」アピールにも
聞こえてしまう気がするし。

いややや、これは言いすぎた。

結局はその人の趣味嗜好/状況/テクニックとか
色んな要素があるもんな〜〜〜〜〜
そりゃ、金払って買ったんだから
服でも楽器でも家でもなんでも
「これが、最高!!!」って言いたいよ!!!!

そりゃそうだ

でもどのジャンルでも
プラシーボ期待で商売したくないですよね。
それだけは切に思います。
録音機材なんて買えば買うほど、
良い機材!!!って思ってしまうもんなー

これを自分に当てはめると
ライブハウスで録音したから(=音悪い/ノリが良い/金かからねぇ)
っていうノリは、そろそろ卒業せねば・・・!と
背筋が伸びるお話でした。

でも、やっぱりヴィンテージの機材を
バコーーーン!!って鳴らす人は
やっぱりカッコイイし、良い音だし、
感激しちゃうんですよね。

同様に「これ、絶対レコスタじゃできねぇよ!!」って
かっこいい音源が偶発にできちゃうからタチが悪い。
そういう希有な事象があるから
よりプラシーボなんですかね・・・

そう考えるとアーティストモデルもそうだ!
アノ人監修の機材だから、なんとなく
憧れの人の音になったーーー!!って気持ちと
一緒って事ですよね。

音楽の正解は人それぞれ。
だからこそ、そこに商機を見出すメーカーや
楽器店や個人商店があるのも必然。
ボッタクリかどうかは買い手が決める事。

でも、色んな事に誠実でありたいですよね。
目に見えないものだからこそ
お金が生まれる所にはまっすぐでいたいです。

という訳でヴィンテージサウンドを聴きたい!って
人は迷わずスランキーサイドの生のライブを。
MODバリバリのかっこいい音を聴きたい人は
カイモクジショウを今のところはオススメします。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 19:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俺たちゃ何を追い続けているのか

怒涛の週末が終わり・・・いやまだ終わっていないんだけど
やっと一息ついてPCの前に座れた。いや〜駆け抜けました。

週末土曜日はGCACツアーファイナル。
朝まで飲んで撃沈。日曜日は昼からコントのお稽古。
そして夜はNATURE DANEGER GANG vs せのしすたぁ。
LEF!!!CREW!!!も参戦で最高にブチあがった!!!
そして飲んで撃沈、月曜はコント定食。
芸人さんにまじってコント9本。
僕の出番は少なかったけど、台本覚えたり楽しかった。
遂に夢の

「壁に向かって相方とネタ合わせをする」

という行為を実現しました。今回の相方は
おいおい教の教祖でした。ありがとうございました。

やっぱり打上げで新宿撃沈。
そのまま早朝からレコーディング。
その流れでKnuckle Oggiレコ発のPAと
盛りだくさん、楽しすぎました。

忙しかった自慢ではなく、防備録とメモがわり。
必要とされる現場があるうちは
走り続けなきゃ嘘でしょ。

このペースで動けるのもあと数年。・
それが解りきってるから今、走り続けたい訳です。
さ〜これから店の掃除して、作業開始。

ステージで寝てるバンドマンは
仕方ないので寝かしておきますか(笑

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 01:29 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

GCAC、おつかれさん。次のステージに。

昨日はGCACのツアーファイナル&レコ発。
ご来場の皆さんありがとうございました!!!
ライブハウス界の愛されキャラとして
まっすぐに進んできた彼等らしいライブ。
共演もロザンナという、彼等の大先輩を
呼んでのライブってのも良かったな。

打上げは佐藤無事に撃沈。
気が付いたら店の床で汗ビッショリになって
寝ていました。一体なにが置きたんだ・・・

しかし、あいつらもそろそろ次のステップだな。
このツアーで得た勢いをこのまま持続しながら
次の動きをせねばならん。
作戦会議をしなくちゃな〜〜〜〜

バンドの経費をどこにブチ込むか。
今までの彼等はそれをライブという
生の現場に突っ込んできた訳です。
さて、じゃあ次はどこに突っ込んでいくのか。

音源なのかPVなのか、はたまた別のなにかなのか。
さてこれからに期待していきましょう。

しかし、GCACは7年間本当に一緒によくやりました。
レコーディング、企画ライブ、打上げ、喧嘩etc
メンバーチェンジもなく、こうやってライブハウスで
活動している彼等を見ていると
まだまだ俺もがんばらなきゃ!という気分になります。

早くアウトブレイクでは収まらない大物になって欲しい。
その反面、いつまでもバカやってて欲しいよな〜。
企画やRECもそうですが、俺がこうしたら?という意見を
なんの疑いもなく実行し続けてきたのはGCAC.

ありがとさん。
これでお前らが売れなかったら俺のせいになるんだから
はやく売れてちょ。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 18:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

【地下室からの挑戦状】色んな人の意地。

今日は気合を入れてちょっと良い話。

シリーズ企画『地下室からの挑戦状』始まりました!
実に12回目でございます。ここでも毎回しつこく
告知しているので、知ってる人もいるかとは
思うのですが改めてご紹介。

これは新宿近郊のライブハウス10店舗と
新宿タワーレコード、その間をとりもつ流通会社BM.3による
コラボ企画でございます。
内容は各ライブハウスのオススメバンドを
視聴機付きでタワレコ8Fに特設コーナーを作ってもらうというもの。
初めてやった時はライブハウスはまだ5店舗の参加で
第1回は2012年11月でした。


CCRdLO2UkAAymZ6.jpg
こんな感じで看板もついてるんだぞ!


そもそも企画の最初はタワレコ新宿店がなんか面白い事を
探しているぞ、って噂をゲットして慌てて企画したんだっけ。
参加ライブハウスを選んだり、資料そろえたりしてました。
当然僕単体がタワレコに行っても話にならない事は
重々承知でしたので、日頃リリースでお世話になっていた
BM.3にお願いして企画を持っていってもらったのです。

色々な課題をクリアして、、、というかタワレコ新宿店の
ご厚意でスタートすることが出来ました。
最初は四谷単体でやってやろう!と思ったんですけど
それだと力も弱いし、ネームバリューもないので
色んな個性ある店舗に参加してもらった訳です。
こういう時位協力してやろうぜ、っていう発案を
ほぼ即決でOKしてくれた店舗の皆さんは超感謝しています。

CD売れない、意味ない、CD屋の個性ねぇ、ストリーミング
アイドル多枚数買い、ジャスラック、オリコン、エトセトラ・・・と
音楽小売や状況にまつわる色んなマイナス話ありますけど
ライブハウスには今もやっぱりカッコイイバンドが沢山いて
彼等は未だにCDをプレスしていて、会場でコツコツ売っています。
そんなCDに日の目を見せてやりたいじゃないですか。

うちもCDリリース色々していますけど
リリースの度に視聴機とれるって訳じゃないんですよ。
そのバンドの力もあるし、タイミングもある。
でもこの企画なら強制的に視聴機にぶち込めて
お店に並べる事ができるんです。

これって結構凄い事なんですよ。

お店にしてみてもリスクしかありません。
なんせ、知らないバンドのCDをいきなり店頭の
1コーナーに設置する訳ですから。
僕等のよりもっと売れるCDだって、
話題のあるCDだってあるはずです。

それをやるってお互いに意地なんですよ。

ライブハウスは結果をしっかり残す。
お店は面白い事に挑戦する。
流通はその間をスムーズにとりもつ。

全員の意地のような気がするんです。
さらにお客さんも意地になって買ってるような気すらします。
ライブハウスでも買えるけど、バンドのプラスになるなら。
これでなにか事態が好転するのなら。
そんな思いもあるような気がしています。

長々書きましたが、今回の四谷アウトブレイクの意地は

IMG_20150717_171207.jpg
なの小夕子のアルバムを先行発売!!!

IMG_20150717_171545.jpg
どさくさにまぎれてアイドルコーナーにも置いてもらってます!

IMG_20150717_171949.jpg
タワレコ新宿店の天使、海保さんと。
本当にこの人がいなかったら全てがポシャる。
今、バンドに一番優しいレコ屋は
タワレコ新宿店じゃないでしょうか。

アイドルか、ヒップホップか、果たして・・・!?
どっちでもいいけど天才!好きか嫌いかはっきりしてOK!
自分を信じてディスるか、メモれ!!!!

一ヶ月間ほど展開してくれております。
新宿お立ち寄りの際は是非タワレコへ!!
その後一杯飲みに行くなら、ここがお勧め!


そばは頼まなくていいから、蕎麦焼酎の蕎麦湯割りと
月見山芋を是非。
焼酎の小瓶にポットで蕎麦湯が出てくるのが
わかってますな〜という内容。クーラーの効いた店内で
暖かい酒を飲むってのが夏のすごし方ですよ!!!
これが意外と量あるので3杯は飲めます。

そして色んなおつまみがあるんですが、まよわず山芋を。
しっかりと硬いとろろって美味しいですよね。
そこに黄身がでろん、と。そして出汁醤油の小瓶。
お好きにいれて食べてくださいという自由度が嬉しいです、
この醤油が出汁の風味がしっかりとあって美味い!!

これを椀にかけまわして2度ささっと混ぜたら
あとは混ぜない。山芋・黄身・醤油の3層を
ずるっと一気にすすって食べます。
そして焼酎をズズズっと1飲み。

ああああああ!!!

これでお会計は1000円を余裕で切るので
コスパも最強、たまりません。
新宿タワレコ→増田屋、これでキマリです!
さぁ、CD買って酒飲もう!!!!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 13:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

良い話聞いて感動してるだけじゃダメよね。

もう読んだ人も多いはず、もし読んでないバンドマンは
是非一読してもらいたい内容です。


シングルを売る事、バンドを繋げて行く事
ロックンロールの事
そして、先日のミュージックステーション出演の事
をみっちり書いています。

ハイスタ世代としても心熱くなる物がありますが
やはりライブハウス店員として、これから沢山のバンドと
話をしたり相談に乗ったり、乗られたり
どうやったら音楽で俺達がハッピーになれるのか?を
切実に書いています。

まだ10代だった頃の僕達は色んなバンド仲間と
「誰かが売れたら、そいつが俺達をひっぱりあげようぜ」
「俺、超有名になったらさ絶対でかいステージに呼ぶからな」
とか、そんな夢の話で朝を何度も迎えたもんです。

今、基準はさておき世のバンドマンからは「売れてる」という
立ち位置にいるミュージシャンがこういう考えを持ってくれていて
実行しているというのは、胸アツ以外のなにがあるんでしょうか。

そして同時に「なんで誰もやってね〜んだ」という怒りにも読めます。
何故このステージに上がって来てないんだ?と。
今までは「そりゃ、知らんわ〜」と言ってた人が
シーンを見渡した時に「こりゃダメだ」と1つ下のステージに降りて
教育っていうか指導っていうか、僕達の歩く道を舗装し始めたような
そんな気分になりました。

嬉しいし頼もしいし誇らしいけど複雑。
俺達もなんかやれるだろうよ!
おい!バンドマン!ライブハウスマン!!

かっこいいな〜 すごいな〜 良い話だな〜
で終わらせる話題じゃないぞ。
アイドルもアニソンもEXILEも凄いけど、やっぱりバンドが
好きな訳じゃないですか。そしたらやっぱり
バンドでドカーーーン!とやりたいですよね。

まだまだ、やれるぞー!!!

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 18:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

ひっぱる力 両国編

昨日は店を途中で抜けさせてもらって
両国サンライズへ。おいおい教バンドでライブ。
相変わらず楽しくやれました。
ありがとうございました。

しかし、人の店に来ると何の気遣いも無しで
ライブハウスを楽しめるから快適だ。
先月から慌しく過ごしていたので
ちょっと気分転換が出来た、よかった。

とはいえ、人様の店に行くと
色んな所が気になってくる。
受付、BAR、ステージ周りと
色んな工夫や仕掛けを見るたびに
「あ〜これ、うちでもやってみよう」
と考えてしまうのは職業病でしょうか。

両国サンライズは勝手に親近感を感じていて
別に一緒に共催企画とかやる訳じゃないんですけど
渋谷・新宿といった大都市ではない場所で
なんとか面白いことをしてやろう!という気概に
四谷めいたものを感じるのです。

そしてそれは同時にライバルであるということ。
昨日もめちゃくちゃ楽しかった反面
ちくしょー負けてられるか!と思ったもんでした。

MUSHA×KUSHAのライブは最高でした。
ギリギリまで仕事をしていたので
他の共演者があまり見られず残念でしたが
本当にかっこよかった。
ライブハウスで戦い続けてきた音楽というのは
どうしてあんなに爆発しているのか。
素晴らしかった、いや〜感激しました。

同じ線上で考えてはいけないのは
100も承知なんですがMUSHA×KUSHAの
ギターボーカルの池田さんは
両国サンライズの店長さんであります。
やはり、バンドマンとしての求心力を持ってして
店やスタッフを引っ張れる男は凄いな。
俺にはそれが皆無だからうらやましい。

そしてそれ故の苦悩もきっと沢山ある訳で。
僕なんかにはそれが無いから
やっぱりああいうライブを見てしまうと
無条件に尊敬してしまうよな。

ライブハウス店員である事、自身が表現者である事。
この真反対みたいだけど真正面みたいな
2つの立場を行き来しながら生きてくってのは
俺の想像以上に過酷な事なのかも知れません。

絶対俺にはムリ!!!!(笑)

あと、補足しとくと昨日しきりに池田さんのギターアクションを
モノマネしてたんだけど誰にも気づかれませんでした。

という訳で楽しく酩酊して店でバタンキューして
朝6時からレコーディングしてました。
自分で選んだ事位は真剣にやらなきゃダメよね。

サンキュー両国!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 23:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

印刷ギグにみる楽しむ力と楽しませる力

昨日は印刷ギグでした。
もう何年も流行るぞ!流行るぞ!!と自信を
もってやっているイベントです。
色んな人に助けてもらいながらやっています。

これはシルクスクリーンのワークショップと
バンドのライブの合体イベントで
転換中にお客さんがDIYであらかじめ作られた
版をつかってバンドのロゴを手持ちの衣類に
印刷できるというやつ。

わかるかな、、わからないかな???

自分で勝手にバンドTシャツが作れるんですよ!
トートバッグとかYシャツもいいですよね。
無地のTシャツの販売もやってるので
手ぶらで着ても大丈夫。

ライブも印刷もライブハウスで一緒に楽しんじゃえ〜!
バンドはついでに物販つくっちゃえ=という
四谷らしい、基地っぽいイベントです。
労力はんぱない代わりにちっともお金にならないのが
悩みの種ですが、非常に楽しい。

なんで、たのしいのか?
それは演者の「楽しませよう!」という力を
お客さんの「楽しんでやろう!」という力が
ぴったり同じだからなんですよね。

みんながワクワクしてこの地下室にやってくる。
音楽だけじゃなくてワイワイやりながら
1つの空間を楽しむ。共演者も楽しむ。
こういう雰囲気がワークショップという柱を
通してガッチリ出来上がるわけです。

楽しいから、次回は皆さんもご一緒に。

そしてアウトブレイク初出演のYANAKIKUが
お〜!と思わせる楽しさでした。


まぁ、普通にかわいいのは当たり前で
彼女達は楽曲も自分で作ってるんですよ。
自立型アイドルも今じゃ珍しいことじゃないんですけど
昨日のライブでは作られたエンターテイメントとしての
アイドル像を誰か大人じゃなくて自分達で
マネージメントし、作り上げて完成させる強い意思みたいなのが
見えてきて非常に良かった。

もちろん男性ファンが多いし、物販には恒例のチェキもあるし
アイドルじゃん!と言われてしまえばそうなんですけど
踊らされてない感っていうのかな、バンドマンにも似た
「こいつら全員ぶっとばす!」みたいな気概に溢れてて
おじさんは非常に好印象でした。

印刷もスタッフさんにまかかせきりにするのではなく
自分達でちゃんと参加するスタイルも
ま〜当たり前なんですけど、良いなぁと思ったり。
帰り際にはチェキもとっちゃった!!ひゃっほーい!!

熱量ってやつはパンクもロックもアイドルも演歌も
実は一緒だとおもうのです。
自分達で提供する楽しませる力ってのと
お客さんの楽しむ力をどう引き出してあげるか
それがぶつかった時にドカーン!って起こる爆発を
もっともっと見届けたい、それだけですな。

そして昨日を語る上では外せない
絵描き光くん(印刷周りのコーディネートを一任してる)
山本さん(元タワレコ川口店店長、今回も暗躍してもらった)
と、夜の新宿へ。アツくアツく語って撃沈。

IMG_20150714_012816.jpg

しかし、こうやって世話になった人達へ
僕はどうやって恩返ししていけばいいのだろう。
どこに行ってもなにをしてても、俺は君たちの
場所にいって俺なりに変な事し続けるぞ、嫌がらせだぞ。
もはや逃げられないんだから覚悟してください(笑

友よ、またどこかで会おう。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 14:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

Empty Black Box!!!!!!

昨日はこっそり自分のバンドも久しぶりに
演奏させてもらったりなんかして。
たのしゅうございました。

しかし、やはり圧巻だったのはEmpty Black Boxでした。


長いキャリアと確かな演奏力。
軽快なトークに大所帯バンドならではのパフォーマンス。
ストリートでも初見相手に戦ってきた強さが
120%に発揮されたライブだったんじゃないでしょうか。

もちろんEBB目当てのお客さんも沢山でしたが
会場後ろの初見客をしっかりと掴む強さ、凄かったな〜。

音楽売れない〜とかアップルミュージックすげ〜とか
色々ありますけどやっぱりかっこいい音楽は
すごい求心力を持っていて、それは音源だけじゃな伝わらない
ライブという生で伝わるんだと実感。

ジャンルがどうのこうの、客の質が、バンドの方向性、
見せ方、運営方法、色々あるけれど
なんかそんなものを一蹴するかのような
「好きなもん好きなだけやってとにかく磨けよ」
と言われてるようなライブでした。

いや〜先輩やっぱり凄いわ。

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 18:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

BiSキャノンボールとクリトリック・リス!!!!

怒涛の週末、この濁流に身を任せながら
離してはいけないロープだけは手放しちゃならない。
ボロボロだが調子はいい。まだまだやれるぞ。

という訳で、昨日の深夜は最高にぶっとんだ夜となりました。
ダーヨシさん企画パスフェスでした。
目玉はもちろんBiSキャノンボールの上映会


ネタバレ厳禁なんで、詳しくは書きませんが
テレクラキャノンボールを解散前夜のアイドルでやるっていう
「げげげげ」という内容です。ターゲットとなったBiSは
アウトブレイクにも出演してくれていたし
テレキャノは上映会はもちろん制作ハマジムチームの
皆さんとも何かと縁深い関係。
さすが、この組み合わせをブチかましてくれる
ダーヨシさんはパンチあるわ〜〜〜

さて、BiSキャノはどうだったか。
賛否両論ある作品でした。現在ではDVDも発売しているの
興味あるひとは是非レンタルなり買って欲しいんですが

過激を売りにしていたアイドルというコンテンツに
やはり過激・独創的なAV監督をぶつけた結果は
こういう事になるのか!!というある意味予想できた内容でした。

アイドルというハリボテ・幻想(と言っていいのか解らないけど)を
AV界の中でもドキュメンタリー資質な監督達がぶつかっていく。
しかし、そのハリボテ・幻想は崩れる事なく
より大きな幻想とハリボテに変化していくようなドキュメントでした。

言い方は悪いけど、BiSという巨大になったアイドルは
アイドルも研究員さんも搾取され続け、浪費し続け
その状況を自分の中で好転させることが出来ず
ただどんどんと大きくなる状況と、それに合わせて
求められる過激さにボロボロだったんだろうな。
しかしライブは両者麻薬のように楽しく、嬉しく、感激してしまうわけで。

劇中で何度も「どうしてこの時期に」というニュアンスの
言葉がでてきました。そう、このドキュメントは本人達の
横アリ解散ライブの前後1日を密着して作られた物です。

制作サイド、えげつね〜〜〜最後の荒稼ぎか〜〜〜と
最初は思ったんですが、監督さん達の映像や話を
見ているとそのエゲツさよりも、やはり彼女達の強さというか
したたかさというか、なによりもアイドル然とした
パワーにビビりました。

大人が利用しているようで、最終的には彼女達が
大人を使って自分達を上のステージに上げているような
そんな印象でした。僕の場合は。

しかし、途中でディスクエラーが出てしまい
映画が一時中断してしまったのには泣きました。
ライブハウスならでは!とこのピンチを主催ダーヨシさんや
松尾監督がフォローしてくれまして無事に最後まで
皆で見れてよかった・・・
いや〜申し訳ないことをしてしまいました。。。
言い訳なし。反省です。

そして映画後にラストのライブを飾ったのは
クリトリック・リス!!!!!!!!!!!!
ずーーーーっと四谷に来て欲しかったんで感激!!!


苦悩するバンドマンは全員聞くといいのではないでしょうか。
MOROHAしかり、JUNIORBREATHしかり、
THA BLUEHARBしかる、頑張って悩んで苦悩してるやつに
ピンポイントに響く音楽ってあると思います。

まさにそれ。

超感激した!!!!!!!!!!!!!
すごい!!!!!!!!!!!!!!

じゃ、四谷で。
posted by Boone! at 15:14 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

カセットテープ

という訳で昨日は田中雅紀とひねもす大臣を
そそのかしてスプリットカセットテープという
時代錯誤なもんを作ってレコ発。

いや〜カセットテープ、超かさばるわ!!!!
めっちゃ面白かった〜。CDRも付くから
デッキが無い人も安心です。
買ってくれた皆様ありがとうございました!

やはり、ライブハウスが提案・企画して
実際にRECもミックスも発注もやって
バンドをそそのかすのは非常に楽しい。

やはりライブハウスというのは演奏する、人が集まる以外にも
バンドや各種エンタメの基地として機能すべきだと思う。
まだまだやる事は山積みだ。

深夜はレコーディング。ちょっとしたトラブル。
バンドというのは活発に活動を行うほどに
集客や実力があがっていくって訳じゃない。
報われぬ努力をコツコツとやるという事は
少しづつ疲弊していってしまうという事なんだろうか

削れて削れて、やせ細っていく身体と
反比例する魂の強さこそが
バンド活動に必要なのかもしれない。
(田中雅紀の名フレーズをアレンジ)

しかし、そうやって削れても輝いていくバンドマンの
姿は美しくかっこよくて、それを応援して
ケツを叩き、また頑張らせようとする俺の仕事は
残酷なんだろうか、なんなんだろうか。。。

誰がどんな決断を下そうとも
まぁ最後は笑っていたいもんです。

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 17:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

上野翔 に ぶ っ と ん だ !

いきなり呼び捨てですいません。

昨日は四谷早朝ノイズの新星daitengくんに
お願いしてイベントをやってもらいました。
純度120%の新しい世代によるノイズや
インプロの音を浴びたかったので、無理をいいまして。。。

しかし、これが最高だった。
エレファントノイズカシマシはネーミングの
ナイスさもモチロンですがフィジカルの強い
ノイズ・インプロで抜群だったし
daitengくんの自作マシーンによる
演奏は朝聞くのとはまた違って
七色に変化しながらもリズムをしっかりと
感じられる素晴らしいものでした。

ノイズという音楽を語るには僕は
とても勉強不足ではありますが
ゴゴゴー!!という低音とガシャピー!!という
フィードバックの波から自分だけのリズムを
感じてフラフラと楽しむのが大好きです。

時に、想像を絶するサウンドに思わず笑ってしまうほど。
20〜30分という時間は時にとても長く感じるし
あれ?もう終わったの??と短く感じる事もあります。
奥深いというか、なんというか人それぞれの
楽しみ方という点において自由度の高い音楽です。

そんな中で、昨日の上野翔さんのライブは
ここ数ヶ月の中でも抜群にぶっとんだ内容でした。
2台のギターをスタンドに立てかけて
恐らく両方のアンプはボリュームマックス、
幾つかのエフェクターを繋いでいるからkジジジという
ノイズが両方のアンプから小さい音で出ています。

それがライブ開始と同時に足元のエフェクターの目盛りを上げて
いくにつれどんどん両サイドからノイズ音が大きくなってきました。

昨日僕はPAだったんですが、「あ、ギターアンプ壊れるな」と
背筋がゾッとしました。ギターを弾いていないのに
あんだけのノイズ音ということは普通に弾いたら
間違いなく飛んでしまう音量だからです。
(大体ライブハウスで出すアンプの音量って目盛り半分位)

しかし上野さんはスタンドに立てかけてあるギターを
取ろうとはしません。じっとイスに座っています。
そうすると両方のアンプが徐々に悲鳴のような
ハウリングを起こしていきます。

フーーーン!!と鳴っていくハウリング音。
それが両サイドから聞こえてきたと思ったら
あまりの爆音の為にライブハウス全体が
箱鳴りを始めました。凄い振動と凄い音量で
一瞬頭がクラっとするほど。

音ってのは化学的には空気振動な訳ですが
「あ〜〜〜目の前の酸素が超震えてる」と
確実に解るほどの振動というか波というか
この時点で僕は店のPAシステムを全てオフに。
純然たる鳴りだけで楽しむ事に決めました。
(アンプ壊れたな・・・と半ば諦めて。笑)

で、すげぇのがその振動には間違いなく音階があって
両方のギターのハウリングがハモったり
コーラスがかったり、和音になったりするんですよ。
よーくみると微妙にギターのネックとか
弦のテンションのとこ触って音階を操っている模様。

これを実に30分弱。ノンストップ響きっぱなし。
本当にとんでもないものを見ました。
なんせ、店中が1つの楽器になってしまい
その楽器の中に我々が閉じ込められているのです。

立つ場所によって聞こえる音も全然ちがうので
フロアのお客さんは恐らく本能的になんですが
ゾンビのように会場をウロウロしているのが
後ろから見て最高に愉快で笑いました。

1つ1つの動作で音が変わり、会場の空気が
変わるのでその所作はまるで生け花の
デモンストレーションを見るかのよう。
後半には耳が死んだのか、脳みそが覚醒したのか
雅楽のような音色に聞こえてきて
なぜか僕の脳内は神聖な儀式みたいに
なっておりました、すげぇ。

世の中には凄い事ってまだまだ沢山ありますね。
いや〜〜〜衝撃だった。また体感したい。

気になった人は上野さんのtwitterで
情報を追ってみては。普段は超一流のギタリスト。
https://twitter.com/shoueno
不安だったギターアンプですが、無事でした。
やっぱJC120とフェンダーはガッツあるわ〜

素晴らしい夜を届けてくれたdaitengくんに感謝です
次回は7/26の早朝ギグに来てくれます!!!

じゃ、四谷で。


posted by Boone! at 17:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

飛び越えていく

昨日は七夕、BBG48のTシャツ発売ギグ!!
お越しの皆様、買ってくれた皆様
そして出演者の皆様ありがとうございました!!

BBG48はキレキレでしたね〜
アイドル然としたパフォーマンスに
磨きがかかりまくっていて
ゴミが飛び、ゲロ(擬似)が飛び
土方が踊り、ふんどしが咲き乱れる・・・

なんじゃそりゃ?と思う皆さん、正解です。
しかし本当にすばらしい。
俺の好きなもんが全部はいってたわ!!

Tシャツもかっこよかったんだぜ〜〜〜!!!
いやぁ、よかったよかった。

なんというか、熱量ってのは色んな事を
ひょんと飛び越えて自分の知らなかった
引き出しをどん!と開けてくれるからたまらんっす。

飛び越えて行きたいな〜
自分も常識も他人の目も
ぜーーーんぶ飛び越えて見える景色を
俺はまだまだ探してるのだ

じゃ、四谷で。

posted by Boone! at 22:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする